2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「nude」 | トップページ | 「ナイト&デイ」 »

2010年10月11日 (月)

「死刑台のエレベーター」(2010)

Shikeidainoereveta  1957年のフランスのルイ・マル監督作品「死刑台のエレベーター」が日本版としてリメイク。
 オリジナルは今更説明するまでもないが、社長夫人と不倫関係にある男が、社長室に忍び込み、自殺に見せかけて社長を射殺したまでは良かったが、部屋に証拠を残してきたことに気づき、エレベーターに乗ったら警備員に電源を切られて閉じ込められてしまう…という話で、一方では同時進行で若いカップルが彼の車を盗みドライブに出掛けてしまい、状況がどんどん悪くなっていく…という話で、マイルズ・デイヴィスの演奏が効果的だった。
 今回のリメイクは、現在の日本が舞台になっている。
 医療グループの社長夫人と愛人関係になった医師が、彼女の年の離れた夫を自殺に見せかけ殺害することを計画したが、アクシデントが重なってエレベーターの中に閉じ込められてしまう…という話で基本ラインは同じ。
 昔の映画を現在に置き換えて映画化する時にネックになるのが、携帯電話だ。
 携帯電話があるばかりに、昔なら障害になりそうな状況がなくなってしまうのだ。
 この映画も、携帯電話が使用できない状況を作らなくてはならないため、そのための理由付を作らなくてはならない。
 それ以外にも、フィルムのカメラが、現在のデジカメや携帯で撮影できる状況では話が成り立たない。
 しかし、フィルムでないと最後のオチが生きない。
 オリジナルでの小道具が現在だと発展しすぎているため、フィルム式のカメラが出てくる状況を無理無理に作らなくてはならないのだ。
 オリジナルだと週末に建物の主電源を全部落とされてエレベーターに閉じ込められるのだが、さすがに21世紀になると、セキュリティの問題や、サーバーを使っているので、主電源を落とすというのもありえない。
 そのため、古いビルで会社の方針で主電源を落とすという設定にしている。
 しかし、その状況と整合性を説明とするために、時間が費やされてしまうのだ。
 一方では、人を殺してまでの男女の切羽詰まった状況が描かれていないし、オリジナルに出ていた若い男女が、この映画では本格的なバカップルになっている。
 というか、全体的に登場人物の行動が唐突すぎて、サスペンスが全く盛り上がらないのだ。
 まあそれ以前に、叩かれるのにこんな企画が通ってしまうのが不思議だ。
 出演はエレベーターに閉じ込められる男に阿部寛。
 彼に殺しをさせようとする女に、2009年のダメ映画1位(毎回しつこく言い続けているが)の「白夜」のヒロインを演じた吉瀬美智子(B80-W59-H86)。
  個人的に彼女に魅力を覚えないんよね~。
 だから、彼女のために殺人までやる男の気持ちがよくわからない。
 行動が異常な若いバカップルに玉山鉄二と北川景子(B76-W55-H76)
 監督は「いつか読書する日」の緒方明。
 とりあえず、古典に挑戦してみました~みたいな感じの映画なので、心意気だけ買ってやって下さいよ。

参加してます。よろしくで~す

人気ブログランキングへ   

« 「nude」 | トップページ | 「ナイト&デイ」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/49706680

この記事へのトラックバック一覧です: 「死刑台のエレベーター」(2010):

» 死刑台のエレベーター@Elevator to the Gallows [*HappyDiary*ココロノハナ]
ジャンヌ・モロー主演の1957年のフランス映画、Ascenseur pour L'Echafaudノエル・カレフのサスペンス小説を映画化した、フランスの名匠ルイ・マル監督のデビュー作。そんな『死刑台のエレベーター』を日本がリメイクするとは!世界初です。私はアンリ・ドカエのカメラワーク...... [続きを読む]

» 死刑台のエレベーター [だらだら無気力ブログ]
フランスの名匠ルイ・マルが手掛けた1957年の傑作サスペンスを、 『のだめカンタービレ』の吉瀬美智子と『トリック』の阿部寛主演で リメイク。 完全犯罪を目論む愛人関係の男女を軸に、ふとしたアクシデントを きっかけに運命を狂わせ、不安と焦りから破滅の道へ絡み合…... [続きを読む]

» 死刑台のエレベーター [映画的・絵画的・音楽的]
 昔見たことのある有名な映画のリメイク作だというので、『死刑台のエレベーター』を新宿の角川シネマ館で見てきました。 (1)この作品は、出演する俳優陣が豪華ですから、サスペンス物と...... [続きを読む]

» 映画『死刑台のエレベーター』を観て [KINTYRE’SDIARY]
10-75.死刑台のエレベーター■配給:角川映画■製作年・国:2010年、日本■上映時間:111分■鑑賞日:12月1日、角川シネマ新宿(新宿三丁目)■入場料:1,000円(オリ... [続きを読む]

» 『死刑台のエレベーター』 [cinema-days 映画な日々]
死刑台のエレベーター 会長を自殺に見せかけて殺し、その妻と高飛びする計画が 証拠を取りに戻った際、エレベーターに閉じ込められてしまう... 【個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞) ルイ・マル監督の仏版(’58)リメイク... [続きを読む]

» 別館の予備(感想211作目 死刑台のエレベーター) [スポーツ瓦版]
1月15日 死刑台のエレベーター(感想211作目) 下記TBアドレスの別館にTBして頂けると有難いです TBアドレス http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/hum09041/11134918349/c19e6895 十三人 ... [続きを読む]

» 死刑台のエレベーター(感想211作目) [別館ヒガシ日記]
死刑台のはケーブルTVで鑑賞したけど 結論は吉瀬さん満足も内容は微妙だったね 内容は社長夫人の芽衣子は時籐との [続きを読む]

« 「nude」 | トップページ | 「ナイト&デイ」 »