2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「天使の恋」 | トップページ | 「大洗にも星はふるなり」 »

2009年11月11日 (水)

「サイドウェイズ」

Sideways_2  親友の結婚式に出席するため、アメリカに到着した売れない脚本家。
 独身最後の日々を謳歌したい親友と1週間のナパ旅行に出かけるが、そこにはかつて片思いをした女性がいた…。
 第77回アカデミー賞脚色賞をもらった「サイドウェイ」をリメイクしたらしいが、オリジナルは未見。
 そもそも、この映画に出てくる中年男2人って言うほど情けない男でもない。
 売れない脚本家というだけで、テレビドラマには不本意ながらも採用はされているし、シナリオ学校の講師の仕事はあるし、その親友だって外食産業を経営する社長の娘と結婚が決まっている雇われ店長。
 少なくとも成功している部類だと思うよ。
 ただ、やり直しのできない年齢にあるので迷いがあって、どちらかというと、中年男2人の旅行は、第2の卒業旅行なのだ。
 しかし、アメリカが舞台の意味があまりないし、頻繁に出てくるワインも何がどう違うかわからない。
 必要以上に浮世のファンタジーなため、全体的に空回りの感じが強い。
 出演は小日向文世、生瀬勝久、菊地凛子(B83-W62-H85)、 鈴木京香(B88-W59-H89)。
 小日向文世は悪くないけど、やっぱり脇で光る人なんだよなあ。
 菊地凛子は今まで出た映画の中では一番かわいくみえた。
 監督はよくわからないチェリン・グラック。
 ここ最近不発映画の多いフジテレビ関係の映画で、「HACHI 約束の犬」と同じ雰囲気がする。
 上映回数は減っているが、見逃しても来年の金曜日か土曜日のフジテレビの2時間枠で放送するので大丈夫だろう。

参加してます。よろしくで~す
   

« 「天使の恋」 | トップページ | 「大洗にも星はふるなり」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/46732313

この記事へのトラックバック一覧です: 「サイドウェイズ」:

» サイドウェイズ [LOVE Cinemas 調布]
2004年のアカデミー賞脚色賞を受賞した『サイドウェイ』を日本人キャストでリメイクした作品。監督は日本生まれのアメリカ人、チェリン・グラック。主演は『重力ピエロ』の小日向文世と「トリック」シリーズの生瀬勝久。共演に同じく『重力ピエロ』の鈴木京香と『バベル』の菊地凛子と、実力派日本人俳優が揃った。カリフォルニアのナパ・バレーを舞台にした中年男二人の青春ドラマが今始まる。... [続きを読む]

» 『サイドウェイズ』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「サイドウェイズ」□監督 チェリン・グラック □原作 レックス・ピケット □脚本 上杉隆之 □キャスト 小日向文世、生瀬勝久、菊地凛子、鈴木京香■鑑賞日 11月6日(金)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> 人生は出会いと別れ。 そんな大なり小なりの繰り返し。 伝えきれない“想い”は想い出にとどまるものと、 心のどこか片隅で、細く揺れるロウソクの灯りのよう。 若いころはそれを恋とも知らず、歳を重ねてあの... [続きを読む]

« 「天使の恋」 | トップページ | 「大洗にも星はふるなり」 »