2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「乱暴と待機」 | トップページ | 『機動戦士ガンダムUC episode 2「赤い彗星」』 »

2010年11月 2日 (火)

「牙狼 ~RED REQUIEM~」

Garo   雨宮慶太監督と言えば、自分の中では日本映画屈指の特撮映画の監督というイメージがある。
 自分は「ゼイラム」と「ゼイラム2」が大好きで、この映画で森山祐子(B86-W60-H85)のすっかりファンになってしまったのさ。
 つうか「ゼイラム2」の公開時は調子こいて、舞台挨拶まで見にいってしまったよ(笑)
 まあ、これが若さゆえってやつだな。
 この映画は雨宮慶太が手掛けた深夜特撮ドラマの映画化らしいのだが、自分は未見。
 深夜ドラマは「キューティーハニー THE LIVE」以来見てない。
 そんな状態で劇場版を観にいくのは、かなり無謀なのだが、久しぶりの雨宮作品を劇場で観たいので仕方ない。
 人間を襲う魔獣ホラーとの闘いを続ける魔戒騎士・冴島鋼牙が、魔戒法師のアカザ、その弟子のシグト、そして女魔戒法師の烈花とともに、使徒ホラーと戦う…という話で、TV見てなくても、丁寧に説明されているので設定はわかるし、アクションも迫力あり。。
 3D映画なのだが、見辛いので、2D版を探したのだが、自分の行ける範囲の劇場は3Dばっかなんだけど、ひょっとして3Dしかないの?
 立体感はそれなりに出ているのだが、暗いシーンが多すぎるのでちょっと辛い。
 3DはIMAXしかないと思うぞ。
 出演は、小西遼生、斎藤洋介、倉貫匡弘など男性陣より、松山メアリ(B80-W56-H80)や本来はお色気要員なのに今回は特殊メイクであまり実用性のなかった原紗央莉(B85-W61-H85)に注目したい。
 ただ、時東ぁみ(B85-W58-H85)が出ていたのをエンドロールで初めて知ったがどこに出てたっけ?

参加してます。よろしくで~す

人気ブログランキングへ   

« 「乱暴と待機」 | トップページ | 『機動戦士ガンダムUC episode 2「赤い彗星」』 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

>時東ぁみ

チワワ姫(江口ヒロミ)、もといシオンに声をかけられ鏡の中でバラバラになった眼鏡っ娘ですよ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/49910553

この記事へのトラックバック一覧です: 「牙狼 ~RED REQUIEM~」:

» 「牙狼<GARO> ~RED REQUIEM~」 耽美なアクション [はらやんの映画徒然草]
2005年にテレビ東京の深夜枠で放映されていた特撮番組「牙狼<GARO>」が3D [続きを読む]

» 牙狼 ~RED REQUIEM~ [だらだら無気力ブログ]
2005年にテレビ放映されるや、独創的な世界観やスタイリッシュなアクション シーンで人気を博した特撮ドラマ『牙狼 GARO』を3D映画化。 原作者の雨宮慶太が監督を手掛け、人間の邪悪な心にとりつく魔獣ホラーと、 ホラーを狩る宿命を背負う魔戒騎士の戦いを描く。主演は…... [続きを読む]

« 「乱暴と待機」 | トップページ | 『機動戦士ガンダムUC episode 2「赤い彗星」』 »