2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「8月のシンフォニー -渋谷2002~2003」 | トップページ | 「劇場版ヤッターマン 新ヤッターメカ大集合!オモチャの国で大決戦だコロン!」 »

2009年9月11日 (金)

「サブウェイ123 激突」

Subway123  ニューヨークの地下鉄をハイジャックした凶悪犯と、その交渉相手に指名された地下鉄職員との息詰まる駆け引き!
 1974年の「サブウェイ・パニック」に続いて再映画化らしいが、随分前に「月曜ロードショー」観たきりなので、全く細部を覚えていない。
 だから新作気分で観た。
 え、犯人の動機ってそんなもの?、現金輸送の車、事故りすぎ!ヘリコプター使えよ…と思ったら本編でそのこと指摘されてるし(笑)、狙撃班がネズミが裾から入ってくるようなスラックス?、ビデオチャットの扱いってそんだけ?…等などツッコミ所満載である。
 しかし、監督がトニー・スコットなので、相変わらず無駄にスタイリッシュでかっこいい映像であり、この名人芸を楽しむためのものと考えれば許せてしまうのだ。
 主演はデンゼル・ワシントンとジョン・トラヴォルタ。
 この二人の演技合戦も、この映画が許せる要因だったりする。
 それにトラヴォルタは悪役とか胡散臭い役がよく似あう。
 この映画を観ていると、当初、予定されていた「ダイ・ハード3」は、こんな感じだったのかなあと思ってしまった。
 実際の映画も嫌いじゃなかったけど、マクレーンの娘が誘拐されて、ニューヨークの地下鉄を舞台とした追跡劇という企画(ガセネタだったらすいません)を聞いた時、面白そうだと思ったんだけどなあ。
 あと、宣伝で使われている列車をハイジャックという言葉は、確かに本来は、何でもハイジャックなんだけど、日本人にはどうしてもハイジャック=飛行機のイメージがあるので考慮した方が良かったかも。

参加してます。よろしくで~す
   

« 「8月のシンフォニー -渋谷2002~2003」 | トップページ | 「劇場版ヤッターマン 新ヤッターメカ大集合!オモチャの国で大決戦だコロン!」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/46177503

この記事へのトラックバック一覧です: 「サブウェイ123 激突」:

» サブウェイ123 激突 [LOVE Cinemas 調布]
『アメリカン・ギャングスター』のデンゼル・ワシントンと『ヘアスプレー』のジョン・トラボルタという豪華2大スターが共演!1974年の『サブウェイ・パニック』を監督は『トップ・ガン』のトニー・スコット、脚本を『ボーン・スプレマシー』、『ミスティック・リバー』のブライアン・ヘルゲランドが担当でリメイクした。ニューヨークの地下鉄を舞台にした緊迫感溢れるクライム・サスペンスムービーです。... [続きを読む]

» サブウェイ123 激突 [だらだら無気力ブログ]
1974年の『サブウェイ・パニック』をトニー・スコット監督がリメイク。 ニューヨークの地下鉄をハイジャックした犯人と身代金の交渉役を務める ことになった地下鉄職員との緊迫感溢れるやりとりを描く。 ハイジャック犯をジョン・トラヴォルタが、犯人と交渉することになっ..... [続きを読む]

» サブウェイ123 激突 [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『123号車、応答せよ─ 要求は何だ? この車両ひとつで、 NYはハイジャックできる。』  コチラの「サブウェイ123 激突」は、1974年にも「サブウェイ・パニック」として映画化されているジョン・ゴーディのベストセラー小説「サブウェイ123」を再映画化した9/4公開の...... [続きを読む]

» ★「サブウェイ123 激突」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
いよいよTOHOシネマズのシネマイレージ6000ポイントを使って、 1ヶ月フリーパスをゲット。 1ヶ月間観まくるぞーーーって事で、初日は4本観ちゃいました。 その1本目。 [続きを読む]

» 『サブウェイ123 激突』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「サブウェイ123 激突」□監督・脚本 トニー・スコット □脚本 ブライアン・ヘルゲランド □原作 ジョン・ゴーディ □キャスト デンゼル・ワシントン、ジョン・トラヴォルタ、ジョン・タトゥーロ、ルイス・ガスマン、ジェームズ・ガンドルフィーニ、マイケル・リスポリ、ベンガ・アキナベ■鑑賞日 8月30日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> 『サブウェイ・パニック(1974) 』のリメイク版。 今回はト... [続きを読む]

» 映画:サブウェイ123 激突 [よしなしごと]
 トニー・スコットの3年ぶりの監督作品。そして好きな俳優が主役として2人も登場している。これは観なくては!とサブウェイ123 激突を観てきました。 [続きを読む]

» 「サブウェイ123 激突」 [シネマ・ワンダーランド]
「トップ・ガン」や「マイ・ボディガード」「デジャヴ」などの作品で知られる英国出身の米アクション映画の鬼才、トニー・スコット監督がメガホンを執ったクライム・サスペンス「サブウェイ123激突」(2009年、米、105分、コロンビア映画配給)。この映画は、ジョン・ゴーディのベストラー小説を映画化した「サブウェイ・パニック」(74年)をリメイクした。主演はデンゼル・ワシントンとジョン・トラボルタの豪華2大スター。... [続きを読む]

» 「サブウェイ123 激突」 ハズレのトニー・スコット作品 [はらやんの映画徒然草]
4度目のタッグとなるトニー・スコット監督とデンゼル・ワシントンのコンビに、キレた [続きを読む]

« 「8月のシンフォニー -渋谷2002~2003」 | トップページ | 「劇場版ヤッターマン 新ヤッターメカ大集合!オモチャの国で大決戦だコロン!」 »