2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「宮本武蔵 -双剣に馳せる夢-」 | トップページ | 「トランスフォーマー/リベンジ」 »

2009年6月20日 (土)

「愛を読むひと」

Aiwoyomuhito  15歳のマイケルはある日、21歳年上のハンナと出会い、彼女と彼女の肉体にどっぷり漬かってしまう。。
 ところがある日突然、彼女はマイケルの前から姿を消し、数年後、法学専攻の大学生となった彼は法廷でハンナと思の再会は法廷だった…。
 アカデミーでノミネートに上がった時は、「君に読む物語」と勘違いしてしまった、テヘ。
 ベルンハルト・シュリンクの「朗読者」が原作だが、自分は未読。
 少年と年上の女性の筆降ろし系の話かと思ったら、後半はナチスの戦犯の話という重たい話になってしまう。
 まあ、確かにそんな「青い体験」みたいな話がアカデミーにノミネートにされるわけもないいよなあ。
 一方ではやりたい盛りの少年なので、物凄い年上だろうとお願いできたらOKなんだろうという気持ちは痛い程わかった。
 ハンナが生死と引き換えにしても「秘密」を守らなくてはならない理由が重要なのにすぐにわかり辛いのが残念。
 あと、ドイツが舞台なのに相変わらず英語を話すドイツ人というのに違和感ありなのだが、これは英語圏の映画の仕様なんだろうなあ。
 ハンナ役のケイト・ウィンスレットは乳輪大きめの胸を出しながら頑張っていた。
 彼女の何とも言えない表情を見るとアカデミー賞をもらうのもわかるような気がした。
 監督は「リトル・ダンサー」のスティーヴン・ダルドリー。
 共演でブルーノ・ガンツが出ていたので、絶対にヒトラー役だと思ったら、マイケルの先生役だった。
 予告でガンガン聞かされる平井堅の歌が、エンドロールで差し替えになるとあきらめていたら、そんなことなくて良かった、いやマジで。

参加してます。よろしくで~す
   

« 「宮本武蔵 -双剣に馳せる夢-」 | トップページ | 「トランスフォーマー/リベンジ」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/45391723

この記事へのトラックバック一覧です: 「愛を読むひと」:

» 愛を読むひと [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『愛は、本に託された』  コチラの「愛を読むひと」は、全世界500万人が涙したベルンハルト・シュリンクのベストセラー小説を映画化した6/19朗読の日に公開されたPG-12指定の大河ロマンスなのですが、公開初日に早速レイトショーで観てきちゃいましたぁ〜。第81回アカ....... [続きを読む]

» 愛を読むひと [LOVE Cinemas 調布]
ベルンハルト・シュリンクのベストセラー『朗読者』を映画化。監督は『リトル・ダンサー』のスチーブン・ダルドリー。主演はこの作品でアカデミー賞主演女優賞を獲得したケイト・ウィンスレット。そして共演に『ハリーポッター』や『ある公爵夫人の生涯』のレイフ・ファインズと実際にティーンエイジャーのデヴィッド・クロスが出演。オスカー女優となったケイトの作品をようやく観ることが出来ます。... [続きを読む]

» 愛を読むひと [悠雅的生活]
人間を完全にするもの。それこそが愛。 [続きを読む]

» 【愛を読むひと】★ケイト・ウィンスレット★レイフ・ファインズ [猫とHidamariで]
わずか1ページで  終わった恋が、    永遠の長編になる―愛を読む人 HP愛を読む人 シネマトゥデイ英題:THEREADER製作年:2009年製作国:アメリカ日本公開:2009年6月19日スタッフ監督:スティーヴン・ダルドリー製作:アンソニー・ミンゲラ/シドニー・ポラッ...... [続きを読む]

» 映画「愛を読むひと」@明治安田生命ホール [masalaの辛口映画館]
 人気作品だけに開場後直ぐに多くの座席が埋り立ち見客が出てしまう。その為に主権者が空席探しに時間がかかり開映時刻も10分程送れて上映が開始された。客層はほぼ女性ばかりで小学生位の女子の姿もある。  映画の話 1958年のドイツ、15歳のミヒャエルは21歳も年上...... [続きを読む]

» 彼女も戦争の被害者。『愛を読むひと』 [水曜日のシネマ日記]
15歳の少年が21歳年上の女性の出会い、別れと再会を描いた作品です。 [続きを読む]

» 愛を読むひと [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
ナチスの戦争犯罪が追及される1950年〜1960年代を背景に、年上の女性に恋した少年の初恋と突然の別れ、そして再会。 ヒロインが背負う重い罪と、哀しい秘密により波乱の運命をたどる二人の30年に及ぶ、時間の流れの中で育まれた究極の愛の物語。 物語:少年マイ....... [続きを読む]

