2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「BANDAGE バンデイジ」 | トップページ | 「ソフィーの復讐」 »

2010年1月18日 (月)

「かいじゅうたちのいるところ」

Kaiju_2  よくわからないけど不思議な島へとやって来た少年とかいじゅうたちが繰り広げる冒険!
 モーリス・センダックの世界的ロングセラー絵本をスパイク・ジョーンズ監督が実写映画化。
 思った以上に単調でつまらない…いやそれ以上に辛い。
 観ていて痛々しいのだ。
 とにかく主人公の少年が空気を読まず自己中で見ていて大変むかつく。
 これは子供の純真さではなく、無知で世の中が自分中心に回っていると思い込んでいる身勝手さなのだ。
 そして彼が会うかいじゅうも実は、彼の周りにいる大人を反映したものであり、それ故に彼が<王様>であったとしても、自分の思う通りには絶対にいかない。
 それは彼の自分の想像した世界でも変わりようがない。
 しかし、それはもう彼がわかってきた証拠であり、子供から一歩踏み出そうとしているのかもしれない。
 この映画は子供が現実を知る残酷さが描かれている。
 観ていてつまらないこともさることながら、二重の意味で観ていて辛くなってくるのだ。
 かいじゅうたちは、原作の絵本をまんま映像化しており、表情などを見ると物凄く手が込んでいる。
 かいじゅうの雌が歩く時に腰が、人間の女性みたいに色っぽく動くのに感心した。
 そんなとこに力入れてどうするんだ?(笑)
 しかし、パッと見は安っぽい着ぐるみでしかないのだが、まあこれは少年の想像の産物だと思えば納得できてしまう。
 上映時間が90分位なのに、それでも長く感じるのは、おそらく実質30分程度の話なのだろう。
 自分は吹替版を観たのだが、予告でも感じた通り、こども店長の加藤清史郎君は、この映画に関してはミスキャストかなあ。
 ちょっと幼すぎるしクセがありすぎるのだ。
 実年齢と演技は同じではないのだ。
 共演の永作博美(B82-W58-H84)と高橋克実は悪くなかったけどね。

参加してます。よろしくで~す
   

« 「BANDAGE バンデイジ」 | トップページ | 「ソフィーの復讐」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/47321624

この記事へのトラックバック一覧です: 「かいじゅうたちのいるところ」:

» かいじゅうたちのいるところ [LOVE Cinemas 調布]
世界中で愛されるモーリス・センダックの同名絵本の実写化。センダック自身の希望もあり、監督は『マルコヴィッチの穴』のスパイク・ジョーンズが務め、プロデューサーにトム・ハンクスも参加している。主人公の少年マックスはマックス・レコーズが、母親役にはジョーンズがプロデュースした『脳内ニューヨーク』のキャサリン・キーナーが出演。愛すべきかいじゅうたちと少年の心の交流に心が癒される作品だ。... [続きを読む]

» かいじゅうたちのいるところ [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『見たことのない世界、忘れてた気持ち』  コチラの「かいじゅうたちのいるところ」は、20世紀最高の絵本と称されるモーリス・センダックの同名絵本を「マルコヴィッチの穴」や「アダプテーション」のスパイク・ジョーンズ監督が実写映画化した1/15公開のファンタジー....... [続きを読む]

» かいじゅうたちのいるところ [★YUKAの気ままな有閑日記★]
子どもたちが小さい頃に散々読むのをせがんだ絵本『かいじゅうたちのいるところ』 とっても短い絵本のお話を一体どういう風に膨らませているのか気になっていました〜今年最初の劇場鑑賞です【story】いたずら好きなマックス(マックス・レコーズ)は、ママ(キャサリン・キーナー)とケンカして外に飛び出してしまう。ふと気付くとボートに乗っていたマックスは、海を渡り、ある島にたどり着いていた。島に住んでいる怪獣たちはマックスを見つけ、王様に仕立て上げるが―     監督 : スパイク・ジョーンズ     原作 : ... [続きを読む]

