2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官」 | トップページ | 「里山」 »

2009年9月24日 (木)

「男と女の不都合な真実」

Photo  地方テレビのプロデューサーのアビーは、理想の男性を追い求めすぎて男運に突き放されていた。
 隣人で医者コリンに恋した彼女は、不本意ながら下品で男性の本音を語りすぎる恋愛カウンセラーのマイクに恋愛指南を受けてなんとかコリンとつきあうことになるのだが…。
 韓国映画かと思わせるくらいのベタな展開!
 エスパーでなくても先が読めてしまう。
 だけど、大変面白いから困ってしまうのだ。
 「そんな彼なら捨てちゃえば?」が女の子の本音トークだとしたら、こちらは男の本音トークと言ってもいいかもしれない。
 とにかく全編お下劣な言葉満載なのだが、よくよく考えてみたらテレビが当たりさわりない言葉ばかりだとしたら、金払ってるからこそ見たり聞いたりできないものを楽しむのが映画だと思えば、これはこれでありだと思う。
 出演は 「幸せになるための27のドレス」のキャサリン・ハイグルと「300」のジェラルド・バトラー。
 キャサリン・ハイグルはすっかりコメディ色が強い女優になりつつあるのだが、逆に美人が面白かったり下品だったりするのが良いわけで、彼女はこの映画で製作総指揮を務めてもいるので、わかっているし、こんな役をやりたかったんだろうなあ。
 監督は「キューティ・ブロンド」や「ラスベガスをぶっつぶせ」など手堅い演出のロバート・ルケティック。
 上映時間も手頃だし、お下劣なところがあってデート向きではないかもしれないが、こういうお気軽な映画はたまには必要だと思う。

参加してます。よろしくで~す
   

« 「正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官」 | トップページ | 「里山」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/46288530

この記事へのトラックバック一覧です: 「男と女の不都合な真実」:

» 男と女の不都合な真実 [LOVE Cinemas 調布]
『ラスベガスをぶっつぶせ』のロバート・ルケティック監督最新作。どこか不器用な大人の恋愛を描いたラブコメディ。主演は『P.S.アイラヴユー』のジェラルド・バトラーと、『幸せになるための27のドレス』のキャサリン・ハイグル。監督・俳優ともに大好きな私としては試写会当選に小さくガッツポーズ。実はもう一本同じ日に当たっていたのですが、そっちをスルーして行って来ました。... [続きを読む]

» 男の女の不都合な真実 [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『「やりたい。好き。愛してる。」 「好き。愛してる。やりたい。」 この順番、あってる?』  コチラの「男と女の不都合な真実」は、アタマで恋愛する女と、アソコで恋愛する男の”リアル”で”過激”な本音バトルを描いたロマンティックでエロティックな9/18公開の....... [続きを読む]

» 男と女の不都合な真実 [そーれりぽーと]
ラブコメに似つかわしくない下品過ぎモード全開のジェラルド・バトラーの芝居を予告編で観て、むっちゃ面白そうな予感がしたので『男と女の不都合な真実』を観てきました。 ★★★★ 男と女、どっちも理解出来過ぎて感化され、ちょっとへこんだ(謎) でも面白かったー。 過去の恋愛で傷ついていて、「恋愛なんてどうでもイイや」ってガンガンヤッちゃってるてる男と、セックスよりも恋愛したいけど、恋愛オーラ出しすぎて自分のイヤなところに気付かず、恋愛にまで至らない堅物女の話。 反目しあう二人がいつの間にかお互いに惹か... [続きを読む]

» 男と女の不都合な真実 [象のロケット]
TVプロデューサーのアビーは完璧な男を求めるあまり、最近はロマンチックな恋愛にご無沙汰していた。 低迷が続く番組のテコ入れのため、男の本音トークで高視聴率を稼ぐ下品な恋愛パーソナリティ・マイクがチームに入って来る。 やっと出会った条件通りの「完璧な男」コリンを落とすため、アビーはマイクの指示通りに振る舞うのだが…。  ちょっぴりHな恋愛コメディ。 R-15... [続きを読む]

