2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「ぼくとママの黄色い自転車」 | トップページ | 「ちゃんと伝える」 »

2009年8月27日 (木)

「愛のむきだし」

Ainomukidashi  上映時間237分。
 これは危険だ。
 映画が面白くなくても我慢できる時間は2時間が限界の自分に取り、その2倍近くの時間は何かあった場合はもう取り返しができない。
 そんなわけで体調を整え観にいった。
 敬虔なクリスチャン一家に育った少年が、運命の少女との出会い、一瞬で恋に落ちる!!
 まあ一瞬といっても上映時間で1時間くらいかかっていて、そこでやっとタイトルが出てくるんだけどね(笑)
 途中でインターミッションが入る映画は、「七人の侍」以来かもしれない。
 いやはや大変面白い!
 もう一回観る気はないが、意外にもあっと言う間だった。
 とにかく前半の強引だが勢いのある展開が凄い!!
 盗撮、パンチラ、カルト教団、女装など、少し倒錯じみたところもあるが、間違いなく「純愛映画」だった。
 出演は西島隆弘、満島ひかり(B76-W58-H89)、安藤サクラ(B83-W58H80)の若手俳優やベテランの渡部篤郎など。
 特に「プライド」でもそうだが、満島ひかりのハイテンションの演技は見事!
 安藤サクラはキワ物女優の道をまっしぐらか?
 監督は園子温。
 面白いが上映時間が、回転率が悪いため劇場泣かせだし、今の若者に根性はないので、短縮版もありなのか?(自分は反対だけど)
 テレビ局関係の映画だと、やっぱり前編後編で盛り上げるんだろうなあ。

参加してます。よろしくで~す
   

« 「ぼくとママの黄色い自転車」 | トップページ | 「ちゃんと伝える」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/46040348

この記事へのトラックバック一覧です: 「愛のむきだし」:

» 映画「愛のむきだし」 [おそらく見聞録]
監督:園子温(その しおん) 出演:西島隆弘(最高)満島ひかり(最高)安藤サクラ(怖ええ) 出演:渡辺真起子 渡部篤郎 板尾創路  盗撮に明け暮れ、罪作りに励む、神父を父に持つ主人公。 そんな男が、ある日、生まれて初めて恋に落ちる。 そして「愛のむきだし... [続きを読む]

» mini review 10444愛のむきだし」★★★★☆☆☆☆☆☆ [サーカスな日々]
『紀子の食卓』が世界的に高く評価された園子温監督が、実話をベースに描く究極の純愛物語。幼少時に母親を亡くし理想の女性像を追い求める主人公を、人気グループAAAの西島隆弘が熱演。ヒロインに『プライド』の満島ひかり、彼らに近づく新興宗教団体の女に『風の外側』の安藤サクラがふんするほか、渡辺真起子、渡部篤郎ら実力派が脇を固める。カリスマロックバンドのゆらゆら帝国が、初めて映画に楽曲を提供しているのも話題だ。[もっと詳しく] 園子温監督の集大成とされる力作なのだろうが、僕はどこかで「食傷」気味だ。 2... [続きを読む]

» 愛のむきだし [映画的・絵画的・音楽的]
 前日のブログ記事で書きましたように、TSUTAYAから『愛のむきだし』のDVDを借りてきて見てみました。  この作品は、昨年さまざまの賞(注1)をもらって注目されていましたから是非映画館で見たいものだと思っていましたが、余りにも長尺のため二の足を踏んでいたところ、とうとう劇場公開は終わってしまい、そうなるとまあいいやとなって、DVDもそのまま見ずに終わるところでした。 (1)園子温監督の作品は、映画館では『ちゃんと伝える』しか見たことがありませんが、その映画のAKIRA(EXILE)といい、この... [続きを読む]

« 「ぼくとママの黄色い自転車」 | トップページ | 「ちゃんと伝える」 »