2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「バーレスク」 | トップページ | 「森崎書店の日々」 »

2010年12月24日 (金)

「デスカッパ」

Deathkappa  村の守り神としてまつられていた“河童様”が人間たちの愚行によって長い眠りから覚め、デスカッパとして蘇る怪獣映画。

 おそらく製作現場は物凄く楽しかったんだろうなあ。
 だけど製作現場が楽しいからといって、映画が面白いわけでもない。
 とにかく心底つまらない。
 あえて往年の特撮っぽくしているので、ワイヤーを消してないのもわかるが、それ以前に話がつまらないし、テンポが悪すぎる。
 製作側の自分たちはわかっているという、どや顔がわかるようだ。
 基本的に<往年の特撮=チープ>でもないし<往年の特撮=面白くない>でもない。
 どうせなら、往年の特撮方法でも今の感覚でここまで面白くできたみたいな感じがあって欲しかった。
 これでは、身内の集まって特撮ごっこをしましたでしかなく、身内でないと真剣辛い。
 「片腕マシンガール」「東京残酷警察」に続く“TOKYO SHOCK”シリーズ第3弾らしいのだが、このシリーズって、こんなんでOKなの?
 アメリカ資本で製作って日本と何が違うの?
 いやもっと言わせてもらうと、それは何か凄いことなの?
 出演は庵野秀明が出ていることが最大の話題かもしれない。
 監督の原口智生は「跋扈妖怪伝 牙吉」でも微妙だったしなあ。
 やっぱりこういう映画はギュウギュウに入った劇場でツッコミながら観るのが楽しいんだろうなあ。
 人が少ないと盛り上がらないし、さらに一人でバカ笑いしている客がいたら、他の人達はドン引きだよ。

参加してます。よろしくで~す

人気ブログランキングへ   

« 「バーレスク」 | トップページ | 「森崎書店の日々」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/50381343

この記事へのトラックバック一覧です: 「デスカッパ」:

» 『デスカッパ』をシアターN渋谷2で観て久々につまらなさに激怒してしまう男ふじき・無星 [ふじき78の死屍累々映画日記]
五つ星評価で【無星。自分達が映画ごっこを楽しみたいだけなら客からお金を取ってはいけない】       すまん。 映画はできる事なら誉めたいし、 けなすにしても楽しくけなし ... [続きを読む]

» 【デスカッパ】こりゃひどい、いや、こりゃスゴイ [映画@見取り八段]
デスカッパ 監督: 原口智生    出演: 平田弥里、深華、なべやかん、星光子、庵野秀明、樋口真嗣 公開: 2010年11月       とんでもない勘違いからレンタルしてきたDVD鑑賞...... [続きを読む]

« 「バーレスク」 | トップページ | 「森崎書店の日々」 »