2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「オカンの嫁入り」 | トップページ | 「君が踊る、夏」 »

2010年9月12日 (日)

「悪人」

Akunin  仕事は土木作業員で、年老いた祖父母の面倒見るだけの寂しい生活をしている清水祐一(妻夫木聡)は、出会い系サイトで知り合った福岡の保険外交員・石橋佳乃(満島ひかり)を殺害してしまう。
 ところが警察は、佳乃がつきあっていた大学生・増尾圭吾(岡田将生)を容疑者として捜査をしていた。
 人を殺した重圧に耐えながら日常生活を送る祐一に、一通のメールが来る。
 かつて出会い系サイトでメールのやり取りをした馬込光代(深津絵里)からのメールだった。
 妹と二人暮しで紳士服量販店に努める彼女も孤独だった。
 そんな二人は初めて直接会ったその日にホテルに直行!
 そして祐一は人殺しをしたことを光代に告白する。
 しかし、それでも祐一を愛する光代は離れず、やがて二人の逃避行が始まる…

 吉田修一の小説の映画化だが自分は未読。
 しかしそれよりもモントリオール世界映画祭で深津絵里(B83-W57-H83)が最優秀女優賞をもらったことが話題だ。
 そのせいか公開初日は座席が結構埋まっていた。
 予告編を観た感じでは、殺人犯人と被害者の家族の犯罪糾弾物で、悪人というのは犯人のことかと思っていたのだが、実は究極の恋愛映画だった。
 成田美名子先生の「エイリアン通り」の4巻で「天使でも悪魔でも好きだったんだ」みたいなとセリフ(うるおぼえすまん)があったが、この映画の祐一への光代の想いは正にそれだ。
 そして悪人というのは、人を殺した祐一のことではなく、出てくる登場人物全員の心のどこかにある悪意のことなのだ。
 全編を通して人の心の奥底にある気持ちを映像化しているようなものがある。
 それは寂しさであったり、悪意であったり、やさしさであったり、まるで人の心を見透かされているような感じで、観ていて息苦しいものがある。
 妻夫木聡と深津絵里の演技が素晴らしく、孤独でお互いを求め合う破滅型がけっぷち男女を演じきっており、本当に切ない。
 一方では満島ひかり(B76-W58-H89)は人間のいやな部分を見事演じており、殺されて当然と思わせてしまう。
 だからこそ、妻夫木演じる祐一が彼女を殺してしまう気持ちが理解できてしまう。
 一方的な被害者にしていないのだ。
 岡田将生のダメンズっぷりも見事だ。
  これらの出演者の濃い演技がぶつかりあうことにより、人間の多面性が浮き彫りにされていく。
 監督は「フラガール」の李相日。
 かなり行間を読まなくてはならないし集中力のいる映画なので、テレビ番組の映画化感覚で観ていると、かなり不親切に感じる人もいるかもしれない。
 まあそこは義務教育と違うので、連いてこれない人は置いてくぞっていうことで。

参加してます。よろしくで~す

人気ブログランキングへ   

« 「オカンの嫁入り」 | トップページ | 「君が踊る、夏」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

「悪人」
予告編の緊迫した雰囲気に「面白いかも?」、妻夫木くんの本気に「凄いかも?」
とはジワジワ感じてはいましたが、そうですか。
満島ひかりちゃんも相変わらずいい演技をしてるとなれば、見なきゃいけませんね。

>みみりんさんへ

 満島ひかりちゃんは、相変わらず弾けていました。
 ひょっとして深津ちゃんよりもいい演技だったかも(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/49420952

この記事へのトラックバック一覧です: 「悪人」:

» 悪人 [LOVE Cinemas 調布]
芥川賞作家・吉田修一の同名ベストセラー小説の映画化。九州で起きた殺人事件、その犯人の男と、男が出会い系サイトで知り合った女が愛し合い出口の無い逃避行を繰り広げる。主演は『ノーボーイズ、ノークライ』の妻夫木聡と『女の子ものがたり』の深津絵里。共演に岡田将生、満島ひかり、柄本明、樹木希林といったベテランと若手の演技派が揃う。監督は『フラガール』の李相日。... [続きを読む]

