2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「ココ・アヴァン・シャネル」 | トップページ | 「男と女の不都合な真実」 »

2009年9月23日 (水)

「正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官」

Seiginoyukue  9.11テロ以降ますます複雑化・深刻化しているアメリカの不法移民問題を扱った秀作。。
 確か随分前に試写があった時は「クロッシング・オーバー」というタイトルだったと思うが、いつのまにかタイトルが変わっているし、意外に公開が遅いのにも驚いた。
 不法移民を扱った映画というと、ここ最近だと「扉をたたく人」というのがあったが、あの映画よりもさらに深くえぐりこんでいる。
 アメリカ生まれの幼い息子を残して強制退去させられるメキシコ人の若い母親、観光ビザで入国しグリーンカードを手に入れるため移民判定官の男に身を任せる女優志願のオーストラリア人女性、ユダヤ教徒ではないが「宗教関係者」と認められてグリーンカードを取得しようとしているミュージシャン希望の南アフリカ人、9.11についての発言が問題視されるバングラデシュ出身の高校生、リカーショップに強盗をしようとしている韓国出身の高校生…など複数のエピソードが、ICE(移民税関捜査局)捜査官の主人公を中心に複雑に絡み合いながら同時進行で進んでいく。
 不法移民といっても理由は様々で、我々がイメージしがちな出稼ぎ系ばかりではない。
 日本でもつい最近、フィリピン系少女の両親の強制退去が話題になったが、将来的にはもっと複雑になってくることを予想させる。
 一方では、世界の警察で世界最強のはずだったアメリカが9.11テロ以降は、かなり神経質になっていることも確かで、この映画でもバングラディシュの女子高生の発言が、ICEとFBIの強制捜査を受けることになり、悲しい結末になっていく。
 言論の自由のはずが言葉狩りになっており、更にはICEが秘密警察的になるかもしれない怖さがある。
 アメリカは誰もが成功するチャンスはあるが、そこに至るまでが果てしなく長いことを実感!
 監督は「ワイルド・バレット」のウェイン・クラマー。
 主演のハリソン・フォードは、この映画が初のメジャー以外の映画だそうな。
 インディ・ジョーンズなどヒーローのイメージが強い彼だが、この映画では抑えた演技をしている…ともてはやされそうだが、「刑事ジョン・ブック 目撃者」でも同じようなこと言われてるんだけどね。

参加してます。よろしくで~す
   

« 「ココ・アヴァン・シャネル」 | トップページ | 「男と女の不都合な真実」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/46285999

この記事へのトラックバック一覧です: 「正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官」:

» 吹けば飛ぶような [MESCALINE DRIVE]
ホコリ、ホコリって埃がたまるのは掃除をしていない証拠! ほら、窓開けて換気することからはじめよう! [続きを読む]

» 正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官 [LOVE Cinemas 調布]
ハリソン・フォード最新作。監督は『ワイルド・バレット』のウェイン・クラマー。監督自身も南アフリカ出身でグリーンカードを取得した移民なのだそう。共演にレイ・リオッタ、アシュレイ・ジャッド、ジム・スタージェス、クリフ・カーティスといった演技派が揃う。9.11を境に様変わりした、アメリカの不法移民問題全般を見つめたたヒューマン群像劇です。... [続きを読む]

» 正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官 [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『アメリカを守る正義か。 人々を救う正義か。』  コチラの「正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官」は、全米に1,100万人いると言われる不法滞在者問題を真摯に受け止め描いた9/19公開のPG-12指定の社会派サスペンスなのですが、早速観て来ちゃいましたぁ〜♪なんでもハリ....... [続きを読む]

» 正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官 [だらだら無気力ブログ]
現代アメリカの抱える移民問題をハリソン・フォード主演で、不法移民達が 置かれた過酷な状況と様々な問題を描いた社会派ドラマ。ロサンゼルスのI.C.E(移民税関捜査局)捜査官のマックスは不法就労者の 摘発が仕事だが、彼らの立場に同情的な態度を取っていた。 そんなある..... [続きを読む]

