2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「矢島美容室 THE MOVIE ~夢をつかまネバダ~」 | トップページ | 「タイタンの戦い」 »

2010年5月 2日 (日)

「ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲」

Zebraqueen  実は前作が小ネタは多いものの、イマイチ弾けないものがあって面白いと思えなかった。
 今回続編が公開されると聞いて驚き!
 6年ぶりくらいだと思うけど、何故続編?
 そんなに人気あったのか?
 まあ「踊る大捜査線」も7年ぶりに続編が公開されるし、「トライガン」もテレビアニメが終わって10年以上経って劇場版が作られているし、自分が知らないだけで需要があるのかもね。
 西暦2025年、ゼブラシティでは、新しい都知事によって朝夕の5分間だけ無法地帯と化すゼブラタイムという制度が導入されていた。
 突然路上で目覚めた市川新市は、かつての教え子に助けられたが、自分がゼブラーマンだったことを含む15年間の記憶を失っていた。
 一方、都知事の娘ユイはゼブラクイーンとして活躍する裏で、恐るべき野望を抱いていた…。
 前作に比べ色々とスケールアップしているのに、不思議なくらい面白くない。
 ギャグも入っているのに笑えないのだ。
 おそらく前作と同じで好き嫌いがスパ~ンと別れる映画なのだろう。
 そしておそらく自分には合わなかったのかもしれない。
 監督と脚本は前作に引き続き三池崇史と宮藤官九郎。
 う~ん、ここ最近のクドカンの脚本は微妙だ。
 主演は哀川翔で、ちょっと老けたなあと思う。
 彼のデヴュー25周年が話題になるはずなのに、話題がセブラクイーン役の仲里依紗(B87-W59-H89)に持ってかれてしまっている。
 おそらく彼女のボンテージ目当ての客も多いはず。
 あ、もちろん自分もそうです、否定はしません。
 いやはやあのむっちりした感じがいいわけで、「ヤッターマン」の2作目を作るなら彼女のドロンジョ様希望!
 しかし、彼女は映画もドラマも多く出ているのに、何故か顔が覚えにくいと思うのだが、それって自分だけ?
 共演にガダルカナル・タカがいるのだがあまりにも太っているのには驚きだが、役作り…なのか?
 さらに、あまりにもセリフが棒読みっぽい奴がいて、ひょっとしてと思ったらやっぱり「仮面ライダーディケイド」の井上正大だった(苦笑)。
 個人的には「DEAD OR ALIVE 犯罪者」のような何でもありの展開が良かったのだけど、仲里依紗のPVだと思えばいいか。
 

参加してます。よろしくで~す
   

« 「矢島美容室 THE MOVIE ~夢をつかまネバダ~」 | トップページ | 「タイタンの戦い」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/48236341

この記事へのトラックバック一覧です: 「ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲」:

» ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲 [LOVE Cinemas 調布]
冴えない小学校教師が憧れのヒーローに変身し、エイリアンから地球を守った『ゼブラーマン』の続編。今回は2025年、ゼブラシティと名を変えた東京が舞台だ。監督の三池崇史、脚本の宮藤官九郎、主演の哀川翔といったオリジナルメンバーが結集。セクシーなライバル・ゼブラクイーンに『時をかける少女』の仲里依紗、阿部力、ココリコの田中直樹、ガダルカナル・タカなど新しい面々にも注目だ。... [続きを読む]

» [映画][2010年][試写]ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲(三池崇史) [タニプロダクション]
ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲  日本映画 監督:三池崇史 脚本:宮藤官九郎 出演:哀川翔 仲里依紗 阿部力 井上正大 田中直樹 ガダルカナル・タカ スザンヌ 中野英雄 波岡一喜 生瀬勝久他 撮影:田中一成 主題歌:ゼブラクイーン 企画プロデューサー:平野隆 ... [続きを読む]

» 「ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲」 [Mr.Bation]
ゴールデンウィークは娯楽が大事。 初っ端が映画サービスデーということもあり早速観る。 封切日に映画を観るなんて、多分初めて・・・しかも、朝一番の回。 最近の活躍が目覚ましい仲里依紗のゼブラクイーン目当てであることは言うまでも無い。 「ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲」... [続きを読む]

» 映画3本:「運命のボタン The Box」「RAILWAYS」「ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲」 [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
これまで観た映画でイマイチのものは、よっぽど書きたいことが無い限り、切り捨てて何も書かないようにしてきた。 のだけれど、最近3本続けてそういうことがあったので、なるべくネタバレしないようにしつつ、3本まとめてアップ(笑) 1.まずは、もうすぐ公開「運命のボタン」 ボタンを押せば大金が手に入るが、代わりに見知らぬ誰かが死ぬ。 そんな、究極の選択を迫られた夫婦の運命を描くスリラー。 隠れた名作「トニーダーゴ」の監督だけに、期待したのだが....... キャメロン・ディアスが役の性格上(1970年... [続きを読む]