» 男と女の不都合な真実(2009) [銅版画制作の日々]
 原題:THE UGLY TRUTH 連休最終日に鑑賞しました。レディースディでお休みということもあってほぼ満席状態でした。だいたい結末はどうなるか?予想のつくお話ですが・・・・。分かっていても観ちゃいますよね。原題は醜い真実?不愉快な真実?等・・・。直訳するとこういう意味合いなのですが、一体どれが正しいのか分かりません。 下ネタ連発です!!ジェラルド・バトラーってこういう役がお似合いですね。そして暑苦しくて濃いキャラが彼らしいという気がします。でも良い人そうだあ♪恋の手ほどきを美人だが色気のな... [続きを読む]

» 男と女の不都合な真実 [★YUKAの気ままな有閑日記★]
いよいよシルバーウイークですねぇ〜話題作が続々と公開されますが、まずはコチラから―【story】美人で優秀なテレビプロデューサーのアビー(キャサリン・ハイグル)だが、その仕切り屋の性格が災いしてなかなかいい相手に巡り合えずにいた。そんな折、彼女は番組の視聴率アップのため、下世話な恋愛相談が売りのマイク(ジェラルド・バトラー)と嫌々チームを組まされる。まるで水と油のような二人は最初からぶつかり合うが― 監督:ロバート・ルケティック 『ラスベガスをぶっつぶせ』『キューティ・ブロンド』【comment】普... [続きを読む]

» 男と女の不都合な真実 [必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!]
[男と女の不都合な真実] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ 評価:7.5/10点満点 2009年83本目(78作品)です。 【あらすじ】 カリフォルニアの地方TV局でプロデューサーをしているアビー(キャサリン・ハイグル)は、結婚適齢期を過ぎても、恋..... [続きを読む]

» ★★「男と女の不都合な真実」鑑賞in新宿武蔵野館★★ [♪♪かずくんままのマネー&映画日記 ♪♪]
新宿で用事があったのでついでに武蔵野館で「男と女の不都合な真実」を観てきました。 劇場予告を観たときから「観たい」と思っていた作品 「オペラ座の怪人」でファントム役を演じたジェラルド・バトラー扮するマイク 「幸せになるための27のドレス」のキャサリン・ハ... [続きを読む]

» 男と女の不都合な真実 [takatoのblog]
劇場予告編で何度か観ていて、笑ってみたいなと思って観てきました。いろいろなレビューサイト見るとカップルで行かないほうがいいと書かれてますが、まさにその通りだと思います。事実、映画が観終わった後、二人で顔を合わせて気まずい顔をしているのを何組か見ました。劇場自体は混んでいなかったのですが、ちょうど左後の席が女の子二人で、なんか下ネタで思いっきり笑うと恥ずかしい気がして、存分に楽しめなかったのが心残り。これから観に行くとしたら、最後列での鑑賞をお勧めします。 ストーリー自体は、普通のというかかなりよくあ... [続きを読む]

» 男と女の不都合な真実(アメリカ) [映画でココロの筋トレ]
頭使わない恋愛モノ、大好物よん。 ってことで「男と女の不都合な真実」を観ました。 ( → 公式サイト  ) 出演:キャサリン・ハイグル、ジェラルド・バトラー、エリック・ウィンター、ジョン・マイケル・ヒギンズ 上映時間:95分  美人で優秀なテレビプロデュ... [続きを読む]

» ★「男と女の不都合な真実」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
今週の平日休みの3本目。 「300」とか「ベオウルフ」とか、肉体モノが目立つジェラルド・バトラーと、 「無ケーカクの命中男」にでてたキャサリン・ハイグルの主演作。 [続きを読む]

« 「正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官」 | トップページ | 「里山」 »