» 愛を読むひと◆◇The Reader [銅版画制作の日々]
わずか1ページで終わった恋が、永遠の長編になるーーーーー。 6月20日、東宝シネマズ二条にて鑑賞。ケイト・ウィンスレットが本作でアカデミー賞主演女優賞をゲットした。いやあ彼女が立て続けに賞を受賞しているので、驚きです。勝利の女神が彼女に取り付いたのかもしれませんね。 そして本作は全世界500万人が涙したベストセラー小説「朗読者」の映画化だそうです。宣伝はもちろん、ケイトのオスカー受賞も効果してか?シアターにもお客さんが結構入ってました。話題になれば、やっぱり気になる。少しでも早く観たいという気持... [続きを読む]

» 愛を読むひと [★YUKAの気ままな有閑日記★]
第81回アカデミー賞で、ケイト・ウィンスレットが最優秀主演女優賞を獲得した作品。原作『朗読者』(ベルンハルト・シュリンク著)も先日読了し、映画を楽しみにしていました。 というのも、原作では今一つ内容を感じ切れず、、、「映像で観た方が心に迫るかもしれないなぁ〜」と思っていたからです―【story】1958年。大戦後のドイツ。15才のマイケル(デヴィッド・クロス)は、36才のハンナ(ケイト・ウィンスレット)と激しい恋に落ちる。ハンナはマイケルに本の朗読を頼み、いつしかそれが二人の愛の儀式となる。しかし突... [続きを読む]

» 『愛を読むひと』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「愛を読むひと」□監督 スティーヴン・ダルドリー □脚本 デヴィッド・ヘア□原作 ベルンハルト・シュリンク(「朗読者」) □キャスト ケイト・ウィンスレット、レイフ・ファインズ、デヴィッド・クロス、レナ・オリン、アレクサンドラ・マリア・ララ、ブルーノ・ガンツ■鑑賞日 6月20日(日)■劇場 109CINEMAS川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> 第66回ゴールデングローブ賞では主演女優賞と助演女優賞に輝いたケイト・ウィンスレット。 本番のアカデ... [続きを読む]

» 『愛を読むひと』を観たぞ〜! [おきらく楽天 映画生活]
『愛を読むひと』を観ました幼いころに恋に落ち、数年後に劇的な再会を果たした男女が、本の朗読を通じて愛を確かめ合うラブストーリーです>>『愛を読むひと』関連原題: THEREADERジャンル: ドラマ/ロマンス/戦争上映時間: 124分製作国: 2008年・アメリカ/ドイ...... [続きを読む]

» 愛を読むひと [必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!]
[愛を読むひと] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ 評価:7.5/10点満点 2009年63本目(58作品)です。 1958年ドイツ。 猩紅熱で体調を崩していた15歳のマイケル(デヴィッド・クロス)は、自分を助けてくれた21歳年上のハンナ(ケイト・ウィン..... [続きを読む]

» 愛を読むひと [pure's movie review]
2008年 アメリカ・ドイツ作品 124分 ショウゲート配給 原題:THE READER STAFF 監督:スティーヴン・ダルドリー 脚本:デヴィッド・ヘア 原作:ベルンハルト・シュリンク『朗読者』 CAST ケイト・ウィンスレット レイフ・ファインズ デヴィッド・クロス レナ・オリン 戦争を経験したわけでもなければ、歴史にも疎いので、時代背景を考えた難しい感想を語ることが出来ないのだけれども、ただただ驚いたのはオスカーを受賞したケイト・ウィンスレットの演技と存在感。レボリューショナリー・ロ... [続きを読む]

» 『愛を読むひと』 試写会鑑賞 [映画な日々。読書な日々。]
1958年のドイツ、15歳のマイケルは21歳も年上のハンナと恋に落ち、やがて、ハンナはマイケルに本の朗読を頼むようになり、愛を深めていった。ある日、彼女は突然マイケルの前から姿を消し、数年後、法学専攻の大学生になったマイケルは、無期懲役の判決を受けるハンナと法... [続きを読む]

» 「愛を読む人」高潔で気品ある囚人 [soramove]
「愛を読む人」★★★★☆オススメ ケイト・ウィンスレット 、レイフ・ファインズ 、デヴィッド・クロス 主演 スティーヴン・ダルドリー 監督、2008年、124分 、アメリカ 、ドイツ                               ★映画のブログ★                               どんなブログが人気なのか知りたい 「ケイト・ウィンスレット が 念願のアカデミー賞主演女優賞を 獲得した作品。 どんな作品なのかタイトルから... [続きを読む]

» 愛を読むひと [映画、言いたい放題!]
ケイト・ウインスレットが嫌いです。(笑) だって、演技パターンみたいなのが決まっていて 何をやっても一色なんだもの。 しかしこの人、評価されてますよね。 アカデミー賞主演女優賞も取ったらしいし。 一応観ておきますか。 1958年のドイツ。 15歳のマイケルは21歳年上... [続きを読む]

» 『愛を読むひと』'08・米・独 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...]
あらすじ1958年、ドイツ。15歳の少年マイケルは年上の女性ハンナと激しい恋におちる。ある日、ハンナは本の朗読を頼み子供のように、その物語に聞き入った。以来、“朗読"は... [続きを読む]

« 「宮本武蔵 -双剣に馳せる夢-」 | トップページ | 「トランスフォーマー/リベンジ」 »