2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「96時間」 | トップページ | 「ぼくとママの黄色い自転車」 »

2009年8月25日 (火)

「宇宙(そら)へ。」

Rocketmen  NASAのマーキュリー計画→アポロ計画→スペースシャトルの歴史を振り返るドキュメンタリー。
 8月21日と22日が500円で観ることができたので迷わず観にいった。
 確かに50年代~60年代はアメリカがイケイケの時代で、あの勢いなら21世紀は月面都市ができているだろうと思っていた。
 しかし、実際にはヴェトナム戦争で宇宙開発は縮小することになってしまう。
 いかに戦争は金がかかるかよくわかる。
 一方ではアポロ計画から時間が経ちすぎて月面着陸は実は嘘だったのではないかとも思えてくる。
 映画はNASAの全面協力なので、ソ連関係はまるでなく、映画で有名なアポロ13号にも触れていない。
 基本的に新しい映像はないのだけど、大画面で観ることができるのは嬉しい限り。
 それに入場料500円だと心広くなって結構何でも許せてしまうんだよね~。
 この映画で唯一感動したのは、スペースシャトルが爆発した時のレーガン大統領の言葉だ。
 「未来は臆病者のものではなく、勇者のものです。」
 おそらく彼のブレーンが考えたんだろうけど、少し泣けた。
 日本語版ナレーションは宮迫博之は意外にうまかった。
 まあこの人お笑いというより、今や俳優だからねえ。

参加してます。よろしくで~す
   

« 「96時間」 | トップページ | 「ぼくとママの黄色い自転車」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/46009906

この記事へのトラックバック一覧です: 「宇宙(そら)へ。」:

» 宇宙(そら)へ。 [LOVE Cinemas 調布]
『ディープ・ブルー』、『アース』のイギリスBBCが今度は宇宙をテーマに製作。NASA50周年、人類の月面着陸40周年を記念したドキュメンタリー。NASAの秘蔵映像をふんだんに使ったアメリカの宇宙開発史を振り返った作品と言ってもよいかもしれない。製作総指揮・監督は『ダイアナ ~プリンセス最期の日々~ 』を手掛けたリチャード・デイル。日本語版ナレーションは宮迫博之(雨上がり決死隊)が務める。... [続きを読む]

» 「宇宙へ。」 ステップ・バイ・ステップ [はらやんの映画徒然草]
本日公開の本作、今日明日観ると500円ということで早速観てきました。 宇宙をテー [続きを読む]

» 宇宙へ。 [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『幾多の尊い命が、その栄光を支えた。』  コチラの「宇宙へ。」は、設立50周年を迎えたNASA(アメリカ航空宇宙局)が設立当初から記録していたフィルムを、イギリスのBBCがその膨大な記録映像を編集し、1本の映画にまとめた8/21公開のドキュメンタリー映画なのですが....... [続きを読む]

» 映画:宇宙(そら)へ。 [よしなしごと]
 公開初日の8/21と22はなんとすべての映画館で500円という超低価格設定。記事にするのが遅くなっちゃいましたが、初日の8/21に宇宙(そら)へ。を観てきました。低価格設定にもかかわらず映画館のスタンプカードには押印してくれました。スタンプの値段を考慮すると実質300円未満で観ることができました。  最近、出張だったり、ドラクエにはまっていたり、教習所に通ったりで記事にするのがだいぶ遅くなりました。... [続きを読む]

« 「96時間」 | トップページ | 「ぼくとママの黄色い自転車」 »