2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」 | トップページ | 「ファイナル・デッドサーキット 3D」 »

2009年10月31日 (土)

「戦慄迷宮3D THE SHOCK LABYRINTH」

Senritumeikyu  10年前、遊園地のお化け屋敷で行方不明になった少女突然帰ってきた。
 当時の友達と彼女の妹は何とか彼女を迎え入れようとするが、その矢先いきな彼女が発作を起こし倒れてしまう。
 彼女を運び込んだ病院で、彼らは10年前の事件を身をもって追体験するのだった…。
 基本的に怖い映画は好きではないので、普通なら観ないのだが、実写の3Dがどれくらいのものか知りたくて特別料金払って観てきた。
 この調子で映画料金2千円にしたら許さないんだからねっ。
 結論から言うとこの映画は3D映画としては失格!
 というのは3Dグラスはつけると画面が暗くなってしまうのに、この映画は暗いシーンが多いのでさらに暗くなってしまい、立体感以前に画面が見づらくなってしまう。
 さらには、明るい場面も何か白っぽくしているのでピンボケしているようにしか見えないのだ。
 さらにお化け屋敷っぽい設定なのに、全く怖くなく、その意味では自分的には助かったのだが、あえて3D映画としての必要性から考えたら意味がない。
 出演は柳楽優弥、蓮佛美沙子(B80-W56-H83)、勝地涼、前田愛(B75-W58-H79)、 水野絵梨奈 (B80-W57-H80)。
 柳楽優弥の劣化ぶりには驚くばかり!
 監督は清水崇。
 同じ時期に公開された「ファイナルデッドサーキット3ーD」の方が遥かに3Dの特性を生かして面白い。
 結局、この映画で 一番立体感を感じたのはエンドクレジットの森の中の文字だけかなあ。

参加してます。よろしくで~す
   

« 「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」 | トップページ | 「ファイナル・デッドサーキット 3D」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/46627720

この記事へのトラックバック一覧です: 「戦慄迷宮3D THE SHOCK LABYRINTH」:

» 戦慄迷宮3D THE SHOCK LABYRINTH [LOVE Cinemas 調布]
「呪怨」シリーズの清水崇監督の最新作。富士急ハイランドにある同名のお化け屋敷とコラボレートした企画で、3Dにより画面に引き込まれるような体感型サスペンス・ホラームービーだ。主演は「誰もしらない」でカンヌ男優賞受賞の柳楽優弥。共演に『いけちゃんとぼく』の蓮佛美沙子、『カフーを待ちわびて』の勝地涼、『旭山動物園物語 ペンギンが空をとぶ』の前田愛ら若手の演技派が揃う。... [続きを読む]

» 戦慄迷宮3D THE SHOCK LABYRINTH [だらだら無気力ブログ]
世界最長のお化け屋敷としてギネスに登録されている富士急ハイランドの 戦慄迷宮をモチーフにした実写デジタル3D体感型サスペンスホラー。 『呪怨』シリーズの清水崇監督が4人の若い男女に迫る恐怖を描く。ある日、廃病院を舞台にしたお化け屋敷で殺人事件が発生する。 ..... [続きを読む]

« 「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」 | トップページ | 「ファイナル・デッドサーキット 3D」 »