2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「18倫 アイドルを探せ!」 | トップページ | 「ハート・ロッカー」 »

2010年4月 3日 (土)

「誰かが私にキスをした」

Darekiss  インターナショナルスクールに通うナオミは、学校の階段から落ちて頭を強打し、ここ4年間の記憶を失ってしまう。
 彼女の前に現れた3人の男たち。
 偶然現場に居合わせて病院まで付き添ってくれた上級生ユウジ、親友のミライ、恋人だったというエース(外人)。
 よくわからないまま、新たな生活を始めるナオミだが、やがてユウジに心が動いていく…。
 全編に渡って居心地の悪い違和感を感じる。
 実はインターナショナルスクールというのが良くわからなくて、ナオミとミライが所属しているサークルみたいなところが、イヤーズブックを作っているという設定なのだが、最初はこのイヤーズブックというのが何のことかわからず、物語が進むに連れて卒業アルバムみたいなものだということがわかってきた。
 しかし、下級生が作ったりしているので日本で言うところの卒業アルバムとは違うようだ。
 最終学歴が地元の自動車学校の自分にはインターナショナルスクールは別の星の話にしか思えない。
 それ以外にも死んだ金魚をトイレに流すとか欧米では当たり前かもしれないが、日本人にはちょっと刺激が強い。
 制作スタッフの日本を舞台に外国っぽい話を作っているどや顔がちらついているが、中途半端だ。
 基本的にこの映画の登場人物は人間的な魅力がなくて物凄く記号的だし、やっていることに共感ができる部分が少ない。
 ナオミがめちゃもて委員長状態で、記憶がないことを考慮しても相手の気持ちを考えないのには嫌気がさしてくるし、ユウジは悩むとか以前に単なるうざい奴だ。
 特にロスでナオミを一人にしてもよくわからない理屈をつけているのには病気とはいえ、最低だし、それでも気を使うナオミもいやだ。
 ミライもナオミの都合のいい奴でしかなく、自分が彼の立場なら彼女と話もしないと思うし、、エースは毎回窓から入ってナオミに会いにきているのだが、ナオミっていつも窓の鍵をしない人なの?
 確かに写真を使った画面作りは面白いのだけど、話の展開がそれと合っていないので、空回り状態。
 面白さそうな要素はあるのに生かしきれていない。
 出演は、堀北真希(B78-W58-H83)、松山ケンイチ、手越祐也、アントン・イェルチン。
 堀北の物凄くかわいくて、意外にロングの髪形が似合う。
 この映画の唯一の救いは堀北だ。
 松山ケンイチは変な役をうまく演じていたし、手越祐也も悪くない。
 アントン・イェルチンは「ターミネーター4」に出ていたらしいが、それがわかっても微塵も思い出せない。
 この映画では日本映画によく出てくる外国人でしかなく、最初は稲川素子事務所の外タレかと思ったよ。
 監督は「カンバセーションズ」のハンス・カノーザ。
 え、それってジーン・ハックマンの出ている映画?と思った時点でダメなんだろうなあ。(それは「カンバセーション盗聴」だっつうの)
 いくえみ綾の漫画が「クッキー」に載っているらしいけど、「NANA」が休載してから買うのやめたので未読。
 映画と違う展開なのかな?

参加してます。よろしくで~す
   

« 「18倫 アイドルを探せ!」 | トップページ | 「ハート・ロッカー」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/47971512

この記事へのトラックバック一覧です: 「誰かが私にキスをした」:

» 誰かが私にキスをした [LOVE Cinemas 調布]
東京のとあるアメリカンスクールを舞台に、ある日逆行性健忘症で過去4年の記憶をなくした少女と3人の男性の恋愛模様を描いた青春ラブストーリー。ヒロインを演じるのはドラマ「特上カバチ!!」の堀北真希。彼女を巡る3人の男性を『ウルトラミラクルラブストーリー』の松山ケンイチ、『ターミネーター4』のアントン・イェルチン、ドラマ「ヤマトナデシコ七変化」の手越祐也が演じる。監督はハンス・カノーザ。... [続きを読む]

» 誰かが私にキスをした [必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!]
[堀北真希] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:小吉 2010年24本目(23作品)です。 【あらすじ】 アメリカンスクールに通う女子高生のナオミ(堀北真希)は、落としかけたカメラを取ろうとして、階段から真っ逆さまに転げ落ち、..... [続きを読む]

» 誰かが私にキスをした [いい加減社長の日記]
観てから、ずいぶん時間が経ってしまいましたが^^; 特に観たいという映画もなく、「とりあえず」という感じで「誰かが私にキスをした 」を鑑賞。 「UCとしまえん 」は、土曜日の午前中にしては、ちょっと少なめか。 「誰かが私にキスをした 」は、中くらいのスクリー... [続きを読む]

» 「誰かが私にキスをした」4年間の失った記憶を探したさきにみた4年間の築き上げてきた愛情の日々 [オールマイティにコメンテート]
3月27日公開の映画「誰かが私にキスをした」を鑑賞した。 この映画は東京のアメリカンスクールに通う少女が ある日階段から転倒して頭を撃ってしまい 4年間の記憶を無くしてしまい、 4年間の記憶を取り戻すために 本来の自分を探していくラブストーリーである。 ....... [続きを読む]

» 過去からの開放。『誰かが私にキスをした』 [水曜日のシネマ日記]
アメリカンハイスクールを舞台に描かれた青春映画。学校の階段から落ちてケガをした事で4年間の記憶を失くしてしまったひとりの女子学生の物語です。 [続きを読む]

» 『誰かが私にキスをした』 | 堀北真希が本当の自分と恋を探して彷徨うキュートな映画です [23:30の雑記帳]
バカ映画に目がないワタシです。こちらの方のブログを読んで「ついに突然変異種誕生!?」「25年間待っていた甲斐があったか!」と、思わず全力疾走で映画館に駆けつけました。"堀北真希の美少女力炸裂!異次元の映画『誰かが私にキスをした』-俺の邪悪なメモ"(勝手リンクご...... [続きを読む]

« 「18倫 アイドルを探せ!」 | トップページ | 「ハート・ロッカー」 »