» ■『悪人』■ ※ネタバレ有 [〜青いそよ風が吹く街角〜]
2010年:日本映画、李相日監督&脚本、吉田修一原作&脚本、久石譲音楽、妻夫木聡、深津絵里、岡田将生、満島ひかり、樹木希林、 柄本明出演。 [続きを読む]

» 真実が潜む場所。『悪人』 [水曜日のシネマ日記]
モントリオール世界映画祭で最優秀女優賞受賞した作品。九州で起きた殺人事件の被害者と加害者を取り巻く人たちの物語です。 [続きを読む]

» 映画『悪人』(お薦め度★★) [erabu]
監督、李相日。脚本、吉田修一、李相日。原作、吉田修一。2010年日本。犯罪映画。 [続きを読む]

» [映画][2010年]悪人(李相日)※長文注意 [タニプロダクション]
ユナイテッドシネマとしまえん 悪人 日本映画 監督・脚本:李相日 原作・脚本:吉田修一 出演:妻夫木聡 深津絵里 岡田将生 満島ひかり 樹木希林 柄本明他 撮影:笠松則通 音楽:久石譲 主題歌:福原美穂 美術監督:種田陽平 プロデューサー:川村元気 仁平知世 配給... [続きを読む]

» 悪人 [to Heart]
なぜ、殺したのか。 なぜ、愛したのか。 ひとつの殺人事件。引き裂かれた家族。誰が本当の“悪人”なのか? 製作年度 2010年 映倫 PG12 原作 吉田修一 脚本 吉田修一/李相... [続きを読む]

» 悪人 [ゴリラも寄り道]
<<ストーリー>>若い女性保険外交員の殺人事件。ある金持ちの大学生に疑いがかけられるが、捜査を進めるうちに土木作業員、清水祐一(妻... [続きを読む]

» 悪人 [我想一個人映画美的女人blog]
受賞の深津絵里だけじゃなく、キャスト全員が素晴らしい{/hikari_blue/} 芥川賞作家・吉田修一の同名ベストセラーを妻夫木聡&深津絵里主演で映画化。 blogerさんのお勧めもあったし、話題の作品ということで劇場鑑賞。 長崎の外れの小さな漁村に住む祐一は出会い系サイトを通じて佐賀在住の光代と出会う。 逢瀬を重ねる2人だったが、祐一は世間を騒がせている福岡の女性殺人事件の犯人だった……。 監督は「69」「フラガール」の李相日。 誰が悪人なのかを問う、とある。 本年度最高の感動作... [続きを読む]

» 『悪人』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「悪人」□監督 李 相日□脚本 李 相日、吉田修一□原作 吉田修一□キャスト 妻夫木 聡、深津絵里、樹木希林、柄本 明、岡田将生、宮崎美子■鑑賞日 9月12日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★(5★満点、☆は0.5)<感想>  映画が終わってから、しばらく何も言葉にできなかった・・・。  それは、感動とかではなく、なんかむなしい喪失感が全身を覆ったからだ。  誰が「悪人」って、こんな映画(... [続きを読む]

» 映画:「悪人」♪。 [☆みぃみの日々徒然日記☆]
平成22年9月16日(木)。 映画:「悪人」レポ。 【監督・脚本】李相日  【原作・脚本】吉田修一 【 美術監督 】種田陽平 【音   楽】久石譲 【 キャスト 】妻夫木聡・深津絵里・岡田将生・満島ひかり・樹木希林・柄本明 【ストーリー】 ネットの出会いで知り…... [続きを読む]

» 悪人 やっぱ役者ってすごいわ〜! [労組書記長社労士のブログ]
【{/m_0167/}=41 -12-】 モントリオール世界映画祭で深津絵里が最優秀女優賞を受賞したり、初日舞台あいさつで妻夫木くんが感極まって号泣しちゃったり、と話題は満載。 予告編の流し方も良かったからか、前評判はさておき、自分も是非観たいなと思っていた。  長崎在住の清水祐一は、博多で働く石橋佳乃と待ち合わせをしていた。しかし、待ち合わせ場所で佳乃は他の男の車に乗って行ってしまった。佳乃を追いかけた祐一は、福岡県の三瀬峠で彼女を殺してしまう。その後、長崎でいつも通りの日常を送っていた祐一は、... [続きを読む]

» 映画「悪人」 [FREE TIME]
注目の映画「悪人」を鑑賞しました。 [続きを読む]

