2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「釣りバカ日誌20 ファイナル」 | トップページ | 「よなよなペンギン」 »

2010年1月 7日 (木)

「ドゥーニャとデイジー」

Photo  昨今、テレビ番組の映画化が多いのだが、実はこの映画もそうらしいのだが、見終わってチラシ等の解説を見るまで全く知らなかった。
 それもそのはず、オランダのTVシリーズの映画化なのだから。
 ひょっとして生まれて初めて観るオランダ映画かも!
 そもそもオランダそのものが馴染みがないというか、おそらく「オールスター家族対抗歌合戦」の協力にKMNオランダ航空がついていたことを思い出すくらいだ。
 オランダのアムステルダム暮らす、チャキチャキのオランダ娘デイジーはシングルマザーに育てられた奔放な女の子。
 モロッコ移民の子で厳格なイスラム教徒の家庭で育ったドゥーニャは、シャイで大人しい女の子。
 そんな2人はかけがえのない親友同士だ。
 18歳になったドゥーニャは嫌々ながら見合いをするため家族でモロッコへ里帰りすることになる。
 一方、妊娠してしまったことが発覚して悩むデイジーはモロッコにいるらしい実の父に会うために旅立つ。
 その後は、2人は合流し、時には喧嘩をしながら、デイジーの父親探しのロードムービーになる。
 ベースになるテレビドラマは知らないが、この映画だけでも十分設定はわかるし、実は真っ当な自分探しの青春物になっている。
 ある程度年を取ると若い2人の気持ちも、彼女たちの親の気持ちもわかってしまうのだ。
 ただ、モロッコからの移民というのがオランダでは普通のことなのかどうかはよくわからないが、日本からだと地の果てにあるようなモロッコに意外に簡単に行けてしまう距離なのにはちょっと驚いた。
 しかし、この映画は何よりもドゥーニャ役のマリアム・ハッソーニがかわいく、「ラ・ブーム」でソフィー・マルソーが初めて出てきた時を思い出した。
 おそらく、今は休刊中の「ロードショー」があれば無理無理盛り上げてアイドルにしてしまっただろう。
 監督はドラマ版の監督であるダナ・ネクスタン…というか、監督だけでなく出演者を含めて全く知らない。
 ただちょとTVシリーズは観たいので、BSでもスカパーでもいいから放送してほしい。

参加してます。よろしくで~す
   

« 「釣りバカ日誌20 ファイナル」 | トップページ | 「よなよなペンギン」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/47215801

この記事へのトラックバック一覧です: 「ドゥーニャとデイジー」:

» ドゥーニャとデイジー [風に吹かれて]
モロッコを巡り 生き方を決める公式サイト http://www.dunya-desie.com オラ [続きを読む]

« 「釣りバカ日誌20 ファイナル」 | トップページ | 「よなよなペンギン」 »