2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「ハゲタカ」 | トップページ | 「ザ・スピリット」 »

2009年6月 9日 (火)

「アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン」

Icomewiththerain  「MR.BRAIN」の時は放送前までほとんどテロに近い状態で宣伝していたが、同じキムタク出演でも、この映画は公開劇場も少ないが、それ以前に作品そのものの存在を知らない人が多い。
 キムタクは「2046」にも地道に出演していたりしているのだが、この手の映画はひっそり公開が終わってしまうのだ。
 そんなキムタクとイ・ビョンホン、ジョシュ・ハートネットという日・韓・米のイケメン俳優が出演するのが、「アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン」だ。(久しぶりの英語カタカナ読みタイトル)
 そういえば、キムタクとイ・ビョンホンの共演って「HERO」でもあったなあ。
 トラウマを抱えた元刑事の私立探偵が大富豪の息子探しのためロス→フィリピン→香港と駆け巡る。
 一方、マフィアのボスも、自分の愛人が一緒にいるので富豪の息子を捜していた…。
 ちなみに、主演はジョシュ・ハートネットで、キムタクは行方不明の息子役なので、出演時間は異常に少なく、またセリフはほとんどない。
 だから毎度お馴染み何やってもキムタクにはなっていないが、彼目当てで行くと肩透かし。
 いや、もっと言うと相当人を選ぶ話なので、テレビ感覚で行くと2時間近い拷問になってしまう。
 個人的には死ぬほどつまらない。
 けだるい雰囲気や、キムタクをキリストと見立てた宗教の話などやりたいことや、いいたいことはわかるのだが、だからといって映画が面白いかどうかは別だ。
 こういうのを面白いと言えるのがかっこいい映画ファンなんだろうけど、自分は無理なのでまだまだ修行が足りないと思った。
 キムタクの演じる青年は他人の痛みを身代わりとなって引き受けるという不思議な力を持つのだが、ちょっと前に「KIDS」や、もっと前に「パタリロ!」でもその話があったので、定番といえば定番なのかもしれないが、新鮮味はなく「またか」という気持ちが強い。
 また、ジョシュ・ハートネット演じる探偵が刑事時代に追いかけていた殺人犯が、人を使ってオブジェを作る芸術家(ちょっとレクター博士入っています)なのだが、その作品が真剣良くできていて、この映画の最大の見所であるが、反面大変気持ちが悪い。
 全体的に「痛み」ということに関しては、この映画は成功しているが、観ていて不快になっても仕方ない。
 やっぱり、映画は明るく楽しくだよね。
 監督は。「青いパパイヤの香り」や「夏至」のトラン・アン・ユン。
 「ノルウェイの森」は、この人が監督らしいが、ちょっと微妙な不安が…。
 劇場は監督の新作目当てで来ている濃い映画ファンと、キムタク目当てっぽい女子に分かれており。後者の方は場違いなところに来てしまったという雰囲気が漂っていたことは言うまでもない。
 とりあえずイケメン3人は必ずどこかで上半身裸になっているので、そっち方面目当ての人には見逃せないかも。

参加してます。よろしくで~す
   

« 「ハゲタカ」 | トップページ | 「ザ・スピリット」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

女子校生だけでなく、イ・ビョンホン目当てのおばさま方も微妙な表情でしたよ。(笑)
ぶっちゃけコレはダメですね。つまらないというか、エピソードを観客に投げて投げっぱなし、あとは自分で考えろ・感じろってことなのかもしれないけど、それは反則ですよね。

TB有難うございました。
説明が少なく、シーンもかなりぶち切り状態なので
自分でそのシーンを様々な断片を追いながら
構築していくため、非常に疲れました。
最後まで監督の意図が分からなかった(笑)

今度、訪れた際には、
【評価ポイント】~と
ブログの記事の最後に、☆5つがあり
クリックすることで5段階評価ができます。
もし、見た映画があったらぽちっとお願いします!!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/45280259

この記事へのトラックバック一覧です: 「アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン」:

» 「アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン」プチレビュー [気ままな映画生活]
日韓米のイケメン俳優たちが共演。 女性陣にとっては珠玉の喜びになるはずだった・・・ [続きを読む]

» アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン [だらだら無気力ブログ]
他人の傷や痛みを自分の体に引き受ける能力を持った男を巡って、元刑事の 探偵や香港マフィアを巻きこんで起こるサスペンス。ある大企業の創業者から失踪した息子シタオを捜索する依頼を受けた元刑事 の私立探偵のクライン。早速シタオがいたと思われるフィリピンのミンダ..... [続きを読む]

» 「アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン」不確かだけど、その存在を願... [soramove]
「アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン」★★★ ジョシュ・ハートネット 、イ・ビョンホン 、木村拓哉 出演 トラン・アン・ユン 監督、2009年、114分、フランス                                 ★映画のブログ★                               どんなブログが人気なのか知りたい 「富豪の息子シタオが失踪した、 捜索以来を受けた探偵と 香港の刑事、3人の男の物語、 フィリピンと香港を舞台に、 観念的な世界と現実... [続きを読む]

» アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『男たちの運命は、 美しく、そして切ない…』  コチラの「アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン」は、ジョシュ・ハートネット、木村拓哉、イ・ビョンホンという、アメリカ、日本、韓国のスター俳優3人が共演したPG-12指定のサスペンスです。監督は、「青いパパイヤの香り」....... [続きを読む]

« 「ハゲタカ」 | トップページ | 「ザ・スピリット」 »