2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「スープ・オペラ」 | トップページ | 「ヌードの夜/愛は惜しみなく奪う」 »

2010年10月14日 (木)

「ゴスロリ処刑人」

Gothlolishokeinin  「仮面ライダー電王」のナオミさんでお馴染みオシリーナこと秋山莉奈(B83-W57-H88)がゴスロリファッションで大暴れ。
 5人組の謎の暗殺集団に襲われ、 父は足の自由を奪われ車椅子生活、母は惨殺された少女が母の仇を討つため、漆黒のゴスロリドレスに身を包んで、復讐をする…という話で、監督が「芸者VS忍者」の西村喜廣で、VFX監督に「ロボゲイシャ」の鹿角剛司となれば、大量の血が公園の噴水くらい景気よく噴き出る映画であることは言うまでもない。
 自分は主演の秋山莉奈はどうでも良くて、同じライダーでも「仮面ライダーW」の37話と38話で、キレのあるアクションを見せてくれた佃井皆美(B78-W54-H788)が出演しているので観にいった次第。
 基本的に一度観たらガンガン消していくのに、彼女のアクションがあまりにも凄かったので、彼女の出演している回だけDVDに焼いて保存しているくらいだ。
 とにかくアクションは凄い!
 しかし、残念なことに顔が、あまりかわいくないのが致命的なだ。
 ところがお目当ての彼女だが、物語の冒頭であっと言う間に退場してしまう。
 自分は何のために劇場に来たんだ~と思いきや、後半の桃瀬美咲(B75-W56-H80)の銃撃戦があまりにも面白かったので結果オーライっちゅうことで。
 いやもちろん、何故ゴスロリの格好?とか、ヒロインの母親が何故殺されたとか全く解明されていなかったりするのだが、それはもう雰囲気だけなので、バットマンのようにもっともらしい理由付けとか掘り下げるもんでもないし、母親の復讐に理由がいるか?と言われたらいらないしね。
 当然、続編を思わせる終わり方はお約束だ。
 まあそれよりも佃井皆美のアクションを見せてくれ!

参加してます。よろしくで~す

人気ブログランキングへ   

« 「スープ・オペラ」 | トップページ | 「ヌードの夜/愛は惜しみなく奪う」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/49736575

この記事へのトラックバック一覧です: 「ゴスロリ処刑人」:

» ゴスロリ処刑人 [LOVE Cinemas 調布]
ゴスロリファッションのヒロインが、母の復讐をする為に謎の5人組と壮絶な死闘を繰り広げるバイオレンスアクションムービーだ。主演は人気グラビアアイドル、“オシリーナ”こと秋山莉奈。監督は『お姉チャンバラ THE MOVIE』のアクションを務めた小原剛。VFXに『ロボゲイシャ』の鹿角剛司、特殊造型と残酷効果に『東京残酷警察』と、B級ムービースタッフの常連が名を連ねる。... [続きを読む]

» ゴスロリ処刑人 [ともやの映画大好きっ!]
【2010年・日本】試写で鑑賞(★★★★☆) 謎の暗殺集団に母親を惨殺された少女が、ゴスロリファッションに身を包み復讐の鬼と化すスプラッター・アクション映画。 20XX年。教会の神父を務める父・次郎(柳憂怜)と母・カヤコ(中島史恵)、そしてユキ(秋山莉奈)は、家族3人で平和に暮らしていた。そんなある日、5人組の謎の暗殺集団に突如襲われてしまう。そこでカヤコは惨殺され、父も半身不随の身体になってしまう。ユキはゴスロリファッションに身を包み、5人組ーー女賭博士の咲慧(佃井皆美)。女子校の化学教師で超... [続きを読む]

« 「スープ・オペラ」 | トップページ | 「ヌードの夜/愛は惜しみなく奪う」 »