2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「ゴールデンスランバー」 | トップページ | 「パラノーマル・アクティビティ」 »

2010年2月 5日 (金)

「ラブリーボーン」

Lovelybones  予告編の「私はスージー・サーモン。お魚みたいな名前でしょ」のセリフが頭に残ってしまう。
 おそらく日本だと、タイコ、イクラ、タラオ、カツオ、マスオみたいな感じなのだろう。
 14歳で近所の殺人鬼に殺された少女の話で、予告編を見ると「ゴースト/ニューヨークの幻」みたいに、幽霊になって事件を解決する話かなあと思い込んでいたら、全く違った。
 時には霊感の強そうな人が彼女の気配をぼんやり感じているのだが、それだけで彼女のイタコ的な役割をしているわけではい。
 つまり至極当たり前のことあのだが基本的に死んだら何もできないのだ。
 ここで最後は殺人鬼を殺して恨みをはらすみたいなものを期待すると超肩透かしだ。
 この映画は愛する人を失った残された人達がいかに再生していくかを描くのがメインであり、主人公のスージー・サーモンさえも実は立ち直りつつある人々を見守る狂言回し的な存在にしかすぎないのだ。
 ところが「ロード・オブ・ザ・リング」や「キングコング」など大作三昧の監督ピーター・ジャクソンと製作総指揮がスティーヴン・スピルバーグだとVFXテンコ盛りの物凄い娯楽作品だとイメージしてしまう。
 確かに死後の世界の映像は凄い。
 しかし、それはあくまで心象風景であり彼女のイメージでしかない。
 何故なら、あの世界にはルールなどが明確に提示されていないからだ。
 基本はあくまで、娘を亡くした家庭の再生への道程なのだ。
 そうわかっていても、この映画はすっきりしたものはなく、特に殺人鬼についても煮え切らないものがあるのだがある。
 せめて…と思う反面実際はこんなものなのかもしれない。
 主演のシアーシャ・ローナンはかわいいけど、自分は妹のがっちりした体型の方が好きだ。
 父親役をず~っとケヴィン・ベーコンだと思っていたら、マーク・ウォールバーグだった。(笑)

参加してます。よろしくで~す
   

« 「ゴールデンスランバー」 | トップページ | 「パラノーマル・アクティビティ」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/47480233

この記事へのトラックバック一覧です: 「ラブリーボーン」:

» [映画][2010年]ラブリーボーン [タニプロダクション]
「私は、スージー・サーモン お魚みたいな名前でしょ」 劇場予告のあのナレーションが妙に耳に残る作品。監督は名匠ピーター・ジャクソン監督。 乙女の祈り [DVD] 出版社/メーカー: 松竹ホームビデオ 発売日: 2004/11/25 メディア: DVD クリック: 7回 この商品を含むブログ... [続きを読む]

» ラブリーボーン [LOVE Cinemas 調布]
アリス・シーボルドのベストセラー小説を『ロード・オブ・ザ・リング』のピーター・ジャクソン監督が映画化。製作総指揮にスティーヴン・スピルバーグも参加している。わずか14歳で殺された少女の魂と、残された家族双方の再生を描いたファンタジードラマだ。出演は『つぐない』のシアーシャ・ローナン、マーク・ウォールバーグ、レイチェル・ワイズ。... [続きを読む]

» ラブリーボーン [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『私は14歳で殺された─。 これは、私が天国に行ってからのお話。』  コチラの「ラブリーボーン」は、アリス・シーボルトの同名ベストセラー小説を映画化した1/29公開のファンタジー・サスペンスなのですが、早速観て来ちゃいましたぁ〜♪なんと言っても注目は、「「....... [続きを読む]

» ラブリーボーン/ THE LOVELY BONES [我想一個人映画美的女人blog]
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 「ロード・オブ・ザ・リング」の監督、ピーター・ジャクソン最新作! 先日行われた試写にて鑑賞☆公開は今月末。 14歳の少女、スージーには「つぐない」でキーラ・ナイトレイよりも主演じゃ?ってほどの演技でアカデミー賞、 助演女優賞ノミネートされインパクトを残したシアーシャ・ローナン。 全世界30か国以上で1,00... [続きを読む]

» ラブリーボーン [★YUKAの気ままな有閑日記★]
2010年最初の感動大作―観て来ました〜【story】スージー・サーモン(シアーシャ・ローナン)は、14歳のときにトウモロコシ畑で殺されてしまう。そしてスージーは天国にたどり着くが、父(マーク・ウォールバーグ)は犯人探しに明け暮れ、母(レイチェル・ワイズ)は愛娘を守れなかった罪悪感に苦しむ。崩壊していく家族の姿を見てスージーは―     監督 : ピーター・ジャクソン 『ロード・オブ・ザ・リング』     製作総指揮 : スティーヴン・スピルバーグ     【comment】            ... [続きを読む]

» ラブリーボーン [小泉寝具 ☆ Cosmic Thing]
 アメリカ&イギリス&ニュージーランド  ドラマ&ファンタジー&サスペンス  監督:ピーター・ジャクソン  出演:シアーシャ・ローナン      マーク・ウォールバーグ      レイチェル・ワイズ      スーザン・サランドン 【物語】  スージー・サーモンという...... [続きを読む]

» ラブリーボーン [だらだら無気力ブログ]
nbsp; 『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズののピーター・ジャクソン監督が アリス・シーボルトの同名ベストセラーを映画化。 14歳で殺害された少女が、残された家族が崩壊して再生していく様を 見守りつづけていく姿をファンタジックに描く。夫婦仲が円満な両親と..... [続きを読む]

