2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「ココ・シャネル」 | トップページ | 「96時間」 »

2009年8月23日 (日)

「ホッタラケの島 遥と魔法の鏡」

Hottarake  いつのまにか失くしてしまった母親の形見の手鏡を見つけるため、人間の世界でほったらかしにされたもので作られたホッタラケの島に迷い込んだ女子高生の冒険を描くCGアニメ。
 CGアニメはピクサーやドリームワークスなどが一歩先に行っている感もあるのだが、果たしてアニメ技術世界一と言われる日本のお手並み拝見…なのだがイマイチ感が強い!
 あれだけ違和感のあったピクサーやドリームワークスの絵に慣れてしまったせいか、この映画のキャラクターデザインには違和感を感じてしまうのだ。
 意外にもハリウッドのCGアニメの方が「萌え」を感じるのだが、この映画は狙っているのかそれがないのだ。
 まあ確かに主役の女の子は後半捕らわれの身になってからは、妙にエロいのだが…。
 そもそもこの映画は誰をターゲットにしているかわからない。
 子供向でもないし、大人向きと考えると若干物足りない。
 個人的には、本人に自覚がなくて使わないものを持っててもらえるなら全然OKなんだけどね。
 声の出演は綾瀬はるか(B88-W61-H91)、沢城みゆき(B79-W57-H84)、戸田菜穂(B82-W60-H88)。
 声優以外が声を担当すると叩かれることが多いが、綾瀬も戸田も下手ではなかった。
 監督は佐藤信介。
 Production I.Gなんで期待したんだけど、自分的にはこの映画をホッタラケの島に持っていってもらってもいいんだけどね。
 しかし、それ以上に予告編で見たアトムがやばそうな予感が…。

参加してます。よろしくで~す
   

« 「ココ・シャネル」 | トップページ | 「96時間」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/46001546

この記事へのトラックバック一覧です: 「ホッタラケの島 遥と魔法の鏡」:

» ホッタラケの島 遥と魔法の鏡 [だらだら無気力ブログ]
『スカイ・クロラ』を手掛けたプロダクションI.Gがフジテレビ開局50周年 記念作品として、埼玉県入間市の民間伝承をモチーフに、人間たちがほったら かしにしていた物で作られた不思議な島quot;ホッタラケの島quot;に迷い込んだ女子 高生・遥の冒険を描く。 ヒ..... [続きを読む]

» ホッタラケの島 遥と魔法の鏡 [LOVE Cinemas 調布]
『アマルフィ 女神の報酬』と同じくフジテレビ開局50周年記念作品。人がほったらかしにしていつの間にかなくなってしまったモノ、そんなモノで出来た島・ホッタラケを舞台に女子高生・遥の冒険ファンタジーCGアニメーション。制作は『キル・ビル』のアニメを担当したProduction I.Gが担当している。主役の遥の声優を綾瀬はるかが、他にも戸田菜穂、大森南朋、谷村美月といった人気俳優が出演。... [続きを読む]

» 「ホッタラケの島 〜遙と魔法の鏡〜」 父娘の物語 [はらやんの映画徒然草]
誰でも小さい頃はとっても大事にしていたのに、いつの間にかその在処がわからなくなっ [続きを読む]

» ★「ホッタラケの島 遥と魔法の鏡」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
今週の平日休みは「TOHOシネマズららぽーと横浜」で2本。 その1本目。 今年は邦画もアニメも鑑賞不足ぎみな気がしてたので、グッドタイミング。 [続きを読む]

» ホッタラケの島ー遥と魔法の鏡ー [映画君の毎日]
●ストーリー●16歳の遥は幼くして母親を亡くし、父親と二人で暮らしているが、最近は父とも口げんかばかりしていた。ある日、彼女は母親の形見の大事な手鏡をなくしてしまい、こっそり神社に願掛けに行く。そこにひょっこりとキツネのお面をかぶったテオが現れ、人がほったらか... [続きを読む]

» ホッタラケの島 遥と魔法の鏡 [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『あなたの忘れてしまったモノが この島にあります。』  コチラの「ホッタラケの島 遥と魔法の鏡」は、埼玉県入間市にあるハタノヤ稲荷に伝わる民話をモトに、いつの間にかなくなってしまったお母さんの形見の手鏡を取り戻す女子高生の遥(綾瀬はるか)の冒険を描いた...... [続きを読む]

« 「ココ・シャネル」 | トップページ | 「96時間」 »