2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「幸福の黄色いハンカチ デジタルリマスター」 | トップページ | 「ソフトボーイ」 »

2010年6月20日 (日)

「仮面ライダー×仮面ライダー×仮面ライダー THE MOVIE 超電王トリロジー/EPISODE YELLOW お宝 DE エンド・パイレーツ」

Yellow  その昔、コブラが左腕を抜いてサイコガンを出すが、放り出した腕はどうするのか?という無粋なツッコミがあったのだが、電王でモモタロスが何かにつけてパスを投げているのに同じような疑問を持つ人もいるかもしれない。
 そこらへんは野暮なことは言わないのがお約束だが、なんとそれをネタにしているのが今回の映画だ。
 ゼロノス、NEW電王、ディエンドという3人の仮面ライダーを主人公に、2週間ごとに3作品連続公開。
 そうは言いながらも、前の作品も公開している劇場もあるみたいで、うっかりしていると同じ作品を2回観ることになってしまうので注意!
 第3弾がディエンド編だ。
 お宝求めてスパイダーイマジンと契約した海東大樹。
 彼の狙いは電王のパスとデンライナーを盗み出すことだ。
 実は電王のパスを盗む方法が、モモタロスが使った後に投げ出すのを拾ってしまうというもの。
 パスを投げるのは見た目のかこよさもあるのだが、そのお約束を逆手に取っているのが面白い。
 ちなみに普段は戦いが終わった後に探して拾うそうな(笑)
 一方、時間警察の黒崎レイジは、人工イマジン・イブと大樹の行方を追っている。
 どうやら海東大樹と黒崎レイジには過去に因縁があるらしい…という話なのだが、これが思った以上に面白く、最後はホロっとさせられる。
 歴代仮面ライダーの中でかっこわるさでは1、2位を争うディケイド。
 そのライヴァルキャラのディエンドの話なんか作っても意味ないんじゃね?と思っていた。
 何しろ自分の中ではゼロノスよりもマイナーキャラだからだ。
 ところが、ディエンドのキャラが思った以上に立っていて、今まではいかにうまく生かしきれていないかがよくわかった。
 海東大樹の中の人の演技がうまく思えるのは、ディケイドに変身する井上正大が下手すぎるので仕方ないだろう。
 ディケイドもディエンドもかっこわるいのだが、そこをあえて言ってしまっているの笑った。
 今までのオーナーの謎の行動の理由が、今回で初めてわかるのだが、あまりにも脱力物の話なのであまり過度な期待をしないように。
 子供達には大ウケだったけどね。
 タイトルのパイレーツはおそらく語呂がいいだけで、本編に海賊が出てくるとか言うわけでもない。
 当然、本編の前後は夏公開の「仮面ライダーW」の宣伝をしまくっているのは言うまでもない。

参加してます。よろしくで~す
   

« 「幸福の黄色いハンカチ デジタルリマスター」 | トップページ | 「ソフトボーイ」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/48674140

この記事へのトラックバック一覧です: 「仮面ライダー×仮面ライダー×仮面ライダー THE MOVIE 超電王トリロジー/EPISODE YELLOW お宝 DE エンド・パイレーツ」:

« 「幸福の黄色いハンカチ デジタルリマスター」 | トップページ | 「ソフトボーイ」 »