2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「TAJOMARU」 | トップページ | 「劇場版デュエル・マスターズ 黒月の神帝(ルナティック・ゴッド・サーガ)」 »

2009年9月20日 (日)

「カムイ外伝」

Saamuigaiden  カムイ、地獄だな

 いや映画そのものも地獄で、カムイというより寒いんですけど…。

 白土三平先生の漫画の映画化。
 ここ最近の時代劇映画ラッシュの真打登場…になるのか?
 抜忍となったカムイは漁師の半兵衛を助けた縁で、彼の家に住むことになるのだが、彼の妻も実は抜忍で、カムイを追忍だと考え気を許さなかった…。
 壮大な原作を2時間以内にまとめるのは至難の技だと思っていたら、ナレーションと説明臭い登場人物のセリフでわかりやすくなっている。
 反面、それが裏目に出て安っぽくなっていることも確かで、言うほど忍者の非情の掟や、理不尽な差別などが伝わらない。
 そこらへんは申し訳程度で、アクション三昧でガンガン展開してくれればいいのだが、それも、ゆるいCGとワイヤーアクションで迫力がない。
 もっといえば、本来忍者の術や動きが嘘臭いものなので、もっともらしく見せなくてはならないのに説得力に乏しいのだ。
 確かに最後のアクションは迫力はあるのだが、もっと時代劇の動きは様式美を大切にしてほしい。
 さらにアクション以外のCGにも違和感があり、サメとか、海とか、海に浮かぶ船など、実は一番力を入れなくてはならないものがダメダメになっている。
 話も切羽詰まってないし、散漫なので困ってしまうのだ。
 半兵衛が殿様に捕らわれるのだが、もともと彼が殿様の馬の足を切る方が悪いので仕方ないかなあと思ってしまうので、ちょっと話に説得力に欠けるし、感情移入がしにくい。
 でも「ゴッドファーザー」以来久しぶりの馬の切り落としネタだなあ(苦笑)
 主演の松山ケンイチは全く悪くなく、むしろ彼の起用がなかったら、この映画はかなり辛いと思う。
 その他、小雪(B83-W58-H85)や大後寿々花(B72-W59-H82)、伊藤英明(最初、江口洋介かと思ったよ)、小林薫も好演だったと思う。
 ただ、土屋アンナ(B85-60-H89)は、ただでさえバタ臭く時代劇に向かない顔でミスキャストなのだが、それ以前に彼女の演じる役が全く不必要な登場人物なのだ。
 脚本の宮藤官九郎は、適材適所から考えると、この映画に一番向かないと思うのだが、 
さすがにプロだけあってそつなくこなしているが、彼ならではの斬新な話展開はない。
 監督が崔洋一なので、「血と骨」のような殺伐とした雰囲気はあったんだけどね。
 やっぱりエンディングの歌はちょっとでもアニメ版「忍びのテーマ」を使うべきじゃない?
 「スパイダーマン」は、ちょっとだけだけど、そこらへんの心憎いサーヴィスはあったぞ。
 差別ネタとグロのシーンが多いので、地上波での放送はないか、相当編集するだろうなあ。

参加してます。よろしくで~す
   

« 「TAJOMARU」 | トップページ | 「劇場版デュエル・マスターズ 黒月の神帝(ルナティック・ゴッド・サーガ)」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/46257563

この記事へのトラックバック一覧です: 「カムイ外伝」:

» カムイ外伝 [LOVE Cinemas 調布]
白土三平の同名漫画が原作。抜忍カムイの孤独な逃亡を描いたアクション時代劇です。主演は『ウルトラミラクルラブストーリー』の松山ケンイチ、共演に『ラスト・ブラッド』の小雪、『252 生存者あり』の伊藤英明、『女の子ものがたり』の大後寿々花、小林薫、佐藤浩市といった多彩な顔ぶれが揃う。監督は崔洋一、脚本が宮藤官九郎というこちらもまた豪華な布陣。この秋『TAJOMARU』と並ぶ若手主演の大型時代劇です。... [続きを読む]

» カムイ外伝 [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『作略、疑心、裏切り、そして愛─ カムイは闘う。 ただ生き抜くために─。』  コチラの「カムイ外伝」は、白土三平の全38巻に渡る長編忍者漫画を、脚本・宮藤官九郎、主演・松山ケンイチ、監督・脚本・崔洋一で実写映画化した9/19公開のアクション時代劇なのですが....... [続きを読む]

