2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「ジェニファーズ・ボディ」 | トップページ | 「ヤギと男と男と壁」 »

2010年8月19日 (木)

「キャタピラー」

Caterpillar  戦場から帰ってきた夫は両手両足がなく、頭は焼けただれ、口はきけないし、耳も聞こえなくなっていた。
 そんなダルマというか芋虫のようになった夫は、多くの勲章を胸に、“生ける軍神”と祀り上げられる。
 軍神の妻として自らを奮い立たせ、妻は夫に尽くしていくのだった…。

 「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程(みち)」の若松孝二監督が、描くのは戦争の狂気だ。
 山上たつひこの「光る風」の映画化かと思ったら、そうではないらしい。
 おそらく戦争の愚かさと悲しみを描いた作品と紹介されるだろうが、確かにそうなのだが、それと同時に究極の恋愛映画なのだ。
 何しろ、手足もないのに食欲と性欲だけが異常に強い夫と、それに答える妻。
 愛に言葉はいらないというが、言葉どころか性器さえあれば他に何もいらないという状態で、男女に必要なものはそれだけと言わんばかりだ。
 もちろん、これだけだったら現代の話で、事故で五体不満足になりましたでも話が成り立つのだが、背景に戦争があるので、さらに狂気の世界に入っていく。
 何しろ、戦場で何をやっていたかわからないのに、軍神ともてはやされている状態で、夫の方も戦場での自分の行動に押し潰されていくのだ。
 そして妻も銃後の妻の鑑ともてはやされる。
 それはもちろん表向きで、二人でいるときは、本能むきだしだ。
 正直、怖い。
 人間の見たくないもの見せたくないものを無理矢理見せられている感じがする。
 だけど目が離せないものがある。
 何よりも妻を演じている寺島しのぶ(B80-W60-H83)の鬼気迫る演技が凄い。
 第60回ベルリン国際映画祭最優秀女優賞を受賞は納得できてしまう。
 あのぶさかわの顔で、裸もかまわず、四肢のない夫と上になったり下になったりの夫婦の営みは、正に地獄絵巻だが、それでも寺島に艶っぽさを感じてしまうのだ。
 始めは献身的な妻だったのが、時間が経つにつれて本性丸出しになってくる。
 それは、泥沼化している戦争とシンクロしているところがある。
 だからこそ、終戦と夫の行動に納得できてしまう。
 最後の戦争の状況説明はやりすぎの感じがしないでもなかったが、田舎に住む夫婦と戦争は、関係がないようで、実は大きく連動しているのに気づくと、実は物凄く巧妙な構成であることに驚いてしまうのだ。
 正直、凄い!
 説教臭く予定調和の反戦映画とは違い、心から揺さぶられるものがある。

参加してます。よろしくで~す

人気ブログランキングへ   

« 「ジェニファーズ・ボディ」 | トップページ | 「ヤギと男と男と壁」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/49185881

この記事へのトラックバック一覧です: 「キャタピラー」:

» [映画][2010年]キャタピラー(若松孝二) [タニプロダクション]
ヒューマントラストシネマ有楽町 キャタピラー 日本映画 監督・製作:若松孝二 脚本:黒沢久子 出口出 出演:寺島しのぶ 大西信満他 撮影:辻智彦 戸田義久 主題歌:元ちとせ 配給:若松プロダクション、スコーレ株式会社 http://www.wakamatsukoji.org/ 好感度=☆☆☆... [続きを読む]

» キャタピラー [LOVE Cinemas 調布]
主演の寺島しのぶが今年のベルリン国際映画祭最優秀女優賞に輝いた作品。最前線での戦いではなく銃後の戦いを描いた反戦映画だ。監督は『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程(みち)』の若松孝二。共演に「実録・連合赤軍」の大西信満、篠原勝之、粕谷佳五、増田恵美らが出演している。「忘れるな、これが戦争だ!」という監督のメッセージがダイレクトに伝わる作品だ。... [続きを読む]

» CATERPILLAR キャタピラー [ゴリラも寄り道]
<<ストーリー>>勇ましく戦場へと出征していったシゲ子の夫、久蔵。しかし戦地からシゲ子(寺島しのぶ)の元に帰ってきた久蔵(大西信満... [続きを読む]

» 「キャタピラー」 [Mr.Bation]
「キャタピラー」2010年 若松プロダクション 監督:若松孝二 「若松監督が反戦映画のフリをして撮ったピンク映画」と評する向きもあり、それでは観なければと思ったわけですが、そうだとしたら反戦映画としてもエロ映画としても今一つだったのでは・・・ ... [続きを読む]

» キャタピラー [映画的・絵画的・音楽的]
 映画に出演した寺島しのぶが、ベルリン国際映画祭で最優秀女優賞を受賞したことで評判の高い『キャタピラー』を、テアトル新宿で見てきました。 (1)映画では、先の戦争の末期、考えられないようなむごい姿となって戦場から帰還した久蔵とその妻シゲ子との、戦時中の生活が中心的に描かれます。  中国での戦場から帰還した久蔵は、周りから軍神と崇められるものの、シゲ子にとっては気持ち悪い生き物にすぎません。なにしろ、手足が切断され、口もきけなくなっていますから、お互いのスムースなコミュニケーションは絶望的です。とい... [続きを読む]

» 『キャタピラー』'10・日 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...]
あらすじ頭と胴体だけの姿になって傷痍軍人が、帰還した。勲章をぶら下げ、軍神となって・・・。感想『実録・連合赤軍あさま山荘への道程』の若松孝二監督が江戸川乱歩の『芋虫』に... [続きを読む]

» 『キャタピラー』'10・日 [虎団Jr. 虎ックバック専用機]
あらすじ頭と胴体だけの姿になって傷痍軍人が、帰還した。勲章をぶら下げ、軍神となっ [続きを読む]

« 「ジェニファーズ・ボディ」 | トップページ | 「ヤギと男と男と壁」 »