2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「FLOWERS フラワーズ」 | トップページ | 「アウトレイジ」 »

2010年6月15日 (火)

「川の底からこんにちは」

Kawasoko  ふと自分の人生を考えた場合、明らかに大成功でもないし、大失敗でもない。
 おそらくそこそこなのだろうが、何かしら不満はある。
 そんな状況をうまく表す言葉はないものか?と考えていたのだが、この映画を観て目からウロコがこぼれた。

 中の下

 この言葉がぴったりなのだ。

 故郷を捨て上京五年目の佐和子。
 五つ目の職場で、五人目の彼氏は子連れでバツイチの玩具会社の上司・健一で、全てにおいて妥協しまくった結果だ。
 ぶっちゃけ彼女はかけおちで上京したのだが、その後さっさと別れたが、故郷には帰らなかったのだ。
 まあ所詮若気の至りなのだが、わかりますよ、佐和子さん。
 自分も若い時に似たようなことをしたから(爆)
 今思い出しても恥ずかしい。
 お父さん、お母さん、御免なさい。
 振り返ってみれば、ただいちゃいちゃしたかっただけで、それを注意されてムキになっただけなんよね。
 結局、二人で飛び出しても手持ちぶさで、結果的には泊まり込みで旅行にいったことになっただけ。
 自分的にはかけおちなのに、親は無断外泊にしか思っていない。
 いや~タイムマシンがあったら、当時の自分に説教したい。
 自分の恥をさらすのはともかく、そんないけてない人生を送る佐和子のところに父親が倒れたと連絡が入る。
 そのため、一人娘の佐和子が実家のしじみ工場を継ぐ事態になってしまう。
 企画の失敗で失職した健一は、帰るのを渋る佐和子の気持ちそっちのけで、話を進めてしまい、結局、健一とその連れ子を伴って帰郷するはめに。
 この健一のダメっぷりはイライラするのだが、佐和子はそれもあきらめているというか、仕方ないと思っている。
 何しろ、中の下の自分にはそれくらいの男しか望めないから。
 しじみ工場ではアクの強いおばちゃん従業員たちがいて、経営は倒産寸前。
 もはや妥協さえ許されない状況の佐和子の明日はどっちだ…という川の底というより、人生のどん底からこんにちは状態だ。
 佐和子の口癖の「しょうがない」は、おそらく誰しも大なり小なり口に出さなくても思っていることだろう。
 そして物語の後半のキーワードとなる「中の下」という言葉は、あまりにも現実味がありすぎて心に刺さってしまう。
 それでも開き直れば何かが見えてくるかも。
 正直、この映画は一応、ハッピーエンドっぽいのだが、中の下のハッピーなんか所詮知れている。
 ところが、よくあるサクセスストーリーよりも、遥かに元気をもらえる映画なのだ。
そして、その究極が、佐和子の努める木村水産の社歌で、これはもう頭に残ってしまうこと間違いなし。
 今でも気を抜くと脳内BGMになってしまう。
 主演は、マイナー映画の主演が多い満島ひかり(B76-W58-H89)。
 相変わらず弾けまくっている。
 監督は石井裕也。
 何と、PFFスカラシップの映画だそうな。
 今でもPFFがあったのには驚いたが、当然今は8ミリフィルムではなく、HDでの作品作りなんだろうなあ。

参加してます。よろしくで~す
   

« 「FLOWERS フラワーズ」 | トップページ | 「アウトレイジ」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/48588657

この記事へのトラックバック一覧です: 「川の底からこんにちは」:

» 川の底からこんにちは [LOVE Cinemas 調布]
第19回PFFスカラシップ作品。日本の新鋭映画監督・石井裕也の商業映画デビュー作だ。仕事も人生も「しょうがない」の一言で努力もせずに諦める、そんなヒロインが病気で倒父に代わって家業を継ぎ、悪戦苦闘を重ねながらも苦境に立ち向かう様子を描くヒューマンコメディだ。主演は『カケラ』の主演など今最も旬の満島ひかり。共演に岩松了、志賀廣太郎といったベテランも出演する。... [続きを読む]

» [映画][2010年]川の底からこんにちは(石井裕也) [タニプロダクション]
渋谷ユーロスペース 川の底からこんにちは 日本映画 監督・脚本:石井裕也 主演:満島ひかり 撮影:沖村志宏 音楽:今村左悶 野村知秋 プロデューサー:天野真弓 http://kawasoko.com/ 配給:ユーロスペース ぴあ ☆☆★★★(水準以下だが多少の興味あり) PFFスカラシ... [続きを読む]

» 石井裕也監督・脚本 「川の底からこんにちは」 [映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが…死にそうになったので禁煙か?]
GW真っ只中の5月1日に公開された満島ひかり主演の新作映画 GWが明け、私も公休に 満島ひかり、2009年度キネマ旬報助演女優賞受賞の注目の女優 私自身は、去年公開された堺雅人主演の映画「クヒオ大佐」で初めて知った女優さん その後、DVDで「愛のむきだし」を観 凄いぞこの娘(こ)はと気になる存在となりました。 今回どんな芝居を見せてくれるのか? 楽しみに映画観に行ってきました(^−^)b 【映画の宣伝コピー】 人生…もうがんばるしかない 心が変われば、人生も変わる おもいっきり笑... [続きを読む]

» ●『川の底からこんにちは』● ※ネタバレ有 [〜青いそよ風が吹く街角〜]
2009年:日本映画、石井裕也監督&脚本、満島ひかり、遠藤雅、志賀廣太郎、岩松了、相原綺羅、菅間勇、稲川美代子出演。 [続きを読む]

» 『川の底からこんにちは』 [『映画な日々』 cinema-days]
川の底からこんにちは 高校卒業後、駆け落ち、 上京5年目の派遣OLが、 父の病気で、しじみ工場を継ぐ事になった... 【個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞) [続きを読む]

» 社歌を無限ループで聞く方法(川の底からこんにちは) [単館系]
上京して5年、仕事も恋愛もうまくいかず妥協した日々を送っていたOLの佐和子。そんな彼女の元に、父が末期がんで倒れたという知らせが届いた。佐和子は田舎に戻り、実家のしじみ工場を継ぐことに。 満島ひ...... [続きを読む]

» 川の底からこんにちは [映画、言いたい放題!]
満島ひかりさんがあまり好きではないのですが、 この映画、評判が高いので観てみることにしました。 上京して5年目のOL・木村佐和子は、 目的がないまま、だらだらと毎日を送り、 バツイチで加代子という小さい娘がいる上司・新井健一と付き合っていた。 ある日、佐和子の... [続きを読む]

« 「FLOWERS フラワーズ」 | トップページ | 「アウトレイジ」 »