2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「人生に乾杯!」 | トップページ | 「群青 愛が沈んだ海の色」 »

2009年7月 2日 (木)

「The Harimaya Bridge はりまや橋」

Harimayabashi  日本の高知県で英語教師として働いていた息子が交通事故で死亡!
 画家としても才能を発揮していた息子の絵が日本に多くあることを知った父親(黒人)は、戦争で父を日本兵に殺されているため日本に嫌悪感を抱きながらも、絵を回収すべく日本の高知に行くのだった…。
 リーサル・ウェポン・シリーズのダニー・グローヴァーが出演&製作総指揮も務めているのだが、それなりに売れている彼が何故このような映画に参加しているのかよくわからない、
 監督は映画の登場人物と同様、英語教師として高知県に1年間滞在した経験を持つアーロン・ウールフォーク。
 外国人が作る日本が舞台の映画なので、その勘違いぶりを確認するために観にいったのだが、極めて普通に地味な良い映画だった。
 「007は二度死ぬ」クラスのものを期待すると肩透かし。
 つうか、今の時代にあれくらいのものが出てきたら、狙っているとしか思えない。
 差別されがちな黒人が、さらに日本人を差別している構造が生々しく、実はこの映画のもう一つのテーマはマイノリティと差別だったりする。
 主人公の息子の嫁が家族の絆と生活を一緒くたにしているのは、ちょっと不自然な感じもする。
 主人公の父親の戦争が第二次世界大戦だとすると年齢的に矛盾があったりするのだが、そこらへんは平行世界ということで軽く流してしまおう。
 意外にテンポがいいし、重たいテーマがある割りには暗い話でもないし、意外に拾いものかも。
 出演は外国人はダニー・グローヴァー以外誰もわからないが、日本側の出演者で話題なのは、とんねるずの石橋貴明の娘である穂のか(B80-W57-H84)だろう。
 さんまの娘もそうだが、な~んか微妙で、芸能人の世襲制も考えるべきではないか、いやマジで。
 この映画で思った以上に良かったのがMISONO(B80-W62-H90)で彼女の弾けっぷりは大切だよ。
 また高岡早紀(B87-W60-H90)の怖いまでのお色気には驚き!
 そんな映画でもないのに、妙に艶っぽくて困ってしまうのだ。

参加してます。よろしくで~す
   

« 「人生に乾杯!」 | トップページ | 「群青 愛が沈んだ海の色」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/45494154

この記事へのトラックバック一覧です: 「The Harimaya Bridge はりまや橋」:

» The Harimaya Bridge はりまや橋 [LOVE Cinemas 調布]
『僕らのミライへ逆回転』や『ブラインドネス』に出演していたダニー・グローヴァーが製作総指揮・出演し、実際に高知県に英語教師として1年間滞在した経験を持つアーロン・ウールフォークが自身で脚本も手がけ監督した作品。主演はベン・ギロリ。共演に高岡早紀、清水美沙。あまり聞かない日米韓の合作映画です。 ... [続きを読む]

« 「人生に乾杯!」 | トップページ | 「群青 愛が沈んだ海の色」 »