2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「カティンの森」 | トップページ | 「猿ロック THE MOVIE」 »

2010年3月 5日 (金)

「華鬼 三部作~響×桃子編」

Hanaoni  いきなり妊娠してギャルルを崩壊させてしまった辻ちゃん(B78-W62-H78←出産前)は、イメージ戦略を駆使して今やカリスマ主婦だ。
 しかし、実質誰にも迷惑をかけたわけでもないのに、タバコで人生目茶苦茶の加護ちゃん(B80-W60-H80)は、無理目の写真集を出したりしたが、変なところで常識があるテレビ番組の出演は難しいものがあり、結局は映画出演に活路を見いだしたようだ。
 そんな彼女が響×桃子編に出演!
 将来を約束した本当に好きだった鬼にふられた鬼の花嫁(加護ちゃん)の前に、鬼の頭・華鬼を失脚させようと企む堀川響(村井良大)という男が現われる。
 お互いの利益が一致した二人は協力し合うのだが…という話で、加護ちゃんはヒロインの桃子役を演じる。
 実は3本の中ではこれが一番面白い。
 加護ちゃんはかわいくないという設定で意中の鬼とはうまくいかず、極めて平凡な別の鬼とつきあったりしたりする。
 そしてお互いの利益のために組んでいるはずだった鬼に徐々にひかれていく。
 こう聞くと極めて普通の恋愛物の感じがするが、鬼が出てこようが基本設定が学園物だから仕方ないだろう。
 鬼が相手だろうが、ヒロインの行動がいかにも普通の女子にありそうなのでリアルなのだ。
 そして普通の女の子のいっぱいいっぱいの行動が、お約束とはいえ最後ちょっと感動してしまうわけやね。
 加護ちゃんがかわいくない設定が妙に生々しく、そもそも彼女はモー娘の中にいてナンボのところがあって、ピンだとちょっと厳しい。
 だけど味のある女優になりそうなので、過去は過去ということで映画女優として邁進してほしい。

参加してます。よろしくで~す
   

« 「カティンの森」 | トップページ | 「猿ロック THE MOVIE」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/47515070

この記事へのトラックバック一覧です: 「華鬼 三部作~響×桃子編」:

« 「カティンの森」 | トップページ | 「猿ロック THE MOVIE」 »