2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「蘇りの血」 | トップページ | 2009年日本映画ベストテン »

2009年12月31日 (木)

「デビル・ハザード」

Devil  ヴィジュアリストという名乗ろうが、一番の肩書は「手塚治虫の息子」である手塚眞と同じように、ジェイソン・コネリーといえば、俳優とか監督よりも、ショーン・コネリーの息子と言われた方がわかりやすいだろうし、誰しも興味を持つ。
 そうでなければ、ジェニファー・コネリーよりも知名度は低いはずだ。
 そんな彼が監督するのは、中東の砂漠で発見された地下900メートルにある謎の遺跡の調査に行ったまま行方不明の学者を探す7人の傭兵部隊が体験する恐怖の物語だ。
 う~ん、小さくまとまっているといえば聞こえはいいが、はっきりいえば極めて凡庸。
 地下900メートルにある謎の遺跡という、何でもありの状況は揃っているのに生かしきれていないのだ。
 さらに傭兵の一人は戦闘中のトラウマがあるのだが、全くといっていい程物語に深い関係はない。
 まあいいや、お化け屋敷的な驚きのシーンがあればと思ったのだが、実はそれさえもなく、出演がキューバ・グッディング・Jr、ロン・パールマン、レイ・ウィンストンというのが最大の見所か。
 自分としてはちょっとだけでもショーン・コネリーが出るかなと期待していたんだけどね。

参加してます。よろしくで~す
   

« 「蘇りの血」 | トップページ | 2009年日本映画ベストテン »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/46988366

この記事へのトラックバック一覧です: 「デビル・ハザード」:

« 「蘇りの血」 | トップページ | 2009年日本映画ベストテン »