2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「真幸くあらば」 | トップページ | 「BANDAGE バンデイジ」 »

2010年1月16日 (土)

「マッハ!弐」

Mach  そりゃあジャッキー・チェンだって、50歳を回っているんだから、70年代の動きを要求されたら無茶と言うものだ。
 むしろ、あの年齢であの動きは凄いと思う。
 じゃあ、次の時代を担うアクションスターはというと、これが難しく、ここ最近はVFXやワイヤーアクションでそれなりにアクションができてしまう。
 だけど、自分が求めているのは加減を知らない生身のアクションだ。
 しかし、昨今の事情では組合とかの関係で、一歩間違えれば大怪我のようなアクションは極めて少ない。
 しかし、かつての熱かった時代の香港映画のようなアクションをやりつづけているのがタイ映画で、その中でもトニー・ジャーは間違いなくトップスターだ、
 そんな彼が得意のムエタイだけでなく、カンフーや酔拳、日本刀などの武器を使用したアクションに挑戦!
 家臣の裏切りで国王とその妻が殺され、息子だけが山賊に救われる。
 山賊によりあらゆる格闘技を学んだ彼は両親の復讐をするために旅に出る…。
 生身のアクションが迫力があれば、話は申し訳程度でいいと思っている。
 この映画も両親の敵討ちという極めてシンプル設定で、あとはひたすらトニー・ジャーが暴れていてくれればOKなはずなのである。
 ところが、どういうわけかタイミングが悪いところに回想シーンがあったりしてテンポが物凄く悪くなっている。
 アクションに至るまでの流れがきれいでないのだ。
 またトニー・ジャーのアクションも本人は目一杯生身で頑張っているに編集にキレがないので迫力に欠けるものがある。
 もっというと、登場人物全員が似たような小汚い格好なのでわかりにくい。
 ヒロインの「こち亀」の両さんみたいな眉毛の上のメイクにはドン引きだ。
 しかし、何よりも終わり方には驚き!
 あの終わり方はダメだろう。
 トニー・ジャーは監督もやっているのだが、演出は他の人に任せてアクションに専念した方がいいぞ。
 あと象に乗るところが「怪獣王子」を思い出したんだけど、自分だけ?

参加してます。よろしくで~す
   

« 「真幸くあらば」 | トップページ | 「BANDAGE バンデイジ」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/47304816

この記事へのトラックバック一覧です: 「マッハ!弐」:

» マッハ!弐 [LOVE Cinemas 調布]
映画『マッハ!』の主演俳優トニー・ジャーが自ら監督・主演・原案を務めた同作第2弾。ただし第2弾とはいっても内容的につながりはない。CGもワイヤーも使わないガチンコアクションの迫力が売りの作品だ。監督と原案には前作『マッハ!』のアクション監督を務めたパンナー・リットグライが共同で参加している。ムエタイだけでなく中国拳法、武器、果ては日本の居合いまでもが登場するアクションシーンは圧巻。... [続きを読む]

» マッハ!弐 [だらだら無気力ブログ]
CGなし、ワイヤーなしをウリにした過激なアクションで人気を博した トニー・ジャー主演の『マッハ!』の第2弾。今回は、トニー・ジャー自身が 監督・原案・武術指導・主演をこなし、両親を殺された王国の王子が武術を 身につけて復讐を遂げる様を描いたアクション映画。..... [続きを読む]

» [映画][2010年]マッハ!弐 [タニプロダクション]
前からずーっと楽しみに待ってたのに、思いのほか上映館数が少なくて危うく忘れるところでした。 新宿シネマスクエアとうきゅう 本当に、新年に映画館で観るにふさわしい映画といった感じでした! もう既に途中から泣きながら観てました。期待はしていたけどこんなに素晴ら... [続きを読む]

» マッハ! 弐 [小泉寝具 ☆ Cosmic Thing]
 タイ  アクション  監督:トニー・ジャー  出演:トニー・ジャー      ソーラポン・チャートリー      ダン・チューポン      ペットターイ・ウォンカムラオ 【物語】  15世紀のタイ。アユタヤ王国の侵略が進み、東の王国の国王とその妻が 暗...... [続きを読む]

» 「マッハ!弐」超絶技健在!悪役顔が惜しい [soramove]
「マッハ!弐」★★★★ トニー・ジャー、プリムター・デットウドム、ソラポン・チャートリー出演 パンナー・リットグライ、トニー・ジャー監督、98分 、 2010年1月9日公開、2008年、タイ (原題:ONG-BAK2)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「トニー・ジャーという名前もだいぶ覚えた、 最初の『マッハ!』の笑えて痛い予告編は強く印象に残った、 前売りを買うとムエタイの技... [続きを読む]

« 「真幸くあらば」 | トップページ | 「BANDAGE バンデイジ」 »