2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「SR サイタマノラッパー2 ~女子ラッパー☆傷だらけのライム~」 | トップページ | 「ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い」 »

2010年7月 9日 (金)

「冷たい雨に撃て、約束の銃弾を」

Tumetai  な、長いよ、タイトル。
 かつては腕利きの殺し屋で、今はパリのフランス料理店のオーナー・コステロには、マカオに中国人と結婚した娘がいる。
 ある日、何者かが、彼女をの家を襲い、夫と2人の子供を殺害、娘も瀕死の重症で入院してしまう。
 娘の復讐を誓ったコステロは、偶然、宿泊していたホテルで3人組の殺し屋と出会い、彼らに復讐を依頼する。
 やがて確実に犯人を追い詰める3人組みとコステロの間に友情のようなものが芽生えてくる。
 しかし、コステロは過去に頭に受けた銃弾がもとで記憶障害になっており、この復讐さえも急に忘れてしまう可能性があるのだった…。

 久しぶりに男汁出まくりの映画。
 ここ最近、こういう映画を観ていなかったので嬉しい。
 今の時代、こんな奴いねえよというツッコミは甘んじて受けよう。
 確かに、この映画に出てくるような男はいない。
 何しろ友情のため、損得を考えたら損することが大きいことをしてしまう。
 例えば、昔の松本零士先生の漫画を読んで、今だと微妙なものを感じてしまう時がある。
 本当ならそれに近いものを感じるはずなのだが、スタイリッシュなアクションがそれを感じさせない。
 むしろ、ベタであるはずの男の友情、プロフェッショナル魂、仲間との絆が、実用性とは程遠い芸術的な銃撃戦で許せてしまうし、むしろかっこいいとさえ思えてくるのだ。
 やっぱり、監督が「エグザイル/絆」のジョニー・トーだしなあと納得してしまっている。
 出演もアンソニー・ウォンだしね。
 香港・フランス合作なので、フランス人としてジョニー・アリディが出演。
 まあ、個人的には彼の存在はいいとしても、記憶障害の話はいらないと思う。
 あ、だからといって全面否定ではないので念のため。
 アウトロー達の戦いとはいえ、殺しを家庭に持ち込まない徹底ぶりが笑えるけどかっこいい。
 乾いた銃の音が腹に響くので、劇場で観ることをオススメ。
 まあ今のホームシアターは下手な映画館より良い音響なんだけどね。

参加してます。よろしくで~す
   

« 「SR サイタマノラッパー2 ~女子ラッパー☆傷だらけのライム~」 | トップページ | 「ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/48830526

この記事へのトラックバック一覧です: 「冷たい雨に撃て、約束の銃弾を」:

» [映画][2010年]冷たい雨に撃て、約束の銃弾を(ジョニー・トー) [タニプロダクション]
新宿武蔵野館 復仇 VENGEANCE 香港 フランス映画 監督・製作:ジョニー・トー 脚本・製作:ワイ・カーファイ 出演:ジョニー・アリディ アンソニー・ウォン ラム・カートン ラム・シュ サイモン・ヤム他 撮影:チェン・シウキョン 音楽:ロオ・ターヨウ http://judan... [続きを読む]

» 冷たい雨に撃て、約束の銃弾を [LOVE Cinemas 調布]
『エグザイル/絆』のジョニー・トー監督が送るノワールムービー。娘の家族を殺された元殺し屋のフランス人男性が、現地で3人の殺し屋にその復讐を依頼する。主演はフランスの人気歌手ジョニー・アリディ。共演にアンソニー・ウォン、ラム・カートン、ラム・シュー、サイモン・ヤムの『エグザイル/絆』組や『サガン 悲しみよこんにちは』のシルヴィー・テステュー。スタイリッシュな映像に注目だ。... [続きを読む]

» 冷たい雨に撃て、約束の銃弾を [だらだら無気力ブログ]
フランスでレストランを経営するコステロ。しかし、彼には腕利きの殺し屋 だった過去があった。 コステロはマカオで暮らす最愛の娘と、その家族が何者かに惨殺された らしいことを知り、単身現地に乗り込んだ。瀕死の娘に復讐を誓ったものの、 異国の地で頼るあてもないコ..... [続きを読む]

» 滅びの美学Again.~「冷たい雨に撃て、約束の銃弾を」~ [ペパーミントの魔術師]
もう、ドンだけ前に見たんだよって話で 今頃レビューなんですが。 いや~、今思い出してもかっこよかったな~。 イケメンでもないんだけど(わわわわわ) 食べるシーンとかは妙に少年っぽいとこ見せるけど ひとたび銃を持つと変わるのな。 なんていうか、ユーモアと渋さ、 ..... [続きを読む]

» 映画「冷たい雨に撃て、約束の銃弾を」このタイトルが映画の雰囲気を伝えている [soramove]
「冷たい雨に撃て、約束の銃弾を」★★★☆ ジョニー・アリディ、アンソニー・ウォン、ラム・カートン、ラム・シュ、サイモン・ヤム出演 ジョニー・トー監督、108分、2010年5月15日公開、2009,フランス、香港,ファントム・フィルム (原題:Vengeance 復仇 )                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「ジョニー・トー監督作品『ザ・ミッション 非情の掟 (1999)』は 今でも... [続きを読む]

» mini review 10511「冷たい雨に撃て、約束の銃弾を」★★★★★★★★☆☆ [サーカスな日々]
『エグザイル/絆』などで世界中から注目を集めるジョニー・トー監督が、娘一家を犯罪組織に殺された元殺し屋の男の復讐(ふくしゅう)を描くハードボイルド・アクション。主演は、フランスの国民的大スター、ジョニ...... [続きを読む]

» 冷たい雨に撃て、約束の銃弾を (復仇) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 ジョニー・トー 主演 ジョニー・アリディ 2009年 フランス/香港映画 108分 アクション 採点★★★ その人の人格なり性格なりを作り上げているのが、それまでの経験とその記憶だとすれば、何らかのきっかけで記憶を失っちゃったらどうなっちゃうんだろうと、…... [続きを読む]

« 「SR サイタマノラッパー2 ~女子ラッパー☆傷だらけのライム~」 | トップページ | 「ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い」 »