2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「バグダッド・カフェ<ニュー・ディレクターズ・カット版>」 | トップページ | 「ラブリーボーン」 »

2010年2月 4日 (木)

「ゴールデンスランバー」

Goldenslumber  仙台を舞台に首相暗殺の濡れ衣を着せられた男の逃亡劇!
 伊坂幸太郎の小説の映画化。
 濡れ衣を着せられた男の話なので、「私は貝になりたい」のような陰湿な話かと思いきや、意外に明るい展開だった。
 原作は未読なのでどうかは知らないが、演出がテンポ良く、さらには登場人物が誰もが色々な意味で<前向き>だからだろう。
 しかし、何より主演の堺雅人がさわやかで明るい。
 まあ彼が演じると半分以上は深刻でもそんな感じが全くしないのだが、この映画ではそれがプラスに働き、悩んでいるのに絶望はせずひたすら前向きで何とかしようとしている姿が必要以上に暗い展開にならないようしている。
 さらに、彼を助ける通り魔(?)が「羊たちの沈黙」のレクター博士を思わせるものがあり面白い。
 正に人さえ殺さなければいい奴なのだ。
 演じている濱田岳がハマリ役で、「整形じゃなかったら、こんなにデコ広いわけないじゃん」の自虐的セリフがツボだった。
 ショットガンを撃つ時に必ず防音対策をする永島敏行のたーミネーターのような加減なしの行動も良い。
 他にも竹内結子(B80-W60-H82)、劇団ひとり、 貫地谷しほり(B83-W58-H82)などキャラ立ちまくりだ。
 だけど、自分はすぐに相武紗季(B80-W60-H85)には気づかなかった。
 あと、予告編で目立つ吉岡秀隆の出番は少ないので、彼目当てだと肩透かしかもしれない。
 話は細かい伏線を回収し、小道具の使い方もうまいのだが、反面適当なところもあって、さらには最後までわからないこともあり、ハリウッド映画のような大逆転を期待すると、すっきりしないものがある。
 友情の描き方も少年漫画みたいな感じだ。
 だけど、面白いから困ってしまう。
 主人公が地下の下水道を伝って逃げているのだが、自分も仕事で雨水管の中を歩いたことがるのだが、実は意外に広い。
 しかし、地図があってもうまく歩けない。
 やっぱり人間は知らず知らずのうちに何か目印をつけて動いているわけやね。
 監督は「アヒルと鴨のコインロッカー」や「フィッシュストーリー」など伊坂幸太郎作品の御用達のイメージが強い中村義洋。
 ツッコミ所はあるのだが、普通の一般市民の逃亡劇と考えると、ある意味リアルなのかもしれない。
 しかし、何より登場人物のキャラが立っていると少々のツッコミ所はあまり気にならない。
 その意味では「たいへんよくできました」の判子はもらえる映画だと思う。

参加してます。よろしくで~す
   

« 「バグダッド・カフェ<ニュー・ディレクターズ・カット版>」 | トップページ | 「ラブリーボーン」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/47472091

この記事へのトラックバック一覧です: 「ゴールデンスランバー」:

» ゴールデンスランバー [LOVE Cinemas 調布]
伊坂幸太郎が2008年の本屋大賞と山本周五郎賞を受賞したベストセラー小説の映画化。監督は『アヒルと鴨のコインロッカー』、『フィッシュストーリー』と伊坂作品お馴染みの中村義洋。主演はこれまた中村監督の『ジェネラル・ルージュの凱旋』で共演した堺雅人と竹内結子。他には吉岡秀隆、劇団ひとり、香川照之、柄本明を始めとする人気俳優が揃っている。伊坂作品常連の濱田岳も健在だ。 ... [続きを読む]

» 【ゴールデンスランバー】アビーロードに打ち上げ花火 [映画@見取り八段]
ゴールデンスランバー 監督: 中村義洋 原作: 伊坂幸太郎    出演: 堺雅人、竹内結子、濱田岳、吉岡秀隆、劇団ひとり、    香川照... [続きを読む]

» ゴールデンスランバー [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『無実の男、首相暗殺犯に断定』  コチラの「ゴールデンスランバー」は、The Beatles最後のアルバム「Abbey Road」に収められている「Golden Slumber」をモティーフに仙台で凱旋パレードをしていた首相暗殺事件の犯人に仕立てられた男の逃走劇を描いた伊坂幸太郎の同名...... [続きを読む]

» 舞台挨拶へ行けなかったので1000円で見てきた『ゴールデンスランバー』 [|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο]
基本、キャストが見られないと映画を見ない人w 今回は、速記というよりただ書き殴ったメモから、エジプトの象形文字を解読するようにしてお届けする、超アナログ式そんじょそこらの映画サイトやワイドショー、芸能誌、スポーツ新聞より無駄に詳しい舞台挨拶レポート...... [続きを読む]

