2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「キャピタリズム マネーは踊る」 | トップページ | 「真幸くあらば」 »

2010年1月14日 (木)

「ライブテープ」

Livetape  元日の吉祥寺をミュージシャン・前野健太がギター1本で歌い歩く姿を74分ワンカット一本撮りの音楽映画。
 1カットの映画って多くの監督が一度はやってみたいのだと思う。
 ところが自分は長回しというのが好きではなく、特に引いた絵での長回しが嫌いだ。
 だから昔は相米慎二監督の映画が大嫌いで、今でも「セーラー服と機関銃」は細かくカット割りをしたらテンポが良くなってもっと面白いと思っている。
 さすがに、今は好きではないが、わかるようになってきたので昔ほどでもないにしても、やっぱり長回しは好きではない。
 しかし、この映画は歩き回るミュージシャンと一緒にカメラマンも動いており、それでいて飽きさせない絵を作っている。
 歌ったり語ったりしているうちに最終目的地である井の頭公園に到着した時に、その仕掛けに納得!
 ああ、なるほど、そういうことか~と納得。
 ちょっと感動した。
 自分は前野健太をこの映画で初めて知ったのだが、歌が面白くて笑えた。
 特に失楽園の歌はおかしくて、おそらく彼がその世代なんだろうなあと思った。
 監督は「童貞。をプロデュース」や「あんにょん由美香」の松江哲明。
 この映画を観て真似しようとする自主映画作家の人もいるだろうが、相当テクニックと体力がいるのでやめた方がいいと思うぞ。

参加してます。よろしくで~す
   

« 「キャピタリズム マネーは踊る」 | トップページ | 「真幸くあらば」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/47223676

この記事へのトラックバック一覧です: 「ライブテープ」:

« 「キャピタリズム マネーは踊る」 | トップページ | 「真幸くあらば」 »