» 豊かな国らしい物語。『正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官』 [水曜日のシネマ日記]
様々な目線を通してアメリカに住む移民たちの様子を描いた群像劇です。 [続きを読む]

» 「正義のゆくえ I.C.E特別捜査官」:上池袋一丁目バス停付近の会話 [【映画がはねたら、都バスに乗って】]
{/kaeru_en4/}この先へ行くと、どこにたどりつくんだ? {/hiyo_en2/}さあ、深々とした森が続くのか、視界が一気に開けるのか、ゆくえはわからないわね。 {/kaeru_en4/}正義のゆくえがわからないようなもんかな。 {/hiyo_en2/}ウェイン・クラマー監督のアメリカ映画「正義のゆくえ」のこと? {/kaeru_en4/}ああ、アメリカの不法移民問題をハリソン・フォード主演で描いたドラマ。 {/hiyo_en2/}「インディ・ジョーンズ」のハリソン・フォードが主演でタイト... [続きを読む]

» 「正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官」 社会について考えるきっかけを与えてくれる [はらやんの映画徒然草]
映画というのは純粋にエンターテイメントであるという側面もありますが、社会について [続きを読む]

» 『正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官』 試写会鑑賞 [映画な日々。読書な日々。]
多様な人種、さまざまな事情を抱えた移民が集まってくるロサンゼルス。移民局I.C.E.のベテラン捜査官マックスは不法就労者の取り締まりが任務だが、彼らの立場に同情的なため、つい彼らの事情を気遣ってしまう。そんなある日、同僚の妹が殺され遺品の中から偽造グリーンカ... [続きを読む]

» 「正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官」正しいことが全てを幸... [soramove]
「正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官」★★★☆オススメ ハリソン・フォード、レイ・リオッタ、 アシュレイ・ジャッド主演 ウェイン・クラマー監督、114分、2009年、2009-09-19公開                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← ハリソン・フォードの映画をゴールド劇場で見るとは思わなかった。 「自由の国に幸せを求めてやってきた移民と それを取り締まる移民・... [続きを読む]

» 正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官 [Movies 1-800]
Crossing Over (2009年) 監督:ウェイン・クラマー 出演:ハリソン・フォード、レイ・リオッタ、アシュレイ・ジャッド、クリフ・カーティス ロサンゼルスで暮らす不法移民、彼を取り締まる者、保護する者たちの姿を描く群像劇。 メキシコ、イラン、サウジアラビア、ナイジェリア、オーストラリア、韓国など様々な国からアメリカにやってきた世代や性別の異なる人々が、生活の為、自由の為、安全の為、そして名声の為と目的は違えど、合法的に暮らしたいという共通の望みを叶える為、もがき苦しむ様を描く。 9.1... [続きを読む]

» ★「正義のゆくえ I.C.E特別捜査官」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
今週の平日休みも「1ヶ月フリーパス」を使ってバリバリ観てやろうと思ってたけど、 新規公開作品がぱっとしないので、ちょっとスローダウン・・で2本。 [続きを読む]

» 「正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官」(CROSSING OVER) [シネマ・ワンダーランド]
9・11同時テロ多発事件以降、深刻化する米国の不法移民問題をハリソン・フォード主演で描く社会派サスペンス「正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官」(2009年、米、113分)。この映画は、様々な人種の移民を取り上げた群像劇で、不法移民らの過酷な現状と問題点を浮き彫りにする。監督は南アフリカ出身で、自身もグリーンカード(永住許可証)を取得した移民でもあるウェイン・クラマー。... [続きを読む]

» 『正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官』 [『映画な日々』 cinema-days]
正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官 移民に同情的な捜査官の心情と 周辺の出来事を平行して描く... 【個人評価:★★ (2.0P)】 (自宅鑑賞) 原題:Crossing Over [続きを読む]

« 「ココ・アヴァン・シャネル」 | トップページ | 「男と女の不都合な真実」 »