» ゴールデンスランバー (堺雅人さん) [yanajunのイラスト・まんが道]
◆堺雅人さん(のつもり) 堺雅人さんは、伊坂幸太郎さんの同名小説を中村義洋監督が映画化した『ゴールデンスランバー』に青柳雅春 役で出演しています。先日、劇場に観に行きました。●導入部のあらすじと感想... [続きを読む]

» ゴールデンスランバー [Lovely Cinema]
JUGEMテーマ:映画館でみました!無実の男、首相暗殺犯に断定誰が、彼を救えるのか。 [続きを読む]

» ゴールデンスランバー [だらだら無気力ブログ]
2008年の本屋大賞や山本周五郎賞を受賞した人気作家・伊坂幸太郎の同名 ベストセラーを『アヒルと鴨のコインロッカー』『フィッシュストーリー』 に続いて中村義洋監督が映画化。 仙台を舞台にある日、首相暗殺犯の濡れ衣を着せられた男が、決死の 逃避行をする様をスリリ..... [続きを読む]

» 『ゴールデンスランバー』 [『映画な日々』 cinema-days]
首相暗殺容疑を掛けられた 30男の逃走劇とそれを助ける仲間たち 【個人評価:★★★☆ (3.5P)】 (劇場鑑賞) 原作:伊坂幸太郎の同名小... [続きを読む]

» No.202 ゴールデンスランバー [気ままな映画生活]
仙台での首相パレード中に起きた爆破事件。 そこに出くわした一般市民が暗殺犯人に仕立て上げられる。 10年ぶりに再会した友人から、”オズワルド”にされるぞ… (ジョン・F・ケネディ暗殺事件で犯人にされた人物) と告げられ、爆破が起こり訳も分からず警官から逃げる... [続きを読む]

» 「ゴールデンスランバー」とりあえず逃げろ! [soramove]
「ゴールデンスランバー」★★★★ 堺雅人、竹内結子、吉岡秀隆、劇団ひとり、香川照之主演 中村義洋 監督、139分 、 2010年1月30日公開、2009年、東宝 (原題:ゴールデンスランバー)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← この映画にリアリティなんて求めてはいけない。 「宅配ドライバーの青柳(堺雅人)は、 そんなに簡単に人を信じるなという言葉を 久し振りに会った友人から言... [続きを読む]

» ゴールデンスランバー [~映画盛り沢山~]
監督:中村義洋  原作:伊坂幸太郎  脚本:中村義洋/林民夫  撮影:小松高志  編集:阿部亙英 出演:堺雅人/竹内結子/吉岡秀隆/劇団ひとり 公開年:2010年  製作国:日本  上映時間:139分 ******************** 2010年20本目 新宿ピカデリーで観てきました ご無沙汰しておりました。 ネットが無事復旧したので早速書きます。 観たのがもう4、5日前なので細かいところはうろ覚えだったりするのですが、一応その時に感じたことだけはメモってあるのでそれをもとに... [続きを読む]

» 「ゴールデンスランバー」 イメージに踊らされるな [はらやんの映画徒然草]
伊坂幸太郎さん原作の映画化は三度目となる中村義洋監督作品。 「アヒルと鴨のコイン [続きを読む]

» 『ゴールデンスランバー』 片目を開けて眠れるか? [映画のブログ]
 " きっと、つながる " というコピーのもと『フィッシュストーリー』が公開され、『サマーウォーズ』では " 「つながり」こそが、ボクらの武器... [続きを読む]

» ゴールデンスランバー [★試写会中毒★]
満 足 度:★★★★★★★☆☆☆    (★×10=満点)      試写 にて鑑賞      10年01月30日公開   監  督:中村義洋 キャスト:堺雅人       竹内結子       吉岡秀隆       劇団ひとり、他 ■内容■  凱旋パレ... [続きを読む]

» ゴールデンスランバー 原作の世界で忠実に作り込むとやはりいいのだ! [労組書記長社労士のブログ]
【 {/m_0167/}=11 -4-】 上映時間が17時20分からとちょっと平日には行きにくい時間のこの映画、今日は仕事だったので、だから海は無し、そのおかげで封切りしてかなり時間が経ってからながらようやく今日観に行けた。 以前に友人が貸してくれたので読んだ原作、むちゃくちゃはまってしまった伊坂幸太郎。 あのときの記事では「この作品は映画化はよした方がいいのかな?」と書いてしまったので(この記事→2008/10/3)、今回の映画化作品を観に行くのはドキドキもんだ(; ̄ー ̄A アセアセ・・・  首... [続きを読む]

» [映画][2010年]ゴールデンスランバー [タニプロダクション]
ゴールデンスランバー 作者: 伊坂幸太郎 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2007/11/29 メディア: ハードカバー 購入: 9人 クリック: 303回 この商品を含むブログ (735件) を見る いまに始まったわけじゃないけど、基本的に日本映画の特にメジャー作品はテレビ番組の映画化が... [続きを読む]

« 「バグダッド・カフェ<ニュー・ディレクターズ・カット版>」 | トップページ | 「ラブリーボーン」 »