2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「いけちゃんとぼく」 | トップページ | 「カンフーシェフ」 »

2009年6月23日 (火)

「劔岳 点の記」

Tsurugidake  明治40年、地図の測量手として実績を上げていた柴崎芳太郎は、陸軍参謀本部から呼び出され、国防のため日本地図の完成を急ぐため、最後の空白地点を埋めるべく前人未踏の難峰・劔岳に登頂するよう命じられる。
 一方、民間の日本山岳会の会員も剱岳の登頂を計画していた。
 軍の名誉のためにも民間人には負けられない。
 果たして先に登頂するのはどちらか?
 日本映画界を代表する名カメラマン木村大作の初監督作品。
 昔ながらの装備と根性の陸軍参謀本部陸地測量部VS歳新装備の民間の日本山岳会。
 まるで「ロッキー4」でアナログのトレーニングのロッキーと最新設備でトレーニングをするドラコの戦いを思わせるものがある。
 しかし、この映画はあまりそこに重点を置いていなくて、むしろ自然の美しさと壮大さが中心となっている。
 自分は測量隊と日本山岳会の登頂レースを期待していたので、少し残念!
 これは自然の美しさ以外に映画を盛り上げる重要な要素なんだけどね。
 本当の話かどうかはわからないが、日本海側から富士山が見えたのには少し感動!
 調べてみると実際にに劔岳・立山連峰各所でロケを敢行したらしい。
 CG全盛期の時代に、なんとアナクロな、それでいて男気のあることよ。
 さすが「八甲田山」の木村大作というところか。
 出演は浅野忠信、香川照之、役所広司、松田龍平、仲村トオル、宮崎あおい(B77-W57-H82)。
 あおいちゃんは少ししか出ないので彼女目当てで行くと肩透かし状態なので注意!
 この映画で一番いい味を出していたのは香川照之かな。
 山での測量は荷物が半端な量でなく、ただ登ればOKである登山とは違うのだ。
 そこでふと気づくのは、この映画を撮影する機材も尋常な量でないはず。
 この映画をやっと観たので、随分前に録画してあった「情熱大陸」での木村大作の回を観た。
 この映画の撮影そのものが物語の測量隊とシンクロしていた。
 しかし、映画よりもメイキングの方が面白いという皮肉な結果になってのは少し寂しい。
 

参加してます。よろしくで~す
   

« 「いけちゃんとぼく」 | トップページ | 「カンフーシェフ」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

TB有難うございました。
この映画を見ていると、自分の生き方
人生について自問自答してしまいました。
何をしたかではなく、何のために…
映画で語られる言葉も胸に突き刺さりました。

今度、訪れた際には、
【評価ポイント】~と
ブログの記事の最後に、☆5つがあり
クリックすることで5段階評価ができます。
もし、見た映画があったらぽちっとお願いします!!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/45424051

この記事へのトラックバック一覧です: 「劔岳 点の記」:

» 劔岳 点の記 [LOVE Cinemas 調布]
『八甲田山』や『鉄道員』など数え上げたらきりがないほどの作品を手がけてきた名カメラマン・木村大作の監督初挑戦作品。原作は新田次郎の同名小説。出演は最近では『鈍獣』が記憶に新しい浅野忠信、「20世紀少年」の香川照之を中心に、『ハゲタカ』の松田龍平、モロ師岡、 宮崎あおい、役所浩司など他にも超豪華かつ実力派がずらりと顔を並べています。本物に拘った映像は近年の日本映画界でもまれに見る迫力でした。... [続きを読む]

» 劔岳 点の記 [必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!]
[剣岳] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ 評価:7.5/10点満点 2009年61本目(56作品)です。 上層部から「陸軍の威信にかけて、劔岳の初登頂と測量を果たせ」という厳命を受けた陸軍陸地測量部の柴崎芳太郎(浅野忠信)。 明治40(1907)年。..... [続きを読む]

» No.204 劔岳 点の記 [気ままな映画生活]
日本地図を完成させるため、未開拓の剱岳を目指す男たちのドラマ。 日本地図といえば、中学生のときに記憶に残っているのは 伊能忠敬だったかな・・・そんな記憶を辿りながら 当時の測量技法について関心深く、観賞しました。... [続きを読む]

« 「いけちゃんとぼく」 | トップページ | 「カンフーシェフ」 »