2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「ザ・コーヴ」 | トップページ | 「仁寺洞スキャンダル ~神の手を持つ男~」 »

2010年9月 4日 (土)

「花と蛇3」

Hanatohebi3  団鬼六の原作を映画化シリーズ最新作。
 イタリア帰りのチェリスト・静子夫人が、綿密に仕組まれた罠に落ち禁断の快楽に目覚めていく…って話はどうでもよくって、問題は静子夫人を誰が演じるかということだ。
 おそらくこの映画の最大の話題はそこにしか集約されない。
 静子夫人を演じるのは誰がいいか?という話題だけで居酒屋で2時間はいけるとも言われている。
 前の杉本彩(B88-W58-H90)は熟した色気と気合の入った脱ぎっぷりで健闘。
 話も1作目は微妙だったが2作目は意外に悪くなかった。
 新しい静子夫人は、元グラビアアイドルというより、覚醒剤所持&ストリッパーですっかり有名の小向美奈子(B90-W58-H83)だ。
 グラビアでぶいぶい言わせていた頃を知ってると、明らかに崖っぷちの話題作りであることは言うまでもなく、女性タレントの最後の切り札を使ってしまったことを痛烈に感じる。
 とはいいながらも、あの小向美奈子が脱ぐ&SMとなるとやっぱり観にいってしまう。
 いや、もちろんDVDを買った方が実用的なのだが、わかっちゃいるけどやめっれないというわけやね。
 前半はほとんど乳首が見えない状態なので、激しい憤りを感じてしまうが、後半は乳首全面解禁なので焦りは禁物だ。
 少し垂れ気味なのは、巨乳にはよくあることなので、こんなことでがっかりしてはいけない。
 それよりも、静子夫人は上品で清楚なイメージなのだが、彼女はちょっと品がないのが惜しい。
 もっといえば、共演の水谷ケイ(B90-W60-H93)の方が、艶っぽいのだ。
 さあに本職の琴乃(B95-W60-H86)もいるので、せっかくの初ヌードの小松崎真理(B86-W58-H84)の影が薄い。
 しかし、誰よりもキャラが立ちまくっているのが、火野正平だ。
 「極道の妻たち」の殺し屋も良かったが、今回の縄師も良し!
 監督は「あぶない刑事フォーエヴァーTHE MOVIE」の成田裕介。
 とりあえず小向の裸を見るという目的は達成できたので、次の静子夫人を考えようかな。

参加してます。よろしくで~す

人気ブログランキングへ   

« 「ザ・コーヴ」 | トップページ | 「仁寺洞スキャンダル ~神の手を持つ男~」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/49338854

この記事へのトラックバック一覧です: 「花と蛇3」:

« 「ザ・コーヴ」 | トップページ | 「仁寺洞スキャンダル ~神の手を持つ男~」 »