2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」 | トップページ | 「それでも恋するバルセロナ」 »

2009年6月29日 (月)

「レスラー」

Hewrester  子供の頃、世の中で一番強いのはプロレスラーだと思っていた。
 プロレスがゴールデンタイムに放送されていた時代で、手に汗握りながら見ていた。
 もちろんその後、プロレスは演出された興行であることを知るのだが、それでもプロレスラーの動きは一般人に真似できるものではなく、世の中で一番ではないが強いことには変わりなかった。
 先日、2代目タイガーマスクこと三沢光晴が亡くなったのはショックだった。
 改めてプロレスラーも死ぬことを実感した。
 そんな気分の中、「レスラー」を観た。
 ミッキー・ロークが、かつては大活躍で人気があったが、今や落ち目のプロレスラーの孤独な後半生を演じている。
 映画の主人公が、演じているミッキー・ロークの人生とシンクロしているため鬼気迫るものがある。
 主人公は80年代に大活躍したが、今や老体に鞭打ちながら地方興行に出場して細々と現役を続け、私生活はトレーラーハウスに一人で住み、スーパーマーケットでアルバイトをしている。
 娘とはうまくいってないし、長年のステロイド常用で心臓発作で倒れたこともある。
 老眼鏡と補聴器が手放せない。
 強いはずのプロレスラーも年には勝てないし、基本的にはどこにでもいる親父と変わらない。
 いや、むしろ命を削っているのに保障がない分厳しい。
 観ていて、初老に差しかかった不器用な中年の悲哀に泣けた。
 年とったらさっさと引退して、違う仕事をやればいいのにと思うかもしれないが、これこそ本当に不器用な男なのだ。
 日焼けサロンに通ったり薬を使ったり、意外に普段の細かい努力がいる裏側も興味深い。
 試合前の打ち合わせも人によっては八百長だというかもしれないが、自分はエンターテナーとしてのプロフェッショナル魂を感じた。
 これはもうプロレスラーというよりどんな仕事にも置き換えれる男の生き様だと思う。
 また彼が思いを寄せる盛りを過ぎたストリッパーも涙なくして見ることはできない。
 演じているマリサ・トメイが本当に若くないのに身を張っている。
 監督のダーレン・アロノフスキーは映像先走り派だと思ったが、ちゃんと物語が描けることがわかった。
 アカデミー主演男優賞は「ミルク」のショーン・ペンだったが、自分は絶対にミッキー・ロークだと思うけどなあ。

参加してます。よろしくで~す
   

« 「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」 | トップページ | 「それでも恋するバルセロナ」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

はじめまして DVDcdで友達と 見ました

>観ていて、初老に差しかかった不器用な中年の悲哀に泣けた。
 年とったらさっさと引退して、違う仕事をやればいいのにと思うかもしれないが、これこそ本当に不器用な男なのだ。

 プロレス以外のことは みんなダメbearingなんですよね ランディは。一種の"職人気質"って ヤツですか・・・

 それでも、娘との 約束をすっぽかすのは さすがに まずいぜwobbly せっかく 親子関係の修復のチャンスだったのに


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/45435327

この記事へのトラックバック一覧です: 「レスラー」:

» レスラー [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『人生は過酷である、ゆえに美しい。』  コチラの「レスラー」は、80年代に人気を博したスター時代から人生のどん底をなめた主演のミッキー・ロークが、自身の人生とオーバーラップするような老レスラーを演じ話題となり、全世界の映画賞54冠に輝いた6/13公開のR-15指....... [続きを読む]

» エメラルドグリーンの男 [MESCALINE DRIVE]
2009年6月13日。日付が変わる間際、テレビ番組を見ていたら画面上部をニューステロップが流れた。そ... [続きを読む]

» 映画「レスラー」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:THE WRESTLER プロレス好きで、落ちぶれて体はボロボロでもリンングに上がり続け、生活は苦しくスーパーでアルバイトをしながらも部屋代さえ払えない、そんな男の物語・・・ つい最近の衝撃的なニュース、それは2009年6月13日のこと、既に満身創痍の体調不良ながらも... [続きを読む]

» 「レスラー」 エンジンが燃え尽きるそのときまで [はらやんの映画徒然草]
80年代に活躍したレスラー、ランディ。 彼の生き様は曲がることのできない車をひた [続きを読む]

» 「レスラー」(THE WRESTLER) [シネマ・ワンダーランド]
「イヤー・オブ・ザ・ドラゴン」「ナイン・ハーフ」「エンゼル・ハート」などの作品に出演し、主に80年代に活躍した米俳優、ミッキー・ローク主演のヒューマン・ドラマ「レスラー」(2008年、米、109分、ダーレン・アロノフスキー監督、R-15指定)。この映画は、M・ロークがかつて、脚光を浴びた人気プロレスラーの孤独な後半生を自らの役者人生と重ね合わせながら、哀愁に満ちたものとして描いている。本作はベネチア国際映画祭で金獅子賞を受賞し、オスカーでは主演男優賞や助演女優賞にノミネートされた。... [続きを読む]

» mini review 10443「レスラー」★★★★★★★☆☆☆ [サーカスな日々]
自らの生き様を貫き通す中年プロレスラー役がミッキー・ロークのはまり役となり、数々の映画賞に輝いたエネルギッシュで感動的な人間ドラマ。監督は『π』『ファウンテン 永遠つづく愛』のダーレン・アロノフスキー。主人公の一人娘には『アクロス・ザ・ユニバース』のエヴァン・レイチェル・ウッドがふんし、主人公が好意を寄せるストリッパーを『いとこのビニー』のマリサ・トメイが演じる。栄光の光と影、落ちてもなお失わない尊厳を体現するミッキー・ロークの名演に、大きく心を揺さぶられる。[もっと詳しく] ミッキー・ロークの復... [続きを読む]

» レスラー(感想172作目) [別館ヒガシ日記]
レスラーはWOWOWでし鑑賞したけども 結論は予想より試合の所は少なのは不満だが プロレス大好きから見ると良い感じの内容だよ [続きを読む]

» 映画『レスラー』を観て [KINTYRE’SDIARY]
9-39.レスラー■原題:TheWrestler■製作年・国:2008年、アメリカ・フランス■字幕:太田直子■上映時間:109分■鑑賞日:6月14日、シネマライズ(渋谷)スタッフ・キャスト... [続きを読む]

« 「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」 | トップページ | 「それでも恋するバルセロナ」 »