2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「劇場版3D あたしンち 情熱のちょ~超能力♪母 大暴走!」 | トップページ | 「黒く濁る村」 »

2010年12月 3日 (金)

「リトル・ランボーズ」

Rambows  シルヴェスター・スタローン主演の「ランボー」が大ヒットしていた1982年のイギリス。
 教会の厳格な規律により、音楽や映画、テレビなどすべてを禁じられた11歳の少年ウィルは、不良少年と出会い、一緒に「ランボー」を真似た自主映画を作り、友情を深めていく…。

 イギリスだけに007シリーズじゃないのが残念だが、当時はロジャー・ムーアの末期で、あんなおじさんに憧れるわけがない。
 その前年に「レイダース」が公開されているものの、ランボーに比べると上品すぎる感じかなあ。
 ノーモア映画泥棒の後に本編が始まって、いきなり劇場で「ランボー」を盗撮しているのには笑ったが、それ以上に衝撃があったのは、少年達が盗撮やで自主映画にビデオカメラを使っていることだ。
 当時のイギリスの状態がよくわからないが、日本だと、ビデオデッキを持っている家庭が、電気屋の子供を除けば2~3人しかいないはずで、ベータかVHSか悩んでいた時代ではないか。
 さらにいえば、モノラルのビデオデッキでさえも20万円近くして、テープは今でこそ100円だが、当時は120分で3千円以上している。
 そんな時代にビデオカメラとはっ!
 当時の自主映画はまだ8ミリフィルム全盛で、今は廃刊している「小型映画」という雑誌でビデオカメラは高価だし機動性がないので、8ミリカメラの方が良いといわれていた時期があった。
 この映画を観てもらえばわかるが、当時のビデオカメラはカメラ部と録画部が分かれたセパレートだったからだ。
 さらに画質だって良くない。
 値段だって相当高い。
 最大の欠点は編集ができないことで、ビデオデッキ2台使っても同期が取れないのでレインボーノイズが出てしまうのだ。
 しかし、この映画の場合、完成した作品を見た限りではきちんとした編集もしているので、相当高価な編集機材も持っていると思われる。
 そもそもあの時代にビデオコンテストの番組って成り立つのか?
 色々と当時を知っているとツッコミたくなるのだが、まあこれは一種のファンタジーなので、そんなことを言うのは野暮というものだろう。
 あと、携帯電話っぽいのが出てきているが、あれは自動車電話かなあ。
 話は少年時代の友情物としては大変良い。
 おそらく当時、生きていた人達は、自分の家にもビデオがあったらなあと思ってしまうだろう。(結局、そっちへの想いが最大か)
 そういえば、「ランボー 怒りの脱出」が公開された時にも真似た映画をしこしこ作っていた輩がいたので、世間の評価はともかく、ランボー・シリーズはバカ映画少年の心はがっちり掴んでいるのかもしれない。
 監督は「銀河ヒッチハイク・ガイド」のガース・ジェニングス。
 おそらくこの映画の少年たちも「ランボー 怒りの脱出」公開の時は、成長してさらにパワーアップしたバカ映画を作っている可能性は大きい(笑)

参加してます。よろしくで~す

人気ブログランキングへ   

« 「劇場版3D あたしンち 情熱のちょ~超能力♪母 大暴走!」 | トップページ | 「黒く濁る村」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/50194919

この記事へのトラックバック一覧です: 「リトル・ランボーズ」:

» リトル・ランボーズ [LOVE Cinemas 調布]
誰もが自分の子供時代を思い出すハートフルなヒューマンドラマ。「ランボー」が公開された1982年のイギリスを舞台に、映画作りに夢中になる2人の少年の心の変化を丁寧なタッチで描き出す。主演は新人のビル・ミルナーとウィル・ポールター。監督は『銀河ヒッチハイク・ガイド』のガース・ジェニングス。 ... [続きを読む]

» 映画「リトル・ランボーズ」初めて見た映画は「ランボー」だった [soramove]
「リトル・ランボーズ」★★★☆ ゾフィア・ブルックス、ニール・ダッジオン、タルラー・エヴァンス 出演 ガース・ジェニングス 監督、113分 、2010年11月6日より順次公開、 2007,フランス、イギリス,スタイルジャム (原題・作:Son of Rambow )                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「家庭が厳格な戒律を守るプリマス同胞協会で テレビも小説も、音楽も禁止という... [続きを読む]

» 【映画】リトル・ランボーズ [★紅茶屋ロンド★]
<リトル・ランボーズ を観て来ました> 原題:Son of Rambow 製作:2007年イギリス・フランス合作 ←クリックしてね。ランキング参加中♪ 題名からすでに観たいと思っていた作品! だって!ランボーで、リトルって!しかも画像を見ると小さな男の子がランボーの格好(コスプレ?)しているじゃないですかー!か、可愛いのなんの! 公開終了ギリギリで、観て来ました。映画館で観れて良かった。 1982年のイギリス。11歳の少年ウィルは、教会の厳しい規律で一切の娯楽を禁止されていた。 ある日、... [続きを読む]

« 「劇場版3D あたしンち 情熱のちょ~超能力♪母 大暴走!」 | トップページ | 「黒く濁る村」 »