2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「ブルーノ」 | トップページ | 「肉食系女子。」 »

2010年3月29日 (月)

「TEKKEN 鉄拳」

Tekken  不思議なことにゲームの映画化で成功した作品は異常に少ない。
 そもそもゲームはそれ自身が完成品であり、映像化や漫画化はどこまでいっても二次使用でしかない。
 まんま映像化すると、格好が安っぽいコスプレみたいになってしまうのは、ゲームがもともと記号化されたものだからであり、それを更に情報量の多い実写でやってしまえば、物足りないのは当然だ。
 しかし極めつけは、根本的にゲームは自分の意志で話が進められるのに対して、映画は自分の意志ではどうすることもできない。
 だから、ゲームの映画化はどこまでいっても物足りなさが残ってしまうのだ。
 そのため、ゲームの映画化は意外にハードルが高い。
 「映画はリセットできないからなあ」という感想はそこから出てきているのだろう。
 そんなわけで「鉄拳」映画化。
 母の敵討ちをするため史上最大の格闘技大会に出場した風間仁だが、復讐相手である三島財閥の総帥・三島平八には色々と因縁があった…という話なのだが、すいません、自分はこのゲームをやったことがありません。
 だから思い入れや登場人物の設定なんか映画以外の情報は全くない。
 基本的に格闘技系として観に行っただけだからだ。
 その意味ではまあまあかなあ。
 ちょっと細かく編集しすぎて状況がわからないところもあるが、昨今の流行だから仕方ないか。
 話は無理なところもあるあが、それぞれの因縁とかは昔の香港映画だとよくある話なのでOK!
 ゲーム的な衣装はお約束だが、それ程気にならなかった。
 むしろ三島平八のサリーちゃんのパパみたいな髪形の方が気になってしまう。
 というか、自分の場合、「DOA/デッド・オア・アライブ」や「「ストリートファイター ザ・レジェンド・オブ・チュンリー」も基本的にOKだったのでハードルが極めて低いのだ。
 出演が、これもゲームの映画化によくありがちな知らない俳優がテンコ盛り。
 監督は「アナコンダ2」のドワイト・リトル。
 続編作る気満々の終わり方だが、新作ができる時は何もかも一新していることだろうなあ。

参加してます。よろしくで~す
   

« 「ブルーノ」 | トップページ | 「肉食系女子。」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/47935547

この記事へのトラックバック一覧です: 「TEKKEN 鉄拳」:

» TEKKEN 鉄拳 [だらだら無気力ブログ]
『アナコンダ2』のドワイト・リトル監督が大ヒット格闘ゲームを映画化 したアクション映画。 母親を殺された主人公が復讐のために、史上最大の格闘技大会に出場して それを足がかりに仇を討とうとする様を描く。各国の政府が崩壊し、世界の各大陸を巨大財閥企業が支配する..... [続きを読む]

« 「ブルーノ」 | トップページ | 「肉食系女子。」 »