» カムイ外伝 [小部屋日記]
(2008/日本)【劇場公開】 監督・脚本: 崔洋一 出演:松山ケンイチ/小雪/伊藤英明/大後寿々花/イーキン・チェン/金井勇太/芦名星/土屋アンナ/佐藤浩市/小林薫 他 生き抜け! 白土三平原作の傑作コミックを実写化したアクション娯楽大作。 忍びの掟に背き、たった一人で追っ手から身をかわす不屈の主人公の苦悩と孤独。 冒頭からナレーションが入り、マンガをみながらの主人公の説明。 貧しい村に育ち、最下層で生きてきた男カムイ。抜忍になり追われる人生。 強くなければ生きていけない。 実写のカムイ... [続きを読む]

» 「カムイ外伝」実写だよ! [シネマ親父の“日々是妄言”]
[カムイ外伝] ブログ村キーワード 記事投稿日時 2009年9月14日9:24 ※上映開始日を投稿日時に設定。上映開始1週間後まで固定。  その昔、吾輩がまだ幼少のころ、10ch(読売テレビ・関西の日テレ系列)の平日夕方6時ってのは“子供の時間”でございまして、いろんなアニメや特撮の再放送(特に男の子向け)が、オンエアされていました(旧「ドラえもん」や「超人バロム・1」、「侍ジャイアンツ」「サンダーマスク」etc,etc…)。吾輩も大好きで、ほぼ毎日のように見ておりましたが、ラインナップの中で... [続きを読む]

» カムイ外伝 [★YUKAの気ままな有閑日記★]
勝手に≪日本の若手俳優の主演映画、『TAJOMARU』と『カムイ外伝』と『カイジ』を見比べよう祭り≫第2弾―【story】忍者カムイ(松山ケンイチ)は、忍びから抜け出し、抜け忍になった。裏切り者となったカムイに、執拗に追っ手が迫るが、ある日、漁師の半兵衛(小林薫)を助けたことでカムイはその家族に歓迎され―     監督 : 崔洋一     原作 : 白木三平     脚本 : 宮藤官九郎【comment】   〜超〜〜〜辛口感想です   未見の方やこの映画をお好きな方はスルーして下さい〜(あれ?デジ... [続きを読む]

» 「カムイ外伝」孤独でも力強く生きていく強さと愛の必要性を求め続ける戦いの日々 [オールマイティにコメンテート]
「カムイ外伝」は白土三平の傑作漫画「カムイ外伝」を実写映画化した作品で、時は17世紀の徳川時代に忍として生きたカムイが忍を抜け出し、同じ忍に追われて逃げ続けるストーリーである。生きるためには戦って逃げるしかないカムイにとってその中で人間の暖かさを知ってな...... [続きを読む]

» パイレーツオブ伊藤ちゃんはイケてるゾ。(!)~「カムイ外伝」~ [ペパーミントの魔術師]
このポスター見たらそら行きたくなるでしょ?(笑) 「TAJOMARU」がアハハハハ~だったので さらにハードルあがるでしょ? いや~ん、もう撃沈して帰ってきました。 山形スクリームの二の舞やわ・・・うぅぅ・・・。 実はこのシーンの撮影のときに足を怪我したらしく その..... [続きを読む]

» カムイ外伝 [だらだら無気力ブログ]
白土三平原作の漫画『カムイ 外伝』から『スガルの島』編をベースに 松山ケンイチ主演で崔洋一が実写化したアクション時代劇。 自由を求めて抜忍となり、追忍に追われ続ける孤独な逃亡劇を続ける カムイの苦悩と葛藤を描く。17世紀の徳川幕藩体制の日本、どうしようもない..... [続きを読む]

» カムイ外伝 [必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!]
[カムイ外伝] ブログ村キーワード 評価:5.5/10点満点 2009年82本目(77作品)です。 【あらすじ】 掟に縛られている世界にうんざりし、真の自由を求めて忍の世界を抜け出したカムイ(松山ケンイチ)。 それが原因でかつての仲間、大頭(イーキン・チェン)とミクモ(..... [続きを読む]

