2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「あんにょん由美香」 | トップページ | 「キッチン ~3人のレシピ~」 »

2009年12月 4日 (金)

「狼の死刑宣告」

Photo  目の前で長男が殺されてしった理由が、ギャングに加入するための度胸試しというトホホな理由で、裁判もせいぜい刑務所に5年、へたしたら無罪方面になってしまう。
 そんなわけで、お父さんが自らの手で犯人への復讐を果たすが、その男はギャングのボスの弟で、今度は彼らお父さんの家族を狙う。
 復讐の復讐は復讐を呼ぶという永遠のループ状態で、戦争状態に突入する…。
 理不尽に子供を殺されたお父さんの話といえば、ここ最近は「さまよう刃」があったが、あれを見て煮え切らないものを感じた人は、この映画を観るべきだろう。
 やっぱり、罪を憎んで人を憎まずとか言っている場合じゃないでしょ。
 罪を犯した者には、同じ以上の目に遭っていただかないとね。
 自警映画はチャールズ・ブロンソン主演のシリーズでお馴染みだが、この映画は監督が「SAW」シリーズの生みの親ジェームズ・ワンだからなのか、妙に怖くてドキドキするところがあるホラーっぽいところもあるので、観ていて力が入ってしまう。
 最後の銃撃戦は迫力満点でこれだけでも一見の価値あり!
 それでいて、普通のお父さんが復讐によって変貌していくのが妙にリアルだったりする。
 これは演じているケヴィン・ベーコンの熱演によるものが大きい。
 もっとも彼の顔はどう考えても悪者なんだけどね。
 最近の彼の出演作はキワ物映画が多かったが、これは比較的普通だろう。
 警察がちょっと無能すぎる描き方だが、まあそこは物語を盛り上げるためとして軽く流すことにする。
 それよりも全編にちりばめられている往年の映画のオマージュが心憎い。

参加してます。よろしくで~す
   

« 「あんにょん由美香」 | トップページ | 「キッチン ~3人のレシピ~」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/46930457

この記事へのトラックバック一覧です: 「狼の死刑宣告」:

» 狼の死刑宣告 [だらだら無気力ブログ]
大ヒットしてシリーズ化された『ソウ』の生みの親であるジェームズ・ワン 監督がブライアン・ガーフィールドの『狼よさらば』をもとに映画化。 大切な家族を理不尽な暴力で殺害されたことで、復讐の鬼と化した男の姿を 描く。妻と二人の息子と幸せな家庭を営んできた投資会..... [続きを読む]

» 狼の死刑宣告 [LOVE Cinemas 調布]
「ソウ」シリーズのジェームズ・ワン監督が人気小説家ブライアン・ガーフィールドの同名の小説を映画化。息子をギャングに殺された父親が復讐にのめり込む様を描いたサスペンスムービーだ。主演は『フロスト×ニクソン』、『レールズ&タイズ』のケヴィン・ベーコン。共演にケリー・プレストン、ジョン・グッドマンらが出演。... [続きを読む]

» 狼の死刑宣告 [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『愛する家族を守るために 街のダニども 全員死刑に 処す』  コチラの「狼の死刑宣告」は、「ソウ」、「デッド・サイレンス」のジェームズ・ワン監督が、「狼よさらば」の原作者ブライアン・ガーフィールドの犯罪小説を映画化したR15+のヴィジランテ映画です。  ヴィジ...... [続きを読む]

» 狼の死刑宣告 (Death Sentence) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 ジェームズ・ワン 主演 ケヴィン・ベーコン 2007年 アメリカ映画 106分 アクション 採点★★ 「あんまり怒らなさそう」「すぐ怒りそう」と、両極端な印象を他人に与えてるらしいたおです。実際は、短気です。筋金入りです。で、こうも短気だと日々腹が立つことも多いん..... [続きを読む]

« 「あんにょん由美香」 | トップページ | 「キッチン ~3人のレシピ~」 »