» かいじゅうたちのいるところ [だらだら無気力ブログ]
モーリス・センダックの世界的ロングセラー絵本をスパイク・ジョーンズが 映画化。ひょんなことから不思議な島へとたどり着いた少年が島で出会った かいじゅうたちと繰り広げる冒険を描いたファンタジー。8歳の少年マックスは、シングルマザーの母と姉と3人暮らし。姉は..... [続きを読む]

» かいじゅうたちのいるところ / WHERE THE WILD THINGS ARE [我想一個人映画美的女人blog]
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 「マルコヴィッチの穴」のスパイク・ジョーンズ監督があの絵本を実写化{/ee_3/} と聞いてからずーっと楽しみしてた映画{/m_0139/} ロンドンから一時帰国していた、既に何度もお会いしてるblogお友達のノルウェ−まだ〜むさんをお誘いして試写行ってきました{/hikari_pink/} 日本でいよいよ来年1月公開... [続きを読む]

» 「かいじゅうたちのいるところ」絵本の世界そのまんま、映像は美しい [soramove]
「かいじゅうたちのいるところ」★★★☆ マックス・レコーズ、キャサリン・キーナー、マーク・ラファロ主演 スパイク・ジョーンズ監督、101分 、 2010年1月15日公開、2009年、アメリカ (原題:WHERE THE WILD THINGS ARE)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「モーリス・センダックの絵本『かいじゅうたちのいるところ』を、 『マルコヴィッチの穴』のス... [続きを読む]

» かいじゅうたちのいるところ [C'est joli〜ここちいい毎日を〜]
かいじゅうたちのいるところ’09:米 ◆原題:WHERE THE WILD THINGS ARE◆監督・脚本: スパイク・ジョーンズ「アダプテーション」「マルコヴィッチの穴」◆出演:マックス・レコーズ、キャサリン・キーナー、マーク・ラファロ◆声の出演:ローレン・アンブローズ、クリス....... [続きを読む]

» かいじゅうたちのいるところ / 77点 / WHERE THE WILD THINGS ARE [ゆるーく映画好きなんす!]
だいすき!だいすき!だいすき!ぼくのこえはとどいてるの? 『 かいじゅうたちのいるところ / 77点 / WHERE THE WILD THINGS ARE 』 2009年 アメリカ 101分 監督 : スパイク・ジョーンズ 脚本 : スパイク・ジョーンズ、デイヴ・エッカース 原作 :... [続きを読む]

» 『かいじゅうたちのいるところ』 [シネマのある生活~とウダウダな日々]
絵本の最高傑作、奇跡の実写映画化! [続きを読む]

» ★「かいじゅうたちのいるところ」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
今週の平日休みの3本目は、チネチッタに移動して観てきました。 ひらりん的にはファンタジーは見逃せないところでしょうけど、 最近、コドモ心を失いかけてて、ちょっと心配。 邦題が全部、ひらがな・・っていうのも、引っかかるし。... [続きを読む]

» 映画:かいじゅうたちのいるところ [よしなしごと]
 今回はかいじゅうたちのいるところを観てきました。  モーリス・センダック原作で、各国に翻訳されて世界で2,000万部を売り上げたという20世紀最高と言われる絵本の実写映画化だそうです。... [続きを読む]

» Blu-Ray:かいじゅうたちのいるところ 実は、自分の感性を確認する分水嶺? リトマス試験紙?! [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
公開時、かなりの賛否両論を生んだ本作。 そんな状況で、悩みつつも、公開時にスルーしてしまった。 世界中で約2000万部売れている有名な絵本だが、自分としては既に記憶にないこともそれをプッシュした。 だが、映画を観ていて、徐々に蘇ってくる過去の感覚があった。 (その前提で)うれしかったのは..... 映画の1カット1カット、その画角からライティングから、バックグラウンドの音、Musicまで総て感じたのが「スパイク・ジョーンズ」だったこと。 凡庸な監督だったら、全く印象に残らないだろうカットも、どれ... [続きを読む]

» 『かいじゅうたちのいるところ』'09・米 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...]
あらすじある晩、ママに怒られて泣きながら家を飛び出したマックスはボートに飛び乗り、辿り着いた先は大きなかいじゅうたちの住む島だった・・・。感想ゴールデングローブ音楽賞ノ... [続きを読む]

« 「BANDAGE バンデイジ」 | トップページ | 「ソフィーの復讐」 »