2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「E.YAZAWA ROCK」 | トップページ | 「SOUL RED 松田優作」 »

2009年11月28日 (土)

「マイマイ新子と千年の魔法」

Maimai  昭和30年代の山口県防府で、空想好きの少女と都会から転校してきた少女の心の触れ合いや成長を描く芥川賞作家・高樹のぶ子の自伝的小説「マイマイ新子」を映画化。
 「サマーウォーズ」のマッドハウスがアニメがセールスポイントになっているが、自分の中ではマッドハウスといえば「カードキャプターさくら」なんよね。
 あまりにも公開劇場が少なく見逃すところだが、苦労して観て良かった。
 想定範囲外の傑作!
 しかし、残念なことに、この映画の良さを言葉に伝えるのは大変難しい。
 考えるより感じさせるものであり、子供用アニメっぽいが、実は一番心を掴まれるのは大人で、それも年を取れば取るほど染み入ってくるのだ。
 それは懐かしさとか都合の良い美化されたものではなく、大人になると胸の奥に閉じ込めているものだったりする。
 あまりにも無邪気な考えと、子供故にどうすることもできない現実、それらを乗り越えることで望まなくとも大人になっていく様子が、ゆったりとした中でもきっちり描かれている。
 特に後半の繁華街のエピソードは、子供の無力さが残酷さに泣けた。
 また過去とのエピソードのシンクロのさせ方も面白い。
 監督は「アリーテ姫」の片渕須直。
 声の出演は、福田麻由子(B70-W54-H82)、水沢奈子(B70-W59-H81)、森迫永依。
 思った以上に3人ともうまくて、もう無理して本職の声優を使う必要はないと思った。
 しかし、昔は無理して声優以外を使う必要はないと言っていたんだけどねえ。
 あと、絵の雰囲気でジブリアニメだと思っている人もいるだろうが、間違えても観てほしい作品だ。

参加してます。よろしくで~す
   

« 「E.YAZAWA ROCK」 | トップページ | 「SOUL RED 松田優作」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/46876050

この記事へのトラックバック一覧です: 「マイマイ新子と千年の魔法」:

» [映画☆☆☆☆★]ある意味時をかけるちびっ子少女「マイマイ新子と千年の魔法」 [タニプロダクション]
すいません。タイトルは結構いい加減です。 新宿ピカデリー この映画を観た後先輩と待ち合わせする約束があって、観終わった後喫茶店で本を読みながら約束の時間が来るのを待っていたのですが、たびたび思い出し笑いが出てしまい隣の席の若い女性にかなり不信がられてしまい... [続きを読む]

» 【映画評】マイマイ新子と千年の魔法 [未完の映画評]
妄想癖のある少女・新子と都会からの転校生・貴伊子が体験するファンタジックな心の交流を描いたノスタルジック・アニメーション映画。 [続きを読む]

» 「マイマイ新子と千年の魔法」 [お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 ]
(2009年:マッドハウス=松竹/監督:片渕 須直) 高樹のぶ子の自伝的小説「マイマイ新子」を、「アリーテ姫」の片渕須直が監督(脚本も担当)した、本年屈指の秀作アニメ。 昭和30年の山口県防府市。空想... [続きを読む]

» マイマイ新子と千年の魔法 [象牙の塔]
JUGEMテーマ:映画13日(日)、ワーナーマイカルシネマズ茨木にて。この映画の上映継続を訴える署名活動が行われている。この作品の存在をもっと広めたいという気持ち、よくわかる。まず思い出したのはピクサーの『WALL・E』(08・米)。あれは身体感覚を信じなくなった人間を見事に描いていたが、こちらでは逆方向からアプローチを掛けている。付け加えるなら、この作品においては空想力や想像力もそういった身体感覚の一部と捉えられているように見える。星新一のssに、子供が空想を止めた世界を描いたもの(タイトルを失念... [続きを読む]

» マイマイ新子と千年の魔法 [だらだら無気力ブログ]
芥川賞作家・高樹のぶ子の自伝的小説『マイマイ新子』を「時をかける少女」 「サマーウォーズ」のマッドハウスがアニメ化した感動ストーリー。 昭和30年代の山口県防府の美しい自然の風景をバックに、空想好きの少女が 都会から転校してきた少女と友情を築き、仲間たちと元..... [続きを読む]

« 「E.YAZAWA ROCK」 | トップページ | 「SOUL RED 松田優作」 »