2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士」 | トップページ | 「半次郎」 »

2010年10月24日 (日)

「雷桜」

Raiou  将軍家に生まれ、母の愛を知らずに育った若殿・清水斉道は、静養先で、雷という名の娘と出会い恋に落ちてしまう…。

 宇江佐真理の同名時代小説を映画化したらしいが、自分は未読。
 心に病を抱えておて、すぐに家臣を斬ろうとする殿様なのだが、「十三人の刺客」の稲垣吾郎のバカ殿に比べれば、まだまだ大人しい。
 あの殿様のインパクトが強すぎて、他の殿様の影が薄く感じてしまうのは仕方ないだろう。
 一方、天狗と呼ばれている山育ちの娘は、自由奔放だ。
 この二人があまりにも大きな身分違いの恋をするという話で、ここ最近映画館で侍シネマキャンペーンをしているが、その中の一本でもある。
 正直、そんなに面白くない。
 何故なら、時代劇というより、ほぼ現代劇のような感じで、格好が時代劇の衣装というだけなのである。
 それでもいいのだけど、身分違いの恋に至るまでが描ききれていなくて、一応、二人の境遇が色々な形で似ているのはわかるんだけど微妙だ。
 ヒロインも山で刺客に育てられたはずなのに、その設定が全く生かされてなくて、やっぱり「もののけ姫」みたいな感じを期待していたのに残念。
 主演は岡田将生と蒼井優(B82-W58-H82)。
 蒼井優は全編叫びっぱなしで、物凄く演技力がないように感じる。
 もちろん、彼女の演技力は今更説明するまでもなく、演出の問題で、もしこれが山育ちだからという理由だったら、ちょっと浅い考えだ。
 監督の廣木隆一は、「ヴァイブレータ」だけか?
 母親役がまたもや宮崎美子(B86-W60-H86←ミノルタのCM出演時)で、「悪人」、「君が踊る、夏」、「おにいちゃんのハナビ」と連続出演!!
 もうすっかり母親役専門女優になってしまった感じだ。
  この映画は珍しく東宝映画なのに金曜日が初日だが、これはできれば定着してほしい。

参加してます。よろしくで~す

人気ブログランキングへ   

« 「ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士」 | トップページ | 「半次郎」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

監督の廣木隆一は、「ヴァイブレータ」だけということはないと思います。
「余命一ヶ月の花嫁」や「M」をはじめコンスタンスに撮っています。
ただ、職人監督というのでしょうか。ある程度のレベルの作品を量産するものの、それを超えるものがないんですね。興味を持てる題材を撮ってくれないので全然見ていませんが・・・

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/49827053

この記事へのトラックバック一覧です: 「雷桜」:

» 雷桜 [LOVE Cinemas 調布]
宇江佐真理の同名小説を映画化。将軍の息子として生まれた男と、幼い頃誘拐され山で育てられた娘がひょんなことから出会い恋に落ちる。身分違いの恋の行く末は…。主演に『重力ピエロ』の岡田将生と『フラガール』の蒼井優のフレッシュコンビ。そして柄本明、時任三郎、宮崎美子といったベテランどころが脇を固めている。監督は『余命1ヶ月の花嫁』の廣木隆一。... [続きを読む]

» 映画「雷桜 」ありがちな主題にも新鮮味アリ [soramove]
「雷桜 」★★★ 岡田将生、蒼井優、小出恵介、柄本明、時任三郎出演 廣木隆一監督、130分、2009年、2010年10月22日全国順次公開、2010,日本,東宝 (原題:宇江佐 真理著:雷桜)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「庄屋の娘として生まれたが初節句に誘拐され そのまま山奥で育てられた遊(蒼井優)と 徳川家の清水家当主・斉道(岡田将生)は 雷桜の前で偶然に出会い お互い... [続きを読む]

» 「雷桜」 二人の恋のイコン [はらやんの映画徒然草]
雷桜。 それはあるとき雷に打たれまっ二つに割れてしまった銀杏の樹に、いつしか桜が [続きを読む]

« 「ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士」 | トップページ | 「半次郎」 »