2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「パリ・オペラ座のすべて」 | トップページ | 「わたし出すわ」 »

2009年11月 6日 (金)

「アンヴィル!夢を諦めきれない男たち」

Anvil  1973年に結成されたヘヴィメタルバンド、アンヴィルは、1982年にアルバム「メタル・オン・メタルを」を発表!
 後に大物になる数多くのメタルバンドに影響を与えたが、当の彼らはスターダムにのし上がることなく、年齢も50歳を迎え、現在は地元で別の仕事をしながらバンド活動をしていた。
 そんな彼らに、おそらく再起のラストチャンスであろうヨーロッパ・ツアーの話が舞い込む…。
 まさかドキュメンタリーで笑って泣かされるとは思わなかった。
 ちょっと前にミッキー・ロークの「レスラー」という初老のプロレスラーの生ざまを描いた映画があったが、これはそのへヴィメタル版だ。
 へヴィメタルは好きな人は好きだが、そうでない人にはうるさい音楽でしかない。
 そうでなくても音楽性の違いとかで解散するバンドの多い中で、人気がないのに解散せず地道に活動しているアンヴィルには音楽への深い愛情を感じる。
 ヨーロッパツアーも道は間違えるし、ギャラがもらえないこともあるし、空港に寝泊りしたり、一万人収容の会場で客は200人以下だし…これってどんな電波少年?とツッコミたいくらいの展開で、さらには一時期の有名人なのに誰も覚えててくれていないとか、笑えるのに哀しいものがあり、誰しも大なり小なり経験する人生の縮図を見ているようで、心に染みてくるのだ。
 普通に考えたら、家族を持っているいい年の親父が、音楽だけで食べていけないのならやめるに決まっている。
 それでも、続けていることそのものが偉業だと言えよう。
 さらにはそれを支える家族。
 普通だったら離婚していてもおかしくないはずだ。
 だけど、皆、彼らを信じているのだ。
 そう、これは家族愛の映画でもあるのだ。
 ドキュメンタリーというと手持ちのカメラで気持ち悪くなるのだがそんなこともなく、ナレーションもないが、会話と編集でテンポよく進んでいく。
 もし、バンドを組んでいて将来どうしようか悩んでいる若者は、この映画を見て自分の人生を考えるべし!


参加してます。よろしくで~す
   

« 「パリ・オペラ座のすべて」 | トップページ | 「わたし出すわ」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/46676930

この記事へのトラックバック一覧です: 「アンヴィル!夢を諦めきれない男たち」:

» 映画「アンヴィル!〜夢を諦めきれない男たち〜」 [おそらく見聞録]
監督:サーシャ・ガバシ(ターミナルの脚本書いた人) 出演:スティーヴ“リップス”クドロー ロブ・ライナー ラーズ・ウルリッヒ レミー  出演:スコット・イアン スラッシュ トム・アラヤ クリス・タンガリーディズ  メタリカ、スレイヤーといった人気バンドに... [続きを読む]

» アンヴィル!夢を諦めきれない男たち [小部屋日記]
ANVIL! THE STORY OF ANVIL(2009/アメリカ)【DVD】 監督:サーシャ・ガヴァシ 出演:スティーヴ・“リップス”・クドロー/ロブ・ライナー/ラーズ・ウルリッヒ/レミー/スラッシュ 30年間夢を諦めなかった男たちの夢と友情を描いた、 笑って泣けるウソのような本当のお話!! 第25回インディペンデント・スピリット・アワードで最優秀ドキュメンタリー賞を受賞。 監督はスピルバーグの『ターミナル』の脚本を手がけたサーシャ・ガバシ。 30年以上もバンド活動を続けてきたメタルバン... [続きを読む]

» アンヴィル!夢を諦めきれない男たち (Anvil! The Story of Anvil) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 サーシャ・ガヴァシ 主演 アンヴィル 2008年 アメリカ映画 81分 ドキュメンタリー 採点★★★★ 20年前も今も、聴いてる音楽がほとんど変わっていない私。傾向や好みが変わってないじゃなく、同じCDをいまだに繰り返し聴いております。最近のもざらっとは…... [続きを読む]

« 「パリ・オペラ座のすべて」 | トップページ | 「わたし出すわ」 »