2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「レスラー」 | トップページ | 「人生に乾杯!」 »

2009年6月30日 (火)

「それでも恋するバルセロナ」

Soredemokoisuru  堅実派と情熱派という互いの恋愛観はまるで正反対の2人のアメリカ人女性が、バカンス先のスペインで、地元のセクシーな画家、そしてエキセントリックなその元妻と織り成す複雑な恋愛コメディ。
 監督のウディ・アレンの女性の趣味は何となく自分と合うので、今回も彼がここ最近連続で起用しているスカーレット・ヨハンセンとペネロペ・クルスのガチンコお色気対決になっているのは嬉しい限り!
 スカーレット・ヨハンセンの小柄ながらも豊満な胸や、ペネロペの過剰なお色気を観ているだけで、もうお腹一杯になってしまう。
 つうか、これって完全に女優のアイドル映画なんよね。
 ところが、アイドル映画=あまり面白くないというのが定番で、この映画もそれに近いものがある。
 意味があるとは思えないナレーションと、ご都合主義の展開、最後のペネロペの行動なんか「火曜サスペンス」みたいで、ちょっと興醒め。
 ナレーションは昔のニュース映画っぽく、わかりやすいし、完全否定はしない。
 ペネロペは、この映画でアカデミー賞助演女優賞をもらっている。
 確かに彼女の演技は鬼気迫るものがあったが、過剰評価じゃないの?
 ただ観光映画としてはバロセロナが満喫できてしまうので、スペインに行きたけど金はなし…という人はこの映画を観るのがいいかも!
 上映時間も短いしね。

参加してます。よろしくで~す
   

« 「レスラー」 | トップページ | 「人生に乾杯!」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/45493858

この記事へのトラックバック一覧です: 「それでも恋するバルセロナ」:

» それでも恋するバルセロナ [LOVE Cinemas 調布]
ウディ・アレン監督のロマンティックコメディ。出演は『ノーカントリー』のハビエル・バルデム、『エレジー』のペネロペ・クルス、『ブーリン家の姉妹』のスカーレット・ヨハンソン、『フロスト×ニクソン』のレベッカ・ホール。特にペネロペは本作でアカデミー賞助演女優賞を獲得したています。スカーレットとペネロペファンの私としては、前売り発売と同時に買って楽しみに待っていた一作です♪... [続きを読む]

» それでも恋するバルセロナ [だらだら無気力ブログ]
ウディ・アレン監督がスペイン・バルセロナを舞台に恋愛観が対象的な二人の アメリカ人女性とスペイン人画家とその元妻が織りなす四角関係の恋模様を 描くロマンチック・コメディ。ヴィッキーとクリスティーナは恋愛観は正反対なんだが親友同士。 ヴィッキーは堅実かつ理論..... [続きを読む]

» それでも恋するバルセロナ [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『この恋、想定外』  コチラの「それでも恋するバルセロナ」は、第81回アカデミー賞でペネロぺ・クルスが助演女優賞を受賞、ゴールデン・グローブ賞で作品賞(ミュージカル・コメディ部門)を受賞した6/27公開のウディ・アレン監督のラブコメディなのですが、早速観て....... [続きを読む]

» それでも恋するバルセロナ [必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!]
[それでも恋するバルセロナ] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ 評価:9.0/10点満点 2009年64本目(59作品)です。 クリスティーナ(スカーレット・ヨハンソン)と、ヴィッキー(レベッカ・ホール)は、スペインのバルセロナでバカンスを取って..... [続きを読む]

» 「それでも恋するバルセロナ」(VICKY CRISTINA BARCELONA) [シネマ・ワンダーランド]
米国映画界の才人、ウディ・アレン監督が2008年にメガホンを執ったラブ・ロマンス・ムービー「それでも恋するバルセロナ」(原題=バルセロナのヴィッキー、クリスティーナ、米・西、96分、W.アレン脚本)。本作は、アレン映画として初めてスペイン・バルセロナを舞台とし、同所をバカンスで訪れた2人のヘ米国人女性と地元のセクシーな男性画家、さらにはその元妻、4人が織り成す恋模様を描いている。複雑に絡み合うラブ・ロマンスはアレン映画のテーマの中核をなすものであるが、本作ではそのもの足りなさが否めない。な...... [続きを読む]

