2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「カケラ」 | トップページ | 「矢島美容室 THE MOVIE ~夢をつかまネバダ~」 »

2010年4月30日 (金)

「モリエール 恋こそ喜劇」

Moriere  モリエールって洗剤じゃないのか?と考えている人が多いと思うが、それはアリエールだから、念のため。
 17世紀のフランスを代表する劇作家モリエールの若き日の無名時代に、彼の経歴の空白期間とされる数ヵ月間の出来事を描いたもので、その時に名作誕生のきっかけがあったという設定の元に話を膨らませている。
 「アマデウス」でもそうだが、史実の隙間を想像を膨らませていかに帳尻を合わせるかが、歴史物の醍醐味だ。
 要はそこに至るまでをもっともらしく描けているかで説得力が増すというもの。
 その意味では、ダース・ヴェイダーの誕生までを描くスター・ウォーズのエピソード1~3は、あまりうまくなかったというか、無理無理帳尻を合わせたみたいで残念。
 いや、まあダース・ヴェイダーは実在の人物でも何でもないので比べても仕方ないんだけどね。
 自分はモリエールという人物が何をした人か、この映画を観るまで全く知らなかったのだが、知らなくても十分面白い。
 何しろ、喜劇としても、人間ドラマとしてもきちんと成り立った話だからだ。
 モリエールの経験が後の作品に繋がっているという設定で、帳尻の合わせ方が大変うまく、最後はちょっとホロリとさせるのも良し!
 主演は、ロマン・デュリス。
 監督はローラン・ティラール。
 相変わらず、知らない人ばっかですいません。
 

参加してます。よろしくで~す
   

« 「カケラ」 | トップページ | 「矢島美容室 THE MOVIE ~夢をつかまネバダ~」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/48201807

この記事へのトラックバック一覧です: 「モリエール 恋こそ喜劇」:

» モリエール 恋こそ喜劇 [LOVE Cinemas 調布]
17世紀フランスの天才劇作家モリエールの若かりし頃を描いたまさにフィクションの伝記だ。まさに映画そのもので舞台喜劇を演じているかのようなストーリーはフランス映画でありながらも明るい笑いが溢れている。主演は『PARIS(パリ)』のロマン・デュリス。共演にファブリス・ルキーニ、リュディヴィーヌ・サニエらが出演。監督はこれが2作目の長編作品となるローラン・ティラール。 ... [続きを読む]

« 「カケラ」 | トップページ | 「矢島美容室 THE MOVIE ~夢をつかまネバダ~」 »