2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「かいじゅうたちのいるところ」 | トップページ | 「今度は愛妻家」 »

2010年1月19日 (火)

「ソフィーの復讐」

Sophie  人気女流マンガ家のソフィーは外科医の恋人からプロポーズされて幸せの絶頂だったが、彼は手術を担当した映画女優と恋に落ちてしまう。
 結婚式まで2ヵ月の間に彼を奪い返して今度は自分が振る計画を立てるソフィーだったが…。
 すっかり大女優になり大作や話題作の出演が多いチャン・ツィイーの久しぶりのユルユルラブコメ映画。
 ソフィーが考える計画も60年代の少女漫画でもやらないようなものばかりだし、同じように恋人にふられた男と協力してお互いの相手を何とかしようとしているうちに、魅かれ合っていくとか、あまりにもベタな展開。
 それらをCGを多用したイメージ映像を使って見せていくのだが、ますます話が安っぽくなってしまっているのだ。
 この映画の魅力は何かといえばチャン・ツィイーの魅力しかなく、彼女の彼女による彼女のための彼女がキュートに見えるアイドル映画でしかないのだ。
 さすがにダサい格好でもかわいく見えるし、きちんと決めれば正に無敵の美しさだ。
 もっとも役柄の雰囲気と彼女の年齢が合致しない感じもしないのだが、彼女だったら例えビニ本のモデル状態になっても女学生はOKだ。
 共演は演はソ・ジソブ、ファン・ビンビン、ピーター・ホー。
 何故韓国俳優が?と思ったら中国と韓国の合作だった。
 チャン・ツィイー絶対主義の映画なのに、意外にもライヴァル役のファン・ビンビンがかわいいと思ってしまった、すいません。
 あと、主人公が売れっ子漫画家って設定なのに、あの絵柄で売れっ子というのは嘘だろう…っていうか、漫画家じゃなくてイラストレーターじゃないの?

参加してます。よろしくで~す
   

« 「かいじゅうたちのいるところ」 | トップページ | 「今度は愛妻家」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/47332340

この記事へのトラックバック一覧です: 「ソフィーの復讐」:

» ソフィーの復讐 [LOVE Cinemas 調布]
『ホースメン』のチャン・ツィイーが送るラブコメディ。結婚1ヶ月前に振られた漫画家ソフィーが、恋人を取り戻そうと様々な作戦を展開する。共演に『映画は映画だ』のソ・ジソブ、『墨攻』のファン・ビンビン、『着信アリ2』のピーター・ホーが出演。脚本・監督はエヴァ・ジン。チャン・ツィイーのキュートなコメディエンヌぶりに注目だ。... [続きを読む]

» ソフィーの復讐 [だらだら無気力ブログ]
結婚間近に恋人にフラれた女性が、元彼を今の彼女から取り戻し、その上で こっちから元彼をフッて復讐しようと悪戦苦闘する様をコミカルに描いた ロマンティックコメディ。 自分をフった恋人を取り戻そうとする女性・ソフィーを中国四大女優の一人 であるチャン・ツィイー..... [続きを読む]

» ソフィーの復讐 非常完美 [まてぃの徒然映画+雑記]
章子怡(チャン・ツーイー)の魅力満載!ソフィー(章子怡)は売れっ子漫画家。テレビの対談番組で自分の体験を元に漫画を描いたことを明かす。その体験とは、結婚直前で振られた恋人を何とかして取り戻そうとするもの。ジェフ(ソ・ジソブ)とソフィーは恋人同士で結婚式...... [続きを読む]

« 「かいじゅうたちのいるところ」 | トップページ | 「今度は愛妻家」 »