2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 劇場版「空の境界」Remix -Gate of seventh heaven- | トップページ | 「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」 »

2009年6月27日 (土)

やっぱり初期型マイケル・ジャクソンでしょ!

Photo  自分の車は、当時金がなかったのでカーステはカセットだ。
 今やカセットテープを売っている店も少なくなり、新しい新譜もいちいちテープに録音しなくてはならないので大変面倒臭い。
 まあ、エイトトラックよりは遥かにマシなんだけどね。
 そんなわけで、車で聞く音楽は80年代に録音したものが多く、当然少し伸びて、音がこもっている状態だ。
 レベッカやらCCBなどのテープに交じって、20年以上の現役を誇るのがマイケル・ジャクソンの「スリラー」を録音したテープだ。
 2009年6月26日の朝、テレビを観た時の衝撃は大きい!
 マイケルが死んだ~?
 う~ん、確かに長生きするような人とは思えなかったが、いきなりすぎるし、50歳って若すぎるだろ。
 忌野清志郎といい、どうして若くして死ぬんだ?
 若い人はマイケルといえば、改造人間、ロリでホモという印象しかないだろう。
 確かに末期のマイケルは、その存在そのもがスリラーなのだが、1980年代、特に「スリラー」が売れまくっていた頃は、凄いアーティストが出てきたなあと思った。
 おそらくミュージックビデオを定着させ、その概念を変えたのは間違いなく彼だろう。
 特に「スリラー」は監督がジョン・ランディスで、マイケルが特殊効果で狼男になったり、ゾンビと踊ったりして、へたな映画よりも映画になっていた。
 初めて観た時のショックは大きい!
 一応、劇場映画にも出演しているが、彼の映像の中では「スリラー」は間違いなく一番だ。
 このビデオが映画に与えた影響は大きい。
 今では当たり前のMTVっぽい映画は、ここらへんの時代から目立つようになってくる。
 その後もマイケルは絶好調なのだが、同時に肌は白くなり、顔かたちもどんどん変わっていく。
 正直、末期は別物だった。
 努力すれば黒人も白人になれる…という黒人の子供たちに変な希望を与えたことも確かだ。
 色々事件もあったが、まあ天才に有りがちな性癖だ。
 でもやはり自分は初期型マイケルの時が一番好きだな。
 そういえば成田美名子の「CIPHER」でマイケル人形が出てきたが、あれって今ではレア物だよな。
 とにかく安らかに眠れ、マイケル。
 おそらく、ハリウッドは伝記映画を作り始めるんだろうな。

参加してます。よろしくで~す
   

« 劇場版「空の境界」Remix -Gate of seventh heaven- | トップページ | 「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

ぼく、マイケルのファンです!!
ぼくもあなたの意見に賛成です。
初期のマイケルカッケー。
でも歌で一番は
Wanna Be Stasin' Somesin'
です

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/45462904

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱり初期型マイケル・ジャクソンでしょ!:

« 劇場版「空の境界」Remix -Gate of seventh heaven- | トップページ | 「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」 »