2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「誰かが私にキスをした」 | トップページ | 「半分の月がのぼる空」 »

2010年4月 4日 (日)

「ハート・ロッカー」

Hurtlocker  実は最初、ず~っとハード・ロッカーだと思っていたので、ジミヘンやヴァン・ヘイレンが出てくる映画だと思っていたが、ハート・ロッカーで、もっというとheartではなくhurtだった。
 2004年のイラク・バグダッドを舞台に、米軍爆弾処理班を描いた話だ。
 爆弾を仕掛けた者と戦っているはずなのだが、敵は明確に見えて来ない。
 爆弾処理班が戦うのは仕掛けられた爆弾なのだ。
 この爆弾処理班にリーダーとして新たに赴任したウィリアム・ジェームズ二等軍曹は873個の爆弾を処理したらしいのだが、彼の行動が型破りというより無茶苦茶で、他のメンバーは彼の行動に必要以上のプレッシャーに晒されることになる。
 今年のアカデミー賞で「アバター」と競い合っていたらしいが、受賞したのは当然だろう。
 「アバター」は3Dという技術的なところにポイントがあって話は微妙だしね。
 とにかく全編に漂う緊迫感が尋常でなく観ていて疲れてしまう。
 戦争物といえば、敵との銃撃戦を中心としたものが多いのだが、この映画はどこにあるかわからず、いつ爆発するかわからない爆弾というのが、ちょっと斬新だ。
 本当は映画を通して、アメリカにおける戦争の位置付けとか、変わっていく人間の心理などを語るべきなのかもしれないが、自分の中でのこの映画はホラーに近い。
 爆弾処理という究極の黒ヒゲ危機一髪状態に加え、イラク・バグダッドという異文化の土地で一般市民かテロリストかも分からない見物人に囲まれている孤独感と怖さなど、サスペンス要素がこれでもかという位テンコ盛り状態は、へたしたら普通のホラーよりも遥かに怖い。
 ドキュメンタリータッチはここ最近の戦争映画のお約束だが、一方では爆発する瞬間の超スローモーションは緊迫感よりも美しさを感じてしまう。
 この映画の冒頭の爆弾処理は、「プライベート・ライアン」の冒頭の銃撃戦に匹敵するくらいの緊迫感が漂っている。
 「プライベート・ライアン」を“動”とするならば、この映画は“静”の緊迫感だろう。
 さらには爆弾処理のエキスパートであるジェームズ二等軍曹の変貌にも怖い物があり、最後の彼の行動は色々な解釈ができてしまう。
 監督はキャスリン・ビグローだから、ジェームズ・キャメロンの元嫁で、アカデミーは正に因縁対決だったわけだね。

参加してます。よろしくで~す
   

 

« 「誰かが私にキスをした」 | トップページ | 「半分の月がのぼる空」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

TB有難うございました。
ドキュメンタリー風の作品なので
ストーリー性は皆無でしたが、爆弾処理班から
戦争の日常が非常にリアルでした。

今度、訪れた際には、
【評価ポイント】~と
ブログの記事の最後に、☆5つがあり
クリックすることで5段階評価ができます。
もし、見た映画があったらぽちっとお願いします!!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/47990822

この記事へのトラックバック一覧です: 「ハート・ロッカー」:

» ハート・ロッカー [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『彼らは、数えきれない命を救う。 たったひとつの命を懸けて─。』  コチラの「ハート・ロッカー」は、2004年夏のイラクを舞台に爆発物処理班の兵士たちの姿を描いたPG12の3/6公開の戦争映画なのですが、公開初日にレイトショーで観て来ちゃいましたぁ〜♪監督は、「...... [続きを読む]

» ハート・ロッカー [LOVE Cinemas 調布]
アカデミー賞9部門ノミネート(2/24現在)と賞レースを席捲している作品。イラク駐留アメリカ軍の爆発物処理班の兵士たちを描いた戦争映画だ。『ハートブルー』『K-19』のキャスリン・ビグロー。主演は「28週後...」のジェレミー・レナー、共演にガイ・ピアーズやレイフ・ファインズが出演している。次の瞬間に何が起こるか解らない極限の緊張感で手に汗握る展開に引き込まれる。... [続きを読む]

» ハート・ロッカー [だらだら無気力ブログ]
「K-19」のキャスリン・ビグロー監督が、死の危険がいつも伴うイラク駐留の 爆発物処理班のアメリカ兵達の姿を描いた戦争アクション。 爆弾テロの脅威が続くイラクのバグダッドを舞台に、殉職した爆発処理班の 前任リーダに代わり、赴任してきた軍曹と爆発物処理班の3人が..... [続きを読む]

» [映画][2010年]ハート・ロッカー [タニプロダクション]
先ごろアカデミー賞作品賞等を受賞した、イラクで爆弾処理に就く男たちを描いた映画。 イラク戦争に関連する映画って少ないなあ、と思ってたんですが、僕はよく知らなかったのですが実はそんなに少ないわけでもないみたい。 話題にならず日本にもあまりやってこないというこ... [続きを読む]

» No.208 ハート・ロッカー [気ままな映画生活]
今年度のアカデミー賞、作品賞を受賞した作品。 今年は世界興行収入の記録を打ち立てた「アバター」と その20分の1の製作費で作られた本作品との一騎打ちとなった [続きを読む]

» ハート・ロッカー、どこまでアメリカは不幸なのか [オヤジの映画の見方]
アカデミー作品賞のハート・ロッカーは、爆弾処理という今まであまり描かれていない事を題材にしたとこが新鮮だが、アメリカからの一方的な描き方に終始している。この作品にはイラクの人たちの受けた苦痛が何も描かれていない。とことんアメリカ兵の不幸さを描いているだけだ。... [続きを読む]

» 映画:ハート・ロッカー [よしなしごと]
 自称映画ブログなのに、最近は全然映画を観に行っていない。観たい映画がどんどん終わってしまう中、時間を作ってハート・ロッカーを観てきました。 [続きを読む]

« 「誰かが私にキスをした」 | トップページ | 「半分の月がのぼる空」 »