» ラブリーボーン [風に吹かれて]
骨はどこ公式サイト http://www.lovelyb.jp同名小説(アリス・シーポルト著)の映画化監督: ピーター・ジャクソンスージー・サーモン(シアーシャ・ローナン)、14歳。両親(マーク・ウォ [続きを読む]

» 家族愛よりも恋愛?『ラブリーボーン』 [水曜日のシネマ日記]
14歳で殺害されてしまった少女とその周囲の人間の様子を彼女の目線で描いた物語です。 [続きを読む]

» 「ラブリーボーン」え~と、何と申しますか…。 [シネマ親父の“日々是妄言”]
[ラブリーボーン] ブログ村キーワード  世界的大ベストセラーの映画化。しかもスピルバーグが製作総指揮、そんでもって監督はあのピーター・ジャクソン!「ラブリーボーン」(パラマウント ピクチャーズ ジャパン)。これで期待するなって方がムリでしょ?おまけに宣伝であれだけ『泣ける!』って煽られたらね~。  スージー・サーモン(シアーシャ・ローナン)は14歳。父・ジャック(マーク・ウォールバーグ)、母・アビゲイル(レイチェル・ワイズ)、妹、弟の4人家族で仲良く幸せに暮らしていた。或る日... [続きを読む]

» 「ラブリーボーン」胸に迫る想い [ノルウェー暮らし・イン・London]
今年ぜったい観たい!と思っていた映画。 結末はちょっと・・・・という声を聞いていたので、心して鑑賞。 結末がどうより、冒頭から胸に苦しく迫ってきて・・・・・ [続きを読む]

» 【映画】ラブリーボーン [新!やさぐれ日記]
▼動機 シアーシャ・ローナン ▼感想 見方は色々あるがどれをとっても破綻 ▼満足度 ★★★★☆☆☆ そこそこ ▼あらすじ スージー・サーモン(シアーシャ・ローナン)という魚の名前のような彼女は、14歳のときにトウモロコシ畑である者に襲われ、殺されてしまう。そしてスージーは天国にたどり着くが、父(マーク・ウォールバーグ)は犯人探しに明け暮れ、母(レイチェル・ワイズ)は愛娘を守れなかった罪悪感に苦しむ。 ▼コメント 多分、かなり辻褄の合ってない映画だと思う。 色々な見方ができる映... [続きを読む]

» ラブリーボーン [Movies 1-800]
The Lovely Bones (2009年) 監督:ピーター・ジャクソン 出演:シアーシャ・ローナン、マーク・ウォールバーグ、レイチェル・ワイズ、スタンリー・トゥッチ アリス・シーボルトの全米ベストセラー小説の映画化で、殺害された14歳の少女が、地上と天国の間の不思議な空間に留まり、家族と犯人を見つめているというファンタジー。 何故、少女が天国の手前で留まることになったかと言うと、まだ地上で遣り残したことがあったからで、それは何かというのが本作のメインテーマとなっている。 そして、それは当人も... [続きを読む]

» 「ラブリーボーン」感想 [狂人ブログ 〜旅立ち〜]
 アリス・シーボルト原作。1973年12月6日、14歳で殺されたスージー・サーモンは、現世と天国の間から、家族や友人、初恋相手、そして自分を殺した犯人を見守る。  幽霊モノ、あるいは「実は主人公は死んでいた」というオチの作品は多々あるが、殺された側から...... [続きを読む]

» ラブリーボーン [映画、言いたい放題!]
話題になってますね。 主演のシアーシャ・ローナンは、 「つぐない 」がとても良かったので楽しみです。(^^) 家族に愛され、恋に胸をときめかす14歳のスージー・サーモンは、 近所に住む男に殺されてしまう。 父は犯人捜しに明け暮れ、 母は愛娘を失った苦みに耐えき... [続きを読む]

» 「ラブリーボーン」喪失と可能性を秘めたファンタジー [soramove]
「ラブリーボーン」★★★★ マーク・ウォールバーグ、レイチェル・ワイズ、スーザン・サランドン、シアーシャ・ローナン主演 ピーター・ジャクソン 監督、135分、 2010年1月29日公開、2009,アメリカ,パラマウント (原題:THE LOVELY BONES)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「スージーは14歳で近所に住む男に殺害された、 この世とあの世の中間の天上から まだ終... [続きを読む]

» ラブリーボーン / 60点 / THE LOVELY BONES [ゆるーく映画好きなんす!]
P・ジャクソン監督のやりたいことをやる姿勢は嫌いじゃないけど・・・ 『 ラブリーボーン / 60点 / THE LOVELY BONES 』 2009年 アメリカ/イギリス/ニュージーランド 135分 監督 : ピーター・ジャクソン 製作総指揮 : スティーヴン・スピルバーグ... [続きを読む]

» 「ラブリーボーン」 死により生を描く [はらやんの映画徒然草]
これは、私が天国に行ってからのお話。 日常の生活で生きていることを素晴らしい、と [続きを読む]

» 映画:ラブリーボーン [よしなしごと]
 話題の感動作と前評判も好評だったラブリーボーンをようやく観てきました。 [続きを読む]

» ラブリーボーン [小部屋日記]
The Lovely Bones(2009/アメリカ=イギリス=ニュージーランド)【Blu-ray】 監督:ピーター・ジャクソン 出演:マーク・ウォールバーグ/レイチェル・ワイズ/スーザン・サランドン/スタンリー・トゥッチ/マイケル・インペリオリ/シアーシャ・ローナン 私は、スージー・サーモン あの日、私は14歳で殺された― これは、私が天国に行ってからのお話。 アリス・シーボルトのベストセラー小説「ラブリー・ボーン」を、「ロード・オブ・ザ・リング」のピーター・ジャクソン監督が映画化したファン... [続きを読む]

« 「ゴールデンスランバー」 | トップページ | 「パラノーマル・アクティビティ」 »