2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「ハンナ・モンタナ/ザ・ムービー」 | トップページ | 「バレンタインデー」 »

2010年2月22日 (月)

「ボーイズ・オン・ザ・ラン」

Boysontherun  29歳独身・素人童貞の田西敏行は小さな玩具メーカーで働くガチャガチャの担当だ。
 会社の同僚ちはるに思いを寄せられるも、元来の性格の弱さと女慣れしていないのが災いしうまくいかない。
 ライヴァル会社のの青山に相談したはいいが、逆に寝取られてしまう。
 ちはるがもてあそばれたことを知った田西は青山を殴りにいくことにするが…。
 「ビッグコミックスピリッツ」の花沢健吾の漫画の映画化。
 とにかく主人公の田西のダメっぷりにイライラ感が募ってくる。
 しかし、一方ではリアリティがありすぎて人によっては痛々しいものを感じるだろう。
 さらにちはるのダメ女ぶりも見事で、これもそういう要素があったんだろうなあと考えるとリアルだ。
 またこの2人が本来ならうまくいくはずなのに、そうならないところが本当の意味で運命で、すれ違いはやり直しが効かないのだ。
 そして青山を見て、男はかっこよくないとどうしようもないことを改めて実感!
 そもそもいくらちはるがもてあそばれたといっても本人も納得しているし、だからこそ田西が青山と決闘した後に、彼女が心配したのが青山の身だったりする。
 一方、さえない男がどれだけ頑張ろうが、そういうのが報われるのは少年漫画の世界だけで、実際には重くて痛々しいだけなのかもしれない。
 だけど、そんな状況で他人にはわからなくても自分的に少しでも成長があればいいわけで、この映画はそこらへんの情けなくてみじめな、それでいて実際にはありそうな、もっといえば、本当はそんな小さなことさえもありえないかもしれない現実をうまく描いた遅咲き青春映画なのだ。
 主演は銀杏BOYZの峯田和伸。
 この映画を観ると田西役は彼以外考えられない。
 ちはる役の黒川芽以(B110-W66-H99→あ、これはAV女優の小林芽衣だ)は、「グミ・チョコレート・パイン」といい、青春映画のダークサイドのヒロインだ。
 「いいよ、フェラチオくらい」のセリフは笑えるよりも泣ける。
 青山役の松田龍平の悪役っぷりが見事で、将来は「ブラックレイン」の親父のような役を演じて欲しい。
 その他、YOUのようなソープ嬢は実際にいるのでギャグではないので、念のため。
 最後の殴り込みが会社規模になってお互い上司が承認しているところがもはや学園喧嘩物みたいになってきており、結局話の根底は青春映画なんよね。
 この映画と「(500日)のサマー」は2010年の痛々しい青春映画の代表だな。

参加してます。よろしくで~す
   

« 「ハンナ・モンタナ/ザ・ムービー」 | トップページ | 「バレンタインデー」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/47631446

この記事へのトラックバック一覧です: 「ボーイズ・オン・ザ・ラン」:

» ボーイズ・オン・ザ・ラン [LOVE Cinemas 調布]
ビッグコミックスピリッツに連載されていた花沢健吾の人気漫画を映画化。30代手前の不器用で冴えない男・田西敏行のみじめな恋と報われない日常をコミカルに描いた青春ドラマだ。主演は銀杏BOYZのボーカル・峯田和伸。共演は『グミ・チョコレート・パイン』の黒川芽衣、『蟹工船』の松田龍平。監督は劇団「ポツドール」の主宰・三浦大輔が初メガホンをとる。... [続きを読む]

» 「ボーイズ・オン・ザ・ラン」 [お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 ]
 2010年:日本/ファントム・フィルム配給 監督:三浦 大輔 原作:花沢 健吾 脚本:三浦 大輔 雑誌「ビッグコミック・スピリッツ」に連載の花沢健吾原作のコミックを、これが初メガホンとなる、劇団「ポ... [続きを読む]

» ボーイズ・オン・ザ・ラン [C'est joli〜ここちいい毎日を〜]
ボーイズ・オン・ザ・ラン09:日本◆監督:三浦大輔◆出演:峯田和伸、黒川芽以、松田龍平、YOU、小林薫◆STORY◆弱小玩具メーカーに勤める29歳の田西は、サエない日々を送っている。商品企画部の同僚・ちはるに恋をしているが、どうアプローチしていいかわから....... [続きを読む]

« 「ハンナ・モンタナ/ザ・ムービー」 | トップページ | 「バレンタインデー」 »