2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「アルマズ・プロジェクト」 | トップページ | 「非女子図鑑」 »

2009年6月17日 (水)

「サガン -悲しみよ こんにちは-」

Sagan  映画でも文学でもフランスとつくとおしゃれな感じがする。
 確かにフランス映画と聞くとおしゃれな感じがするのだが、決して「エマニエル夫人」やリュック・ベッソンの映画のことではない。
 しかし、フランス映画が好きと言っている女性はよくよく話してみると「アメリ」しか観てなくて、実はフランス映画が好きなのではなく、フランス映画の好きな私が好きということが多い。
 そんな人のためにフランス映画でフランス文学の作家フランソワーズ・サガンの伝記映画がこれだ。
 これだけフランス三昧であれば、おしゃれな自分を演出できるというもの。
 なまじ18歳で「悲しみよ こんにちは」が大ヒットし大金持ちになったフランソワーズ・サガンの栄光と転落を描いている。
 ちなみに「悲しみよ こんにちは」って斉藤由貴(B86-W59-H86)の歌じゃねえの?と言っている時点でおしゃれから程遠いので注意したい。
 自分はサガンは自動車事故で死んだと思っていたので、この映画で結構長生きしていたのには驚き!
 一方では若い時に金を持つといかんなあと思わせるのはサガンと「ホームアローン」のマコーレ・カルキン君くらいだろう。(もっとも年を取っても金がないのも辛いものがあるが…。)
 正直、サガンの破滅型人生は自業自得だと思っている。
 だから映画はつまらなくはないが、共感が持てなかった。
 さらに最後が何故か親子の絆みたいな話になっているのも唐突すぎ!
 ただ久しぶりにコンコルドを見ることができたのが嬉しかったなあ。

参加してます。よろしくで~す
   

« 「アルマズ・プロジェクト」 | トップページ | 「非女子図鑑」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

>正直、サガンの破滅型人生は自業自得だと思っている。

全くその通り。いくら美化しようがおしゃれに描こうが、いい年こいて破滅型の人生を歩んだのは自分のせいで、同情の余地もなければ共感もしないです。というかむしろ「バカかこいつは?」としか思えなかったのでした。
言葉が汚くてすいません。^^; 久々に思いっきりムカついた作品だったもので。(苦笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/45363111

この記事へのトラックバック一覧です: 「サガン -悲しみよ こんにちは-」:

» サガン 悲しみよこんにちは [LOVE Cinemas 調布]
実在の作家、フランソワーズ・サガンの人生を描いた作品です。主演はシルヴィー・テステュー。監督は元女優のディアーヌ・キュリス。出演者を含め殆ど知らない人ばかりでしたが、ポスターに映るシルヴィー・テステューの横顔が素敵に見えたのと何となく観てみようかなぁと。(笑)基本的にフランス映画の雰囲気とかテイストが好きというのがあるんですが…。... [続きを読む]

» 「サガン ―悲しみよこんにちは―」破天荒な生き方とは彼女の一生... [soramove]
「サガン ―悲しみよこんにちは―」★★☆ シルヴィー・テステュー 、ジャンヌ・バリバール 主演 ディアーヌ・キュリス 監督、2008年、122分 、フランス                               ★映画のブログ★                               どんなブログが人気なのか知りたい 「デビュー作「悲しみよこんにちは」が 世界的な成功を修めたサガン、 彼女の生涯を描いた映画、 彼女の作品に興味がないからか、 スキ... [続きを読む]

» サガン 悲しみよ こんにちは [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『愛も、名声も、贅沢も─ ぜんぶ手に入れて、失って。』  コチラの「サガン 悲しみよ こんにちは」は、そのタイトルの通りわずか18歳のデビュー作「悲しみよ こんにちは」で一躍人気作家となり、スキャンダラスな生涯を送ったとされるフランソワーズ・サガン(シルヴ...... [続きを読む]

« 「アルマズ・プロジェクト」 | トップページ | 「非女子図鑑」 »