» カムイ外伝 実写にする必要がなかったかも・・・ [労組書記長社労士のブログ]
【 49 -11-】 昨日、夜に用があると言っているのに、いいから時間が許す限り顔を出せと無理矢理、まだ5時にもなっていないのに仕事関係の人たちに梅田{/m_0053/}まで拉致された。 17時になる前に梅田で飲むというと「ガード下」が定番なのに、昨日は阪急グランドビル32番街の割烹に{/m_0159/}、お値段見たら、かなりお高いざます{/m_0200/} 旬のサンマのお刺身、ヒラメの薄造り(えんがわつき)、鰻肝焼き、ワカサギ唐揚げ、イカ沖漬け、うざく・・・み〜〜〜んな美味くない{/m_0252/... [続きを読む]

» ★「カムイ外伝」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
シルバーウィーク中はナイトショウをやってるので、 フリーパス使ってもう一本。 ひらりんご贔屓の「ミヤネ屋」ファミリーの崔洋一監督作品。 ひらりん的には監督とかプロデューサーが目立つ作品は気に喰わないんだけど、 松山ケンイチの演技には注目してるので、観てみることに。... [続きを読む]

» 「カムイ外伝」 酷い、酷すぎる [はらやんの映画徒然草]
「酷い、酷すぎる」 これは劇中で惨殺された村人たちを前にカムイがつぶやいた台詞で [続きを読む]

» カムイ外伝 [お萌えば遠くに来たもんだ!]
観てきました。 <池袋シネマ・サンシャイン> 監督:崔洋一 アクション監督:谷垣健治 原作:白土三平 脚本:宮藤官九郎、崔洋一 17世紀の日本。抜け忍カムイは日々追っ手との戦いに明け暮れていた。ある日、カムイは謎の男が山の中で領主の馬の足を切り落とした場面に出くわす。 本当にクドカンの脚本なのか、疑わしいくらい展開が冗長で。 多すぎる登場人物は、明らかに「要らない」配役も多く、個性的な演技を期待した役者サン達も、ハッキリ言ってステレオタイプな「記号」通りの存在感と演技。ところどこ... [続きを読む]

» 【カムイ外伝】あんまりなCGを役者の演技力でカバー [映画@見取り八段]
カムイ外伝 監督: 崔洋一    出演: 松山ケンイチ、小雪、大後寿々花、小林薫、伊藤英明、佐藤浩市 公開: 2009年9月 もしかしたら... [続きを読む]

» [映画『カムイ外伝』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆遅ればせながら、観て来ましたよ^^    ◇  私は、『カムイ伝』は小難しいので読んでいないが、『カムイ外伝』は、昔から愛読していた。  でも、途中から、絵が漫画調から劇画調になったのが気に食わなくて、劇画調になってからの四巻以降は古本屋に売ってしまった。  でも、「変移抜刀霞斬り」が破られる物語は、劇画調になってからなんだよね。  予告編で「変移抜刀霞斬り」や「飯綱落し」は再現されているのが分かったけど、「変移抜刀霞斬り」が見切られた後にカムイが開発する「十文字霞崩し」は見られるのでし... [続きを読む]

» mini review 10445「カムイ外伝」★★★★★☆☆☆☆☆ [サーカスな日々]
白土三平原作の傑作コミックを『血と骨』の崔洋一が実写化したアクション娯楽大作。忍びのおきてに背き、たった一人で追っ手から身をかわす不屈の主人公の苦悩と孤独を浮きぼりにする。孤高のヒーローをその抜群のセンスで演じるのは、『L change the WorLd』の松山ケンイチ。ヒロインを『ラスト・ブラッド』の小雪が演じている。人気脚本家、宮藤官九郎と監督が共同で手掛けた脚本からあふれ出す人間味に満ちた物語に圧倒される。[もっと詳しく] 白土三平はもう一度、カムイ伝を本格的に描くことが出来るのだろうか... [続きを読む]

» 「カムイ外伝」ビッグネームにあぐら [ノルウェー暮らし・イン・London]
ロンドンの国際映画祭に出品された時に、どうしても観たい!!と思ったところ、チケット完売で見られなかった私。 ところが、意外に評判は悪く・・・・・ 引越し準備に明け暮れる毎日に嫌気が差し、禁断症状からちょびちょび細切れに見たこの映画。 細切れでも・・・・問題なしとは、これいかに?... [続きを読む]

« 「TAJOMARU」 | トップページ | 「劇場版デュエル・マスターズ 黒月の神帝(ルナティック・ゴッド・サーガ)」 »