2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「劇場版デュエル・マスターズ 黒月の神帝(ルナティック・ゴッド・サーガ)」 | トップページ | 「正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官」 »

2009年9月22日 (火)

「ココ・アヴァン・シャネル」

Chanel  今年は創業100周年だからなのか、シャネルの映画が3本公開されるらしい。
 当然、それらは比較される運命にあるのは仕方ないだろう。
 この映画も、ちょっと前に公開されたシャーリー・マクレーンが主演の「ココ・シャネル」と比べてしまう。
 「ココ・シャネル」は晩年のシャネルが昔を回想する形式だったが、「ココ・アヴァン・シャネル」は前半生を描く。
 まあいわゆる・シャネル・ビギンスみたいな感じかもしれない。
 シャネルの誕生したフランスで製作され、シャネルが全面的にバックアップし、シャネルのイメージキャラクターのオドレイ・トトゥが主演なので期待したのだが、始終恋愛話で終わってしまう。
 いや恋愛がダメとかではなく、普通ならシャネルが将来世界的ファッションデザイナーになる片鱗が出てくるのを前面に出して、一方ではこういう恋愛話がありますよ…みたいな描き方だと思う。
 言うなればスター・ウォーズのエピソード1でアナキンがあっさり作りかけのC-3POを置き去りにしていることに、将来の暗黒卿の片鱗が見えているみたいな感じ…って違うか(苦笑)
 ところが、この映画を観ていると、愛人になって男性に出資してもらっているような感じになっている。
 これだと、お金持ちの旦那にスナックを出してもらっている女の人と変わらないし、それに共感したり尊敬したりすることは無理だろう。
 彼女の才能に出資してもらっているということをうまく見せていない。
 いやそれ以前に、さすがご当地映画のせいか、大変説明不足であり、おそらく誰もがシャネルの人生を知っていることを前提にしているが如しなのである。
 まるで日本人なら織田信長の生涯を知っているのが当たり前みたいな感じになっている。
 おそらくこれ一本を先に観ていたら結構辛いと思うのだが、幸いなことに「ココ・シャネル」でびっちり予習していたので補完することができた。
 それにオドレイ・トトゥが意外にも一本調子で、底辺からのしあがろうとする気負いが感じられない。
 まあこれは監督であるアンヌ・フォンテーヌの演出不足か。
 そういえば、「007/ユア・アイス・オンリー」のキャロル・ブーケもシャネルのモデルをしていたそうだが、シャネルあんな感じの黒髪で細身が好きなんだな。
 そんなわけで「ココ・シャネル」と「ココ・アヴァン・シャネル」はセットで観た方がいいのだが、お忙しい人は「ココ・シャネル」だけで十分かも。

参加してます。よろしくで~す
   

« 「劇場版デュエル・マスターズ 黒月の神帝(ルナティック・ゴッド・サーガ)」 | トップページ | 「正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/46275185

この記事へのトラックバック一覧です: 「ココ・アヴァン・シャネル」:

» ココ・アヴァン・シャネル [LOVE Cinemas 調布]
シャネル創立100周年の今年に公開される第2弾作品。世界的デザイナー、ココ・シャネルの半生を描く伝記映画です。この作品の主演は『アメリ』のオドレイ・トトゥ。共演に『アイズ』のアレッサンドロ・ニヴォラが出演。監督は『ドライ・クリーニング』のアンヌ・フォンテーヌ。8月に公開された『ココ・シャネル』と違い、今回はシャネルの母国語フランス語での作品。待ち構えていた作品です。... [続きを読む]

» ココ・アヴァン・シャネル [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『シャネルの成功の秘密、解禁。』  コチラの「ココ・アヴァン・シャネル」は、田舎のナイトクラブからパリへ、そして世界へ、コネクションも財産も教育もない孤児院育ちの少女が、世界のシャネルになるまでの物語を描いた9/18公開のバイオグラフィー映画なのですが、....... [続きを読む]

» 「ココ・アヴァン・シャネル」 シャネル以前のココの視点 [はらやんの映画徒然草]
2010年はシャネルの創業100年ということで、今年は創業者ガブリエル・"ココ" [続きを読む]

» 「ココ・アヴァン・シャネル」華麗な帝国を作ったココのシャネル前夜 [soramove]
「ココ・アヴァン・シャネル」★★★ オドレイ・トトゥ、ブノワ・ポールブールド、マリー・ジラン主演 アンヌ・フォンテーヌ監督、110分、2009年、フランス、2009-09-18公開                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「今年日本目のシャネルの半生を描いた映画、 今度はアメリのオドレイ・トトゥの登場、 女性の自立と言っても、彼女の場合は 裕福な貴族に寄生して... [続きを読む]

» 「ココ・アヴァン・シャネル」 [心の栄養♪映画と英語のジョーク]
もうちょっとたくさんシャネルらしいファッションが見られると思ってたんですが・・ [続きを読む]

» 「ココ・アヴァン・シャネル」(COCO AVANT CHANEL) [シネマ・ワンダーランド]
世界的ファッション・デザイナー、ココ・シャネル(1883-1971年)の半生を描いたヒューマン・ドラマ「ココ・アヴァン・シャネル」(原題=シャネル以前のココ、2009年、仏、110分、アンヌ・フォンテーヌ監督、ワーナー映画配給)。この映画は、孤児院出身の少女、ココが独自の縫製の才能を開花させ、モード界屈指のブランドを確立するまでの若き日々を綴(つづ)る。主演は「アメリ」のオドレイ・トトゥ。... [続きを読む]

« 「劇場版デュエル・マスターズ 黒月の神帝(ルナティック・ゴッド・サーガ)」 | トップページ | 「正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官」 »