2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「それでも恋するバルセロナ」 | トップページ | 「The Harimaya Bridge はりまや橋」 »

2009年7月 1日 (水)

「人生に乾杯!」

Jinse  自動車修理会社を経営する成金の働き者の男が、元華族の令嬢恭子とお見合いをするのだが、彼女の一族は破産寸前だった…。
 木下恵介が原節子と組んだコメディで、今観ると、当時のリアルな様子がわかり、歴史的 価値の方が高くなってきている。
 一方では原節子の美しさが一番輝いている時でもある…ってそれは「お嬢さん乾杯」だっっちゅうの!
 前フリ長っ!
 自分が観たのは「人生に乾杯!」というハンガリー映画。 
 あ~韓国の怪獣映画のヤンガリーネタは禁止な。
 社会主義国だった1950年代のハンガリーで運命的に出会い結ばれたエミルとヘデも今や80歳と71歳の老人になっていた。
 年金だけでは暮らしていけず、二人の出会いのきっかけだったダイヤのイヤリングまで借金のカタに取られてしまう。
 怒りが爆発したエミルは紳士的な手段による強盗を繰り返すようになり、ヘディも彼と行動を共にすることになる。
 一方、二人の行動は民衆を巻き込んで予想もしない展開にねっていく…。
 正にハンガリー版「俺達に明日はない」状態!
 いや、老人だけに色々な意味で明日はないかもしれない。
 「グラン・トリノ」といい、元気な年寄り映画は観ていて気持ちが良い。
 同じハンガリー映画でも「反恋愛主義」と全然違うのは、やっぱり時代だろう。
 エミルとへディの出会った頃が社会主義の時代で、現在はその時と状況が変わってしまっていること(エミルの大事にしているチャイカは社会主義の象徴みたいなもの)、本編でエミルが「海を見たい」と言っているが、実はハンガリーに海がないなど、説明はないが、その国では当たり前のことが、逆にアメリカ映画を見慣れた自分には新鮮だった。
 重たい話かと思いきや、意外にコメディタッチなところもあって、面白くラストも意外などんでん返しがあって痛快!
 意外な佳作。
 二人を追う警察の動きにはツッコミ所もあるのだが、ハンガリーという国をよく知らないので、そんなものだと言われれば納得してしまいそうだ。

参加してます。よろしくで~す
   

« 「それでも恋するバルセロナ」 | トップページ | 「The Harimaya Bridge はりまや橋」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/45500463

この記事へのトラックバック一覧です: 「人生に乾杯!」:

» 人生に乾杯! [LOVE Cinemas 調布]
これが初体験のハンガリー映画。ということは当然話していたのはハンガリー語?監督は本作が長編デビュー作となるガーボル・ロホニ。主演はエミル・ケレシュ。共演にテリ・フェルディ。といっても殆どが主人公の老夫婦と若い刑事のカップルの話なのでこの他に目だって登場するのは2人ぐらいだったり。ハンガリーといえば元共産主義国でF1の開催国だということ位しか知りませんが、ちょっとコミカルなノリが気になった作品です。 ... [続きを読む]

» *『人生に乾杯!』* ※ネタバレ有 [〜青いそよ風が吹く街角〜]
2007年:ハンガリー映画、ガーボル・ロホニ監督、エミル・ケレシュ、テリ・フェルディ主演。 [続きを読む]

» ★「人生に乾杯!」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
今週の平日休みは、久しぶりに「チネチッタ川崎」で。 最近どうも観たい作品がなかったチネ・・・ 大手シネコンとは別路線でラインナップし始めてるねっ。 [続きを読む]

» 『人生に乾杯!』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「人生に乾杯!」□監督 ガーボル・ロホニ□キャスト エミル・ケレシュ、テリ・フェルディ、ユディト・シェル、ゾルターン・シュミエド ■鑑賞日 7月26日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> 淡々と進んでいくこの物語には、派手なアクションや高度なCGや特殊SFXもなく、そうかと言ってバカ高いギャラを興収に関係なく持ち逃げする有名な役者もいない。 だけど無駄な飾りを一切切り落とした、それでにいて生身の... [続きを読む]

» 人生に乾杯! [~映画盛り沢山~]
2010年12本目 早稲田松竹で観てきました 同時上映の『サンシャイン・クリーニング』よりこっちの方が個人的には好きでした おじいちゃんカッコよすぎw 年金生活を送っているエミルとヘディ老夫婦は家賃も払えないほどに生活に困っていた。そんな中夫エミルのとった行動はなんと銀行強盗。その手口は実に紳士的で同じく年金生活を送っている高齢者たちの支持を得ながら強盗と逃亡を繰り返していく。 ハンガリーの映画なんですが、ハンガリーも高齢者の年金問題があるのでしょうね 日本でも最近は... [続きを読む]

« 「それでも恋するバルセロナ」 | トップページ | 「The Harimaya Bridge はりまや橋」 »