» 『ゼブラーマン2 ゼブラシティの逆襲』お薦め映画 [名機ALPS(アルプス)MDプリンタ]
一人の人間の心の中には、善と悪が混在している。本当の敵は他者ではなく自分だと言う、大人的テーマを描きながらも、少年のような大人の遊びゴコロ満載のお薦め作品。 [続きを読む]

» No.219 ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲 [気ままな映画生活]
前作のような、展開が好きだった・・・ これが見終わった感想だった。 前作では、小学校の学年主任がうだつのあがらない 毎日を過ごし、生徒や家族との会話も成立せず・・・ むなしい日々だったけど、唯一、自分の居場所となる ゼブラーマンのコスプレにより哀愁漂う姿...... [続きを読む]

» ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲 [小泉寝具 ☆ Cosmic Thing]
 日本  アクション&SF&ヒーロー  監督:三池崇史  出演:哀川翔      仲里依紗      阿部力      井上正大      【物語】  教師の市川新市が目覚めると、東京の街はゼブラシティなる都市に変ぼうし ていた。警官に発砲され意識を失った新市が再び...... [続きを読む]

» 「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」 祝!大団円 [はらやんの映画徒然草]
うん、しっかりとフィナーレを決めてくれました。 「音楽」って、その漢字をもう一度 [続きを読む]

» 「ゼブラーマン-ゼブラシティの逆襲-」感想 [狂人ブログ ~旅立ち~]
 前作から6年、哀川翔×三池崇史×宮藤官九郎が再びトリオを組んだ待望の続編。2025年、無法地帯と化したかつての東京「ゼブラシティ」を舞台に、記憶と力を失ったゼブラーマ... [続きを読む]

» 「ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲」え~い!遊びすぎやわ!! [シネマ親父の“日々是妄言”]
[ゼブラーマン2] ブログ村キーワード  “主演・哀川 翔×脚本・宮藤官九郎×監督・三池崇史”。前作「ゼブラーマン」から6年、ムチャな大人が奇跡の再結集!「ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲」(東映)。前作は“哀川 翔 主演100本目記念作品”でしたが、今回は“哀川 翔 デビュー25周年記念作品”。まあ何かと、アニバーサリーづいてますな。  ちなみに前作は、こんなお話でした…↓  ~2010年、横浜市八千代区。家でも学校でもパッとしない小学校教師・市川新市の誰にも言えない愉しみ。それは、昭和... [続きを読む]

» ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲 [だらだら無気力ブログ]
哀川翔主演100本記念作品となった異色ヒーロー・アクション 『ゼブラーマン』の続編。 前作から15年後の“ゼブラシティ”と名を変えた東京を舞台に、15年間の 記憶をなくした主人公・市川新市が記憶を取り戻すとともに悪の野望の 阻止に立ち向かう姿を描く。 前作同様、..... [続きを読む]

» ゼブラーマン [映画的・絵画的・音楽的]
 『ゼブラーマン―ゼブラシティの逆襲―』を渋谷TOEIで見ました。  主演の哀川翔の映画デビュー25周年にあたる年に制作された記念すべき映画ということで、5月2日の記事で申しあげたように、この映画をジャンプだとして、『誘拐ラプソディ』をホップ、『昆虫探偵ヨシダヨシミ』をステップとしてきたわけですから、何としてでも哀川翔を見なければと思い、いそいそと出かけてみたところです。 (1)実際に見ても、まずまずの仕上がりではないかと思いました。  前回の『ゼブラーマン』では、ダメ教師市川新市―哀川翔が扮し... [続きを読む]

» ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲 [必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!]
[ゼブラーマン2] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:末吉 2010年35本目(33作品)です。 【あらすじ】 小学校教師の市川新市が(哀川翔)がふと目覚めると、東京はゼブラシティと呼ばれる街に様変わり。 午前午後の5分間だけ犯罪..... [続きを読む]

» 「ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲」 [ひきばっちの映画でどうだ!!]
                       「ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲」 ユナイテッドシネマ豊島園にて。 監督・三池崇史 脚本・宮藤官九郎 なかなかタイミングが合わずに、やっと観て参りました。 はい、ゼブラ・クイーン目当てでございます。失礼いたしましたm(__)m。 仲里依紗のあのゼブラ・クイーンのコスチュームは“違反”ですよね〜(何の違反なんだ!?) あれで「オレの背中に立つんじゃねぇ!!」ですから、あぁ、「時かけ」の“あかり”のイメージが音をたてて崩れてゆく・・・(T_T)/~... [続きを読む]

» 「ゼブラーマン -ゼブラシティの逆襲-」 よくぞここまで膨らませた! [はらやんの映画徒然草]
前作「ゼブラーマン」から15年後の世界、東京はゼブラシティと名を変え、毎日朝晩5 [続きを読む]

« 「矢島美容室 THE MOVIE ~夢をつかまネバダ~」 | トップページ | 「タイタンの戦い」 »