2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「草食系男子。」 | トップページ | 「ニューヨーク,アイラブユー」 »

2010年3月13日 (土)

「シャネル&ストラヴィンスキー」

Chanelstravinsky  この1年はシャネル生誕100年ということで、3本の映画が公開だが、その最後を飾るのが、この映画だ。
 香水「No.5」の誕生には、シャネルとストラヴィンスキーの秘めた愛憎劇があった…という話でどこまで本当の話かわからないが、興味深い。
 ところが、3本の映画の中では一番つまらない。
 「ドーベルマン」のヤン・クーネンが監督なので、スタイリッシュな映像でガンガン見せていくものだと思っていたら、極めてオーソドックスな展開だった。
 確かに「No.5」の誕生秘話は面白いのだけど、ストラヴィンスキーとのドロドロとした関係はメインなのに物凄く退屈だ。
 最初、ストラヴィンスキーの自作「春の祭典」がボロクソに酷評されるが、自分も見ていてきつかったので、ここでテンション下がりまくり!
 ひとつ屋根の下で住むことになったシャネルとストラヴィンスキーが激しい恋に落ちるのはわかるのだが、禁断の恋の危うさみたいなものが描けていないのだ。
 それに、自分としては、シャネルがお針子から世界的なデザイナーになるまでのどてらい男のような立身出世物を期待してしまうので、この映画のような恋愛中心では物足りないのだ。
 出演はシャネル役はアナ・ムグラリスで、シャネルの広告モデルでもあるそうで、まあシャネルが全面協力なので当然の起用だろう。
 ストラヴィンスキー役はマッツ・ミケルセン。
 「007/カジノロワイヤル」で目から地を出していたル・シッフルと雰囲気が全く違う。(当たり前か)
 3本のシャネル映画の中ではアメリカの「ココ・シャネル」が一番面白かったかな。

参加してます。よろしくで~す
   

« 「草食系男子。」 | トップページ | 「ニューヨーク,アイラブユー」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/47795878

この記事へのトラックバック一覧です: 「シャネル&ストラヴィンスキー」:

» シャネル&ストラヴィンスキー [LOVE Cinemas 調布]
シャネル50周年記念作品としては『ココ・シャネル』、『ココ・アヴァン・シャネル』についで3作品目。『ドーベルマン』のヤン・クーネン監督が、シャネルとストラヴィンスキーの恋愛劇を軸に香水「N°5」の誕生秘話や「春の祭典」再演にかける想いを綴った作品だ。主演は『そして、デブノーの森へ』のアナ・ムグラリスと、『誰がため』のマッツ・ミケルセン。... [続きを読む]

» シャネル&ストラヴィンスキー [風に吹かれて]
芸術家同士の恋はあったのか公式サイト http://chanel-movie.comR181913年、パリのシャンゼリゼ劇場。イゴール・ストラヴィンスキー(マッツ・ミケルセン)は、《春の祭典》の初演を [続きを読む]

« 「草食系男子。」 | トップページ | 「ニューヨーク,アイラブユー」 »