» それでも恋するバルセロナ [★YUKAの気ままな有閑日記★]
第81回アカデミー賞最優秀助演女優賞受賞(ペネロペ・クルス)、第66回ゴールデングローブ賞最優秀作品賞受賞作品―【story】バカンスを楽しむためバルセロナにやってきた親友同士、ヴィッキー(レベッカ・ホール)とクリスティーナ(スカーレット・ヨハンソン)。慎重なヴィッキーは真面目な彼と婚約中。一方、自由奔放なクリステーナは彼氏と別れたばかり。2人はセクシーな画家フアン・アントニオ(ハビエル・バルデム)と出会う。クリスティーナは一目で彼に惹かれ、最初反発していたヴィッキーまでも彼に惹かれていく―ところが... [続きを読む]

» ★「それでも恋するバルセロナ」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
今週の平日休みは「109シネマズ川崎」で鑑賞。 ひらりんお気に入りのペネちゃんのオスカー受賞作。 思わずスクリーンに「おめでとう」と叫びたくなったが、恥ずかしいのでやめましたが。... [続きを読む]

» 「それでも恋するバルセロナ」 [クマの巣]
「それでも恋するバルセロナ」、観ました。 旅行でスペインのバルセロナにやってきたヴィッキーとクリスティーナの前に、芸術家のアント... [続きを読む]

» 『それでも恋するバルセロナ』試写会鑑賞 [映画な日々。読書な日々。]
ヴィッキーとクリスティーナは親友同士。ヴィッキーは真面目で、立派な若者と婚約中。一方のクリスティーナは自由奔放で、情熱的な恋を常に探している。そんな二人は、バルセロナで一夏を過ごすことになる。そこ二人は魅力的な画家、フアン・アントニオと出会う。クリスティ... [続きを読む]

» それでも恋するバルセロナ [Addict allcinema 映画レビュー]
この恋、想定外 [続きを読む]

» 『それでも恋するバルセロナ』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「それでも恋するバルセロナ」□監督・脚本 ウディ・アレン □キャスト ハビエル・バルデム、ペネロペ・クルス、スカーレット・ヨハンソン、レベッカ・ホール、パトリシア・クラークソン、ケヴィン・ダン、クリス・メッシーナ■鑑賞日 7月19日(日)■劇場 109CINEMAS川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5) <感想> スペインはバルセロナを舞台に、日本人ではこんな三角、いや四角関係は無理だろうとも思える関係を、ウディ・アレンが独自の“毒”... [続きを読む]

» 「それでも恋するバルセロナ」 [心の栄養♪映画と英語のジョーク]
バルセロナを堪能いたしました [続きを読む]

» 『それでも恋するバルセロナ』 [『映画な日々』 cinema-days]
それでも恋するバルセロナ 性格の違う親友二人が旅先で 知り合った男性に恋をする... 【個人評価:★★ (2.0P)】 (自宅鑑賞) 原題:Vic... [続きを読む]

» 『それでも恋するバルセロナ』'08・米 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...]
あらすじヴィッキーとクリスティーナは親友同士。ヴィッキーは慎重派で、堅実な彼と婚約中。一方のクリスティーナは恋愛体質な情熱家。2人はアメリカを離れ、ひと夏をバルセロナで... [続きを読む]

» 映画「それでも恋するバルセロナ」お気軽バルセロナ観光を楽しむ [soramove]
「それでも恋するバルセロナ」★★★DVD鑑賞 ハビエル・バルデム、ペネロペ・クルス、スカーレット・ヨハンソン主演 ウディ・アレン監督、107分 、 2009年6月27日公開、2008,スペイン、アメリカ,アスミック・エース (原題:Vicky Cristina Barcelona )                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← ペネロペ・クルスはこの作品でアカデミー賞・助演女優賞を獲得した。... [続きを読む]

» mini review 10464「それでも恋するバルセロナ」★★★★★★★☆☆☆ [サーカスな日々]
ウディ・アレン監督がスペインのバルセロナを舞台に、四角関係の恋愛を描くロマンチック・コメディー。二人のアメリカ人女性、そしてスペイン人の画家と彼の元妻が、各々の個性や恋愛観のもとに駆け引きを繰り広げる。『マッチポイント』『タロットカード殺人事件』に続きウディ監督作品でヒロインを演じるスカーレット・ヨハンソンのほか、スペインを代表する俳優のハビエル・バルデムとペネロペ・クルスが出演。魅力的な俳優陣に加え、街の風景にも酔いしれることができる。[もっと詳しく] ヨハンソンはやっぱり、すごい女優さんにな... [続きを読む]

« 「レスラー」 | トップページ | 「人生に乾杯!」 »