» 悪人 [だらだら無気力ブログ]
芥川賞作家・吉田修一の同名ベストセラーを「涙そうそう」の妻夫木聡と 「博士の愛した数式」の深津絵里主演で映画化したヒューマン・ミステリー・ ドラマ。長崎の漁村で孤独な人生を送り、ふとしたことから殺人者となって しまった不器用な青年と、そんな男と孤独の中で…... [続きを読む]

» 「悪人」 無表情の感情 [はらやんの映画徒然草]
深津絵里さんがモントリオール世界映画祭で主演女優賞を受賞しましたが、作品を観れば [続きを読む]

» 悪人 [voy's room]
土木作業員の清水祐一(妻夫木聡)は、長崎の外れのさびれた漁村で生まれ育ち、恋人も友人もなく、祖父母の面倒をみながら暮らしていた。車だけが趣味で、何が楽しくて生きているのか分からない青年。佐賀の紳士服量販店に勤める馬込光代(深津絵里)は、妹と2人暮らしで、アパートと職場の往復だけの退屈な毎日を送っていた。孤独な魂を抱えた2人は出会い系サイトで知り合い、刹那的な愛にその身を焦がす。しかし、祐一はたったひとつ光代に話していない秘密があった。彼は、連日ニュースを賑わせていた殺人事件の犯人だった。n... [続きを読む]

» 悪人 [映画的・絵画的・音楽的]
 この映画に出演した深津絵里がモントリオール世界映画祭で最優秀女優賞を獲得したということもあって、『悪人』を渋谷のシネクイントで見てきました。 (1)この映画は、出会い系サイトで知り合った佳乃(満島ひかり)を殺してしまった清水祐一(妻夫木聡)が、これも同じようにして知り合った光代(深津絵里)と逃避行を続けるも、最後は逮捕されてしまうという物語です。  こう書いてしまうと、殺人犯の祐一が「悪人」であって、随分と単純なタイトルでありその内容ではないかと思われてしまうかもしれません。  ですが、この映... [続きを読む]

» 『悪人』 [+Paraiso*Caprichoso+]
【悪人】STORYひとつの殺人事件。引き裂かれた家族。誰が本当の悪人か土木作業員の清水祐一(妻夫木聡)は、長崎の外れのさびれた漁村で生まれ育ち、恋人も友人もなく、祖父母の面倒... [続きを読む]

» 映画「悪人」誰かと出合いたかった、それだけなのに [soramove]
「悪人」★★★★☆オススメ 妻夫木聡、深津絵里、岡田将生、満島ひかり、柄本明、樹木希林出演 李相日監督、139分 、2010年9月11日公開、2010,日本,東宝 (原題:悪人」)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← モントリオール世界映画祭で、深津絵里が最優秀女優賞を受賞した。 「原作はここ数年読んだ本の中で 最も好きな作品だったので、 映画を見るのが怖いような気がしていた、 ... [続きを読む]

» 観ました、「悪人」 [オヨヨ千感ヤマト]
「フラガール」が素晴らしかった李相日監督作品。原作は吉田修一。 公開したばっかり [続きを読む]

» 「悪人」善人ではない人 [ノルウェー暮らし・イン・London]
昨年のうちにこの映画は見ておかないと・・・・と思っていた。 深津絵里が最優秀女優賞を取った作品だし。 でも、私は昨年のベスト10には、入れなかった。 確かに彼女の寂しげな表情、ふと見せるやさしい笑顔~~どれも巧いとは思うのだけど・・・・・... [続きを読む]

» 【DVD】悪人 [映画鑑賞&洋ドラマ スマートフォン 気まぐれSEのヘタレ日記]
JUGEMテーマ:日本のTVドラマ この映画は深津絵里さんが賞をとった作品ですね 見に行った日は空いていて妙なストレスを感じることなく見れました 簡単にストーリーを説明してしまうと犯罪者の逃亡劇と愛ってとこかな。 確かに鬼気迫る演技なのだけど消化不良に終わるのよね この映画の不思議なところは殺人を犯してしまった青年が一番の「悪人」に見えないとこにある。 明らかに殺された女性、殺された女性を山中で蹴り飛ばしてクルマで置き去りにした大学生の両方が彼よりも「悪人」に見える。 この2人は自分勝手で、イライ... [続きを読む]

« 「オカンの嫁入り」 | トップページ | 「